Web音遊人(みゅーじん)

なぜカプースチンは、東西冷戦のソ連でジャズよりもジャズらしい曲を作れたのか?

ニコライ・カプースチンは、1961年にモスクワ音楽院を卒業してから11年間、ジャズ・オーケストラのメンバーとして活動していたという経歴の持ち主だ。

つまり、彼のプロとしてのスタートは“ジャズ・ミュージシャン”だったということだ。

例えば1964年に発表している「Toccata」(Op. 8)は、ジャズのビッグ・バンドのために彼が作曲したもので、彼自身がビッグ・バンドの一員として演奏しているようすをYouTubeで観ることができるのだけれど、ピアノがジャズをはるかに凌駕するテクニックでプレイされていることを除けば、アメリカのジャズ・シーンに照らしてまったく遜色のない“出来映え”であることに誰もが驚くだろう。

ビッグ・バンドといえば、1986年発表、すなわちカプースチンが作曲活動に専念するようになってからの曲「Big Band Sounds」(Op. 46)もそうだ。

もともと彼が前記のようにビッグ・バンドで活動していた1961年に書かれたものがベースになっていて、1973年にビッグ・バンドと弦楽器用、さらに1986年にピアノ・ソロ用に編曲されている。これがみごとにディキシーランド・ジャズの香りを漂わせながら、1930年当時のスウィングを彷彿とさせる“ジャズ・ナンバー”に仕上がっている。

ちなみに、冷戦時代のソ連では西側音楽に対する統制も厳しかったようだが、スウィング以前のものは許容されていたとのこと。彼のジャズ的な作品にディキシーランドやスウィングの要素が多いのも、そうした時代背景が影響しているのだろう。

なのでなおさら、モダン・ジャズを取り込んだ「Paraphrase on “Blue Bossa”」(Op. 123)が興味深い。これは、カプースチンが引退を表明した2004年に発表された作品だ。

タイトルからもわかるように、ケニー・ドーハム作曲の「ブルー・ボッサ」をモチーフに、カプースチン流の変奏が施されている。

オリジナルの「ブルー・ボッサ」は、ケニー・ドーハムがジョー・ヘンダーソンの『ページワン』(1963年)のために提供した曲で、彼自身もこのアルバムでトランペットを演奏。モダン・ジャズを代表する名曲のひとつだ。

ジャズでは、オリジナル曲をモチーフに変奏した場合でも、アレンジと呼ぶにとどめて“自分の曲”とはしない。しかし、カプースチンの場合は完全に“自分の曲”として発表している。

確かにこの曲、右手の一部にこそケニー・ドーハムの「ブルー・ボッサ」が見え隠れするものの、左手は完全に別の曲として完結している。完結しているのに、2つは違和感なく溶け合っている。このフュージョン(融合)をジャズと呼ばずしてなんとしよう、なのだ。だから彼は堂々と、“自分の曲”と言い切れたのだろう。

ところでジャズでは、アフター・ビートのディキシーランドやスウィングと、モダン・ジャズ以降のオン・ビートを、なぜか“同じジャズ”として扱ってきた。それは政治的な意図すら感じる混同である。

おそらくカプースチンは、作曲家としてそのジャズの変化を分析し、16分音符や32分音符で割ってもジャズであること(ジャズに聞こえること)を実証しようとしたのではないだろうか。

この方法論によって、それまでの「クラシック側のプレイヤーがジャズを演奏したときに感じるグルーヴのなさ」という致命的な欠点が一挙にカヴァーされることになったと感じている。

というのも、カプースチンの「8 Concert Etudes for Piano」(Op.40)なんかを聴いていると、1990年代以降のグルーヴ、すなわちアメリカ原理主義的なジャズ(アメリカのリズム・アクセントを規範とするジャズ)とは一線を画したミュージシャンたちに共通する“臭い”を感じるからなのだけれど、そのへんについては次回以降に論を広げていきたい。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:上原彩子さん「家族ができてから、忙しいけれど気分的に余裕をもって音楽と向き合えるようになりました」

6023views

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

9000views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

30162views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

54944views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

11414views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

11282views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7345views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6542views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14549views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

5438views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4475views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29293views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

7063views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9882views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズを引き寄せた名プロデューサーと名ギタリストの出逢い

3391views

一瀬忍

オトノ仕事人

ピアノとピアニストの絆を築く、アーティストリレーションの仕事

3236views

横浜レンタル倉庫(YRS)

われら音遊人

われら音遊人:目指すはフェス! 楽しみ、楽しませ、さらなる高みへ

872views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

32637views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6533views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

5095views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

19351views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5266views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9729views