Web音遊人(みゅーじん)

ドイツ・グラモフォン ベスト・オブ・ベスト

2018年に創立120年を迎えるドイツ・グラモフォンの歴史を俯瞰する名演集

クラシックのアーティストが口をそろえて「イエロー・レーベルで録音したい」と語る、歴史と伝統を誇るドイツ・グラモフォン。創立は1898年のドイツ・ハノーファー。円盤レコードの発明者、エミール・ベルリナー(1851~1929)によって設立された世界最古のクラシック専門レーベルである。

その後、ふたつの大戦や大恐慌などを乗り越え、1947年には古楽専門レーベル「アルヒーフ」が発足し、1949年にはイエロー・レーベルの黄色のマークが導入された。1959年に指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンがEMIから帰還し、その後30年間で330枚以上のレコードを製作することになる。

ドイツ・グラモフォンの録音リストには、指揮のカール・ベーム、レナード・バーンスタイン、クラウディオ・アバド、小澤征爾、カルロス・クライバー、ピアノのエミール・ギレリス、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、マルタ・アルゲリッチ、マウリツィオ・ポリーニ、マリア・ジョアン・ピリス、クリスチャン・ツィメルマン、ヴァイオリンのギドン・クレーメル、アンネ=ゾフィー・ムター、チェロのミッシャ・マイスキーをはじめ、クラシック界を代表する実力と人気を兼ね備えたアーティストの名前がずらりと並ぶ。

最近も指揮のグスターヴォ・ドゥダメル、ヤニック・ネゼ=セガン、アンドリス・ネルソンス、ピアノのラファウ・ブレハッチ、アリス=紗良・オット、ダニール・トリフォノフ、チョ・ソンジンら若手演奏家が契約し、勢いに満ちた録音を次々にリリースしている。

そんなレーベルの120年の歴史を俯瞰する2枚組のCDが登場した。ここにはカラヤン、バーンスタインから現在国際舞台の第一線で活躍しているアーティストまで、さまざまな名演奏家の得意とする作品が収録され、ひとつのレーベルの歴史を超えてクラシックの演奏史をたどるような組み立てになっている。

まず、クライバー&ウィーン・フィルによるベートーヴェンの交響曲第5番「運命」の第1楽章で幕開け。そして2枚目の最後はカラヤン&ベルリン・フィルによるベートーヴェンの交響曲第9番「合唱」の第4楽章で終幕を迎えるという趣向である。

なお、2018年は20世紀のクラシック界を彩ったふたりの巨匠、カラヤン(生誕110年)とバーンスタイン(生誕100年)のメモリアルイヤーに当たる。2018年は両巨匠に関するさまざまな録音や催しが登場するだろうが、今回はそれに先駆ける形でベスト盤が世に送り出された。

これからクリスマス・シーズン、ニューイヤーと、友人や家族の集まる機会が増える。そんなときに名手たちの名演奏がバックに流れていれば、心身が癒され、知的好奇心が促され、食卓も彩りを増すに違いない。

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

■アルバムインフォメーション

『ドイツ・グラモフォン ベスト・オブ・ベスト(2枚組)』
ドイツ・グラモフォン ベスト・オブ・ベスト
発売元:ユニバーサル ミュージック合同会社
発売日:2017年12月6日
価格:2,000円(税抜)
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人 千住真理子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:千住真理子さん「いろいろな空間に飛んでいけるのが音楽なのですね」

4534views

音楽ライターの眼

ドイツのプログレッシヴ/ポスト・メタル最重要バンド、ジ・オーシャンが2019年10月に初来日

1587views

楽器探訪 Anothertake

目指したのは大編成のなかで際立つ音と響き「チャイム YCHシリーズ」

1491views

ピアニカ

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

67243views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10141views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

6623views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

6230views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2928views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

13313views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

3448views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2447views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

13986views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

9705views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

13313views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズ・ギターとビートルズの出逢い<前夜>

1243views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

6782views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

3355views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

4695views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

7333views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

4148views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

14409views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4591views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4589views