Web音遊人(みゅーじん)

ヴィリャンディ・フォーク・ミュージック・フェスティバル

エストニアの大自然の中で堪能できるフォーク・フェスティバル

夏の楽しみといえば野外音楽フェスティバル。ロック・ポップス系をはじめ、クラシック、ジャズと様々なフェスが世界中で開催されるが、ヨーロッパでは、伝統音楽系のフェスもかなり盛んだ。半世紀の歴史を持つフィンランドのカウスティネン・フェスが最も有名だが、その隣国エストニアにも素晴らしいフェスがある。ヴィリャンディ・フォーク・ミュージック・フェスティバルである。

『魔女の宅急便』の舞台モデルの一つにもなった美しい古都タリンを首都に戴くエストニアはバルト三国の最北に位置し、フィンランドとロシアに隣接した小国だ。一般的には元大相撲力士の把瑠都の出身国として、またクラシック音楽好きにとってはアルヴォ・ペルトの母国として知られているはず……。つまり、日本での認知度はけっして高くないわけだが、伝統音楽の歴史と土壌の豊かさに関しては他の北欧諸国にけっしてひけをとらない。

そんなエストニアで25年前から毎年夏に開催されてきたのがヴィリャンディ(Viljandi)のフォーク・フェスだ。ヴィリャンディは北端のタリンから南方160キロほどに位置する、同国の伝統文化の中心地とも言える古い町で、フェスの数ヶ所のライブ会場も、今は廃墟となった13世紀の古城(要塞)を核に設営されている。湖や森に囲まれた巨大な掘や城壁の景観が圧倒的に素晴らしく、ちょっとしたハイキング気分を味わいながらライブに浸れるのはなんとも贅沢である。

2017年の日程は7月27日~30日の4日間で、約60組のアーティストが出演した。そのうちの4分の1は、ペルー、ロシア、ハンガリー、デンマーク、ジョージア、フランス、ジャマイカ、セルビア、チリ等々の海外勢だ。イスラエルのエイワ(A-WA)やイタリアのカラシマ、ポーランドのカペラ・マリショフといった、最近のワールド・ミュージック・シーンで話題沸騰中のバンドも少なくない。もちろんエストニア国内勢の方も、カーリー・ストリングスやトラッド・アタックといった北欧フォーク界の人気者をきちんと押さえつつ、若手バンドにも目配せしたバランスのいいキャスティングになっている。

イエメン系イスラエル人の人気ユニット、エイワ(A-WA)

イエメン系イスラエル人の人気ユニット、エイワ(A-WA)

数ヶ所のライブ会場はどこも大きすぎず、また歩いて15分ほどの場所にまとまっているので、観客はあちこち気軽に回り、ステージそばで観ることができるのもうれしい。私はこれまで内外の数多くの音楽フェスを体験してきたが、自然環境の素晴らしさも含め、これほどゆったりと楽しく音楽に浸れるフェスはなかったように思う。

ちなみに、このフェスを1989年に立ち上げた一人アンド・キヴィベルグ氏は、2013年からヴィリャンディの市長を務めている。「市長の任期が終わったら、また一人のミュージシャンに戻りたい」と笑う氏は、フェスの最後を飾るオムニバス形式コンサートでは、自ら司会者を務める傍ら達者なバグパイプ演奏も披露した。音楽家と市民と行政が一体となって手作りしたイベント、という意味でも、世界でも稀なる幸福な音楽フェスだろう。

フェス終了後、日本でも知られるシンガー・ソングライターのマリ・カルクンと、2017年10月には日本公演をおこなうアコーディオン奏者トゥーリキ・バートシクと共に、彼女たちの故郷である同国最南部のヴォル県まで足を延ばしてみた。ヴィリャンディも十分すぎるほど自然豊かな町だったが、南エストニアののどかさ、深さはまた格別だ。バルト海の知られざる小国エストニア。その魅力は語り尽せない。

南エストニアの森の中に作られた木製巨大スピーカーの中で演奏する トゥーリキ・バートシク(奥)とマリ・カルクン

南エストニアの森の中に作られた木製巨大スピーカーの中で演奏するトゥーリキ・バートシク(奥)とマリ・カルクン

 

特集

八神純子さん - 今月の音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:八神純子さん「意気込んでいる状態より、フワッと何かが浮かんだ時の方がいい曲になる」

8198views

ウルヴァーの“闇のポップ”への進化過程

音楽ライターの眼

Ulver(ウルヴァー)の“闇のポップ”への進化過程

6589views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

20057views

ピアニカ

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

87643views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

10598views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

32652views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

11347views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3068views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

7473views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

3528views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

2659views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15415views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

10598views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

5356views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.5

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.7

2345views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

12876views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

4842views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

16657views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

7762views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2736views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

16485views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5367views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

18308views