Web音遊人(みゅーじん)

ニューイヤー・コンサート2018

ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート2018は、14年ぶりにムーティが指揮台に立つ

毎年恒例のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤー・コンサート。1939年12月31日にクレメンス・クラウスの指揮によって始まったこのコンサートは、やがて1月1日の正午に開催されるようになった。

その後、1955年からヴィリー・ボスコフスキーが指揮を担当し、1959年からは世界各国に中継されるようになった。現在はテレビとラジオを通じて世界90カ国以上に放送され、4憶人が視聴するという大規模なイヴェントとなっている。

当初はクラウス後、ヨーゼフ・クリップス、ヴィリー・ボスコフスキー、ロリン・マゼールが複数年に渡って指揮を担当していたが、1987年にヘルベルト・フォン・カラヤンが初めて指揮台に立ち、これ以降は同じ指揮者が2年続けて指揮をすることはなくなった。

これまでカルロス・クライバー、小澤征爾、ズービン・メータ、ダニエル・バレンボイム、マリス・ヤンソンス、ニコラウス・アーノンクールら人気指揮者がタクトを振っている。

ニューイヤー・コンサートの会場となるのは、ウィーン・フィルの本拠地である楽友協会大ホール。座席数1744のホールは、世界一美しい音響をもつ「黄金のホール」として知られ、歴史の重みを感じさせる堅牢な外観と、真紅と金色の華やかな内装が特徴である。

ニューイヤー・コンサート2018

ここで聴くウィーン・フィルの音楽は、まろやかで情感豊かで流麗。ステージから放物線を描くように音がゆったりと響いてくる。

このウィーン・フィルは、ハプスブルク家の宮廷楽団として活動していた楽員たちにより、1842年に最初のコンサートが行われた。以来、今日まで革命や戦争などを経ながら間断なく演奏が続けられている、長い伝統と歴史を誇るオーケストラである。

当時から楽員たちの希望により、自主運営と民主制が重視され、音楽家を支えるさまざまな人たちとともに、ひとつの大きなファミリーとして活動を続けている。

そんなウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートは、毎年録音がすぐにリリースされ、世界中のファンの元に届けられる。2018年の指揮を担当するのは、1993年、1997年、2000年、2004年に次いで14年ぶりに登場するリッカルド・ムーティ。ウィーン・フィルとの絆が深く、これまでウィーン・フィルを500回以上指揮し、お互いの信頼は厚い。

2018年1月1日の午前11時(現地時間)から始まるウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。今回は初登場の作品も8曲含まれ、新たな歴史を刻む。華麗で上質なニューイヤー・コンサートをぜひご自宅で。

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

■ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート(生中継)

NHK Eテレ 2018年1月1日(月・祝)19:00~
NHK-FM 2018年1月1日(月・祝)19:15~
詳細はこちら

■アルバムインフォメーション

『ニューイヤー・コンサート2018』
リッカルド・ムーティ(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ニューイヤー・コンサート2018
発売元:SONY CLASSICAL
2CD:2018年1月24日発売予定 2,900円(税込)
DVD:2018年2月21日発売予定 4,700円(税込)
Blu-ray:2018年2月21日発売予定 5,700円(税込)
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人 岡本真夜さん

今月の音遊人

今月の音遊人:岡本真夜さん「親や友達に言えない思いも、ピアノに聴いてもらっていました」

4657views

音楽ライターの眼

ジャズはクラシックの“なれの果て”なのかを考えてみようかな

4136views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

19129views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

92864views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

1222views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

12658views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2060views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5158views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

7602views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

4075views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

4775views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17901views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

5174views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7249views

音楽ライターの眼

ラヴェル「ラ・ヴァルス」、ワルツ独り舞台/福間洸太朗ピアノ・コンサート

1513views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

4324views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

1524views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

3822views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2217views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

3041views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

16059views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5158views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17901views