Web音遊人(みゅーじん)

清塚信也 For Tomorrow 

美しいピアノの一音一音が心に響く、オリジナル曲満載の最新アルバム /清塚信也インタビュー

清塚信也の音楽と聞いただけで、ひと粒ひと粒がピュアなピアノの音を連想してしまうのは、決して間違いではないだろう。「ショパン国際ピアノコンクール in ASIA」(2000年)で第1位を獲得するなど、クラシックのピアニストとして幼い頃から演奏を磨き上げ、さらには映画やテレビ等、映像メディアでの目覚ましい活躍(ピアノ演奏、音楽監督、作・編曲)を続けている彼は、いまや人気・実力共に備えたピアニスト/コンポーザーだ。2017年10月18日発売のアルバム『For Tomorrow』は、すべてが自作曲で占められており、清塚カラーに満ちあふれた一枚である。

「ピアノを弾き続けてきた人間として、美しい音はずっと大事にしてきましたし、それをたくさんの人に伝えていきたいのです。たとえばプロコフィエフの『トッカータ』のような激しい作品であっても、やはり美しさは最後の一線として譲れませんし、その一音の美にたくさんの方が気づいてくれればいいなと思って演奏しています。いま、日常の中にもたくさんの音があふれているけど、一音を集中して聴くことにより、音楽の素晴らしさが深く理解できると思えるのです」

清塚信也

アルバムの中には、テレビドラマ『コウノドリ』で綾野剛演じる主人公が演奏する曲や、映画『新宿スワンII』のために書いた曲もあり、そうした映像作品のファンにも喜ばれるはず。しかしそればかりでなく、小学生の頃から交友があった高井羅人(タカイランド)との連弾や、清塚自身がシンセサイザーなどで音作りをした曲なども聴き逃せない。

「実はむかしからノイジーな音楽やエレクトロ・ミュージックが好きで、最近ですとドリアン・コンセプトやヨハン・ヨハンソンといったアーティスト、それから坂本龍一さんの新しいアルバム『async』も素晴らしいですね。自分の活動の中ではどうしても『なにがいま、自分にできるのか、自分は望まれているのか』を最優先で考えた結果、やはりピアノ演奏がメインになってしまうけれど、今回のアルバムでは新しいことへの扉を少しだけ開けたかなと思っています」

コンサート活動も多彩だが、ショパンやモーツァルトなどクラシック音楽の演奏も忘れていない。しかしコンクールでいい成績を取るため練習に明け暮れていた頃とは、音楽への接し方も演奏も大きく変わったという。

「以前は、この曲をこう演奏したいんだという気持ちを抑え込み、コンクールで高い評価を受けることだけを考えながら演奏していましたので、ストレスがずいぶん溜まっていました。たとえばショパンを演奏する場合、楽譜に書かれてあることがすべてではなく、彼自身はもっと自由に演奏していたでしょうし、同じ曲を弾く場合でも、その時々の心境やピアノの状態などによって違うことを試していたと思えるのです。ですから今では、ショパン自身がここにいたらどういう演奏をするだろうか、ということを考えながら弾くように努めています。決して同じ演奏にはなりません。だからこそ音楽は生き生きしてくるし、楽譜に頼りすぎず、いろいろな連想をふくらませた演奏が魅力的なのだと思います」

清塚信也

自作曲の楽譜も出版されており、発表会やコンクールで自分の曲が演奏されているのをSNSなどで知るという。

「不思議な気持ちになりますが、うれしいですね。感想を求められると『ここは、もう少しこう弾いてみたらいいんじゃない』とアドバイスすることもあります。でも、それぞれが思った通りに演奏してくれればいいし、そうして自分だけの音楽を見つけて欲しいと思います」

アルバムのリリースを記念したコンサートツアーも楽しみだが、まだまだやりたいことは山積みだというから、耳と目が離せないアーティストなのだ。

■アルバムインフォメーション

『For Tomorrow』
清塚信也 For Tomorrow
発売元:ユニバーサルミュージック合同会社
発売日:2017年10月18日
価格:3,240円(税込)
詳細はこちら

清塚信也コンサートツアー2018 For Tomorrow

1月27日(土) 大阪 いずみホール
2月10日(土) 高松 高松テルサ
3月3日(土) 仙台 日立システムズホール仙台 コンサートホール
3月21日(水・祝) 福岡 FFGホール
3月23日(金) 名古屋 しらかわホール
3月25日(日) 横浜 はまぎんホール ヴィアマーレ
4月13日(金) 札幌 札幌コンサートホールKitara小ホール
4月27日(金) 東京 東京オペラシティ コンサートホール
詳細はこちら

 

特集

Chageさん「心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」 Web音遊人

今月の音遊人

今月の音遊人:Chageさん「頭ではなく、心から湧き出てくるものを、シンプルに水のように歌いたい」

5472views

音楽ライターの眼

世界観もさまざまに、4人の名手たちが紡ぐギターの音色に酔いしれる/Acoustic Guitar Festival Special Concert Vol.1

1081views

楽器探訪 Anothertake

目指したのは大編成のなかで際立つ音と響き「チャイム YCHシリーズ」

1805views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

12508views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

3263views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

3074views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

6970views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

3999views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4788views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

3202views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2841views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

16656views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

6251views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

6725views

音楽ライターの眼

渡辺貞夫がバッハの難曲に挑んだ『プレイズ・バッハ』を読み解いてみる

1726views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

5322views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

1989views

楽器探訪 Anothertake

【モニター募集】37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

18251views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

5519views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

2399views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

14273views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4657views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

16656views