Web音遊人(みゅーじん)

ドイツ・グラモフォン ベスト・オブ・ベスト

2018年に創立120年を迎えるドイツ・グラモフォンの歴史を俯瞰する名演集

クラシックのアーティストが口をそろえて「イエロー・レーベルで録音したい」と語る、歴史と伝統を誇るドイツ・グラモフォン。創立は1898年のドイツ・ハノーファー。円盤レコードの発明者、エミール・ベルリナー(1851~1929)によって設立された世界最古のクラシック専門レーベルである。

その後、ふたつの大戦や大恐慌などを乗り越え、1947年には古楽専門レーベル「アルヒーフ」が発足し、1949年にはイエロー・レーベルの黄色のマークが導入された。1959年に指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンがEMIから帰還し、その後30年間で330枚以上のレコードを製作することになる。

ドイツ・グラモフォンの録音リストには、指揮のカール・ベーム、レナード・バーンスタイン、クラウディオ・アバド、小澤征爾、カルロス・クライバー、ピアノのエミール・ギレリス、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、マルタ・アルゲリッチ、マウリツィオ・ポリーニ、マリア・ジョアン・ピリス、クリスチャン・ツィメルマン、ヴァイオリンのギドン・クレーメル、アンネ=ゾフィー・ムター、チェロのミッシャ・マイスキーをはじめ、クラシック界を代表する実力と人気を兼ね備えたアーティストの名前がずらりと並ぶ。

最近も指揮のグスターヴォ・ドゥダメル、ヤニック・ネゼ=セガン、アンドリス・ネルソンス、ピアノのラファウ・ブレハッチ、アリス=紗良・オット、ダニール・トリフォノフ、チョ・ソンジンら若手演奏家が契約し、勢いに満ちた録音を次々にリリースしている。

そんなレーベルの120年の歴史を俯瞰する2枚組のCDが登場した。ここにはカラヤン、バーンスタインから現在国際舞台の第一線で活躍しているアーティストまで、さまざまな名演奏家の得意とする作品が収録され、ひとつのレーベルの歴史を超えてクラシックの演奏史をたどるような組み立てになっている。

まず、クライバー&ウィーン・フィルによるベートーヴェンの交響曲第5番「運命」の第1楽章で幕開け。そして2枚目の最後はカラヤン&ベルリン・フィルによるベートーヴェンの交響曲第9番「合唱」の第4楽章で終幕を迎えるという趣向である。

なお、2018年は20世紀のクラシック界を彩ったふたりの巨匠、カラヤン(生誕110年)とバーンスタイン(生誕100年)のメモリアルイヤーに当たる。2018年は両巨匠に関するさまざまな録音や催しが登場するだろうが、今回はそれに先駆ける形でベスト盤が世に送り出された。

これからクリスマス・シーズン、ニューイヤーと、友人や家族の集まる機会が増える。そんなときに名手たちの名演奏がバックに流れていれば、心身が癒され、知的好奇心が促され、食卓も彩りを増すに違いない。

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

■アルバムインフォメーション

『ドイツ・グラモフォン ベスト・オブ・ベスト(2枚組)』
ドイツ・グラモフォン ベスト・オブ・ベスト
発売元:ユニバーサル ミュージック合同会社
発売日:2017年12月6日
価格:2,000円(税抜)
詳細はこちら

 

特集

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

11470views

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

5322views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

4317views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

6952views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

4626views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3747views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

8195views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2564views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

9182views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

4032views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

2850views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19927views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

2207views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4976views

ロニー・モントローズの最後のアルバム『10x10』が遂に発売

音楽ライターの眼

ロニー・モントローズの最後のアルバム『10X10』が遂に発売

4428views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

4938views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

6417views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

22375views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

12402views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

3088views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

14192views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2564views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5773views