Web音遊人(みゅーじん)

バイロイトにせまりつつある、新しいワーグナーの聖地「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」

バイロイトにせまりつつある、新しいワーグナーの聖地「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」

ドナウ川に面した美しい古都ブダペストの音楽ホールといえば、由緒あるリスト音楽院の大ホールが有名だが、実は2005年に中心部から少し南に下った川沿いに、モダンで最新の音響設備を持つコンサートホールがオープンした。

約1,700人収容のバルトーク国立コンサートホールは、Müpaと呼ばれる総合芸術施設の中にある。なおMüpaは日本語ではこれまで「芸術宮殿」と表記されてきたが(そもそもMüpaとはハンガリー語の「芸術宮殿」の略語)、現在ではMüpaが正式名称となっている。

さて、Müpaでは2006年より毎年初夏に、「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」と題された大規模な祭典を開催、今や世界のワーグナー・ファンの間では本家バイロイト音楽祭に次ぐ聖地になりつつある。チケット価格がお手頃なこともあって、観客の外国人の割合が30パーセントを超える公演もあるという。

この祭典をここまで築き上げてきた立役者は、ハンガリーを代表するオペラ指揮者のアダム・フィッシャー。彼の人脈で、国際的なワーグナー歌いがこの時期ブダペストに集結すると言っても過言ではない。オーケストラは当初よりハンガリー放送交響楽団が務める。

なかでもハイライトは、文字通り4日連続で上演されるワーグナーの4部作『ニーベルングの指環』全曲上演だ。休みをはさまない4日連続上演は世界的にも珍しい。この通称《ブダペスト・リング》のもう一つの大きな特徴は単なるコンサート形式ではなく、映像や照明、ダンサーたちを効果的に用いた本格的な舞台であること。ホールにはオーケストラ・ピットがあってステージはかなり自由に使えることから、このスペースにふさわしい独自の演出が考案された。

二層になった舞台の上段には大きなスクリーンが設置され、そこには音楽に合わせてさまざまな象徴的な映像が映し出される—たとえば『ワルキューレ』では吹雪や火のイメージ、『ジークフリート』のブリュンヒルデの岩山は赤いカーテンといった具合に。その上、11人のダンサーが時には登場人物たちの心の内を表し、時にはストーリー中のキャラクターに扮して踊る。歌手たちは衣装こそコンサート用衣装だが、迫真の演技を繰り広げ、舞台がシンプルな分、感情がダイレクトに伝わってくる。

バイロイトにせまりつつある、新しいワーグナーの聖地「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」

『ワルキューレ』より。ブリュンヒルデ(イレーネ・テオリン=左)、ヴォータン(ジェイムズ・ラザフォード=右)

歌手たちは総じて高水準だったが、とりわけジークリンデ役のアニヤ・カンペの歌唱は輝かしく、しかも繊細な表情までくっきり聴き取れて、至福だった。またブリュンヒルデ役のイレーネ・テオリン(今年新国立劇場の『ワルキューレ』でも同役を歌った)は、『ワルキューレ』『ジークフリート』『神々の黄昏』のブリュンヒルデ役を3日連続で歌うという偉業に挑んだが、指揮者フィッシャーの好サポートもあり、最後まで声は衰えることなく、威厳のあるブリュンヒルデ像を描き切った。男性陣ではニーベルング族の悪役たちが特に力演、アルベリヒ役のハンガリー人バスのペーター・カルマン、その息子ハーゲン役のルニ・バッテンバーグが存在感のある歌唱を聴かせた。

バイロイトにせまりつつある、新しいワーグナーの聖地「ブダペスト・ワーグナー・デイズ」

『神々の黄昏』のカーテンコール。写真中央の左から3人目が指揮のアダム・フィッシャー。

2017年はこの『指環』全曲上演に加えて、『パルジファル』と演奏機会の少ない初期オペラ『リエンツィ』も取り上げた。来年はいったん『指環』はお休みし、『トリスタンとイゾルデ』(新演出)、『タンホイザー』と『さまよえるオランダ人』を上演するが、2019年には『指環』が復帰する予定という。わずか10数年でブダペストの地で花開いたワーグナーの祭典は、この後どのように発展を遂げていくのだろうか。

 

特集

森山良子

今月の音遊人

今月の音遊人:森山良子さん「音で自由に遊べたら、最高に愉快な人生になりますね」

3765views

音楽ライターの眼

言葉なき歌をうたう/マイケル・コリンズ 天才クラリネット奏者が贈る室内楽の愉悦

1423views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

24009views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

15271views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

8035views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

7132views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

3638views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1686views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

13388views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

2621views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

3056views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2801views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

2674views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

12728views

7月に樫本大進と共演するアレッシオ・バックス、バロック作品を収録したアルバムを再リリース

音楽ライターの眼

2017年7月に樫本大進と共演するアレッシオ・バックス、バロック作品を収録したアルバムを再リリース

2312views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

4297views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

3242views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

4653views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

1553views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

1920views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

15271views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

2726views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11300views