Web音遊人(みゅーじん)

緊張

本番前のドキドキ。緊張した心をリラックスさせる方法は?

演奏家にとって、本番前の緊張ほどやっかいなものはないだろう。ドキドキしたり、震えたり……。経験を積めば緊張しなくなる?いや、そう簡単なものでもないらしい。

40年以上にわたって著名なアーティストを含む、さまざまな患者の治療をしてきた鍼灸師、竹村文近先生はこう話す。
「プロの方でもみなさん緊張されるようです。ただし、緊張は絶対に必要。そして、いい緊張と悪い緊張があると言います。私も同意見です」
では、悪い緊張から解き放たれ、リラックスするにはどうすればいいのだろう。
竹村先生が何より重要視するのが呼吸だ。かつて、海外公演に出ていたジャズピアニストの山下洋輔さんから、「落ち着かない」とSOSの電話がかかってきたことがあった。竹村先生は、こんなアドバイスをしたという。
「正座をして、大きくゆっくり呼吸してください」
緊張したり落ち着かなかったりするときには深呼吸をする。よく言われることだが、ちょっとしたことでその効果はアップする。まず、正座やあぐらの姿勢を取ることで、背筋がまっすぐに伸びて横隔膜が開きやすくなる。

さらに、竹村先生が強く勧めるのは、演奏日の朝に20~30分歩くこと。そして、その前にお風呂に入ることも重要なポイントだ。
「体を温めてから歩くと呼吸がしやすくなります。帰ってからさっとシャワーを浴びればいい。腹圧の関係で、食事は腹七~八分目にすることも大切です」
冷えをはじめとする不調の対策として呼吸の重要性を提唱している竹村先生だが、こうした演奏前の歩きを機に、日々の生活に取り入れるようになればさらにいいと推す。
「呼吸ができることは、自分を見つめられること。偉いお坊さんではないのだから、じっと正座して自分を見つめなくても歩くのが一番です。吐くのが得意、吸うのが得意……どちらでも構わないので、自分なりの呼吸法を身につけることが大事。それを自分で見極めることができるようになると、嫌な人と会うときにも落ち着けますよ(笑)。空気に触れながら歩くことで、感性もよくなると思います」

ところで、緊張するとき、私たちの体にはどんなことが起こっているのだろう。メンタルな緊張があると体もこわばる。これは多くの人が経験していることだろう。
「手首、足首、肩関節が柔軟でないと、人間はいい仕事ができません。しかし緊張すると、そこがどんどんこわばってくる。そして、ふだんからこうした関節が硬い人はうまく呼吸ができないことが多く、緊張しやすいともいえます。緊張していると感じたときには、体を緩ませれば緊張もほどけていきます」
これに効果的なツボは耳たぶの後ろのくぼみにある翳風(えいふう)や頭のてっぺんあたりにある百会(ひゃくえ)。自律神経を整え、リラックスを促す。そして、万能のツボとも言われる合谷(ごうこく)。竹村先生自身、イライラするときには無意識にこのツボを揉んでいるという。さらに、呼吸をしながらおへそとみぞおちの間にある中脘(ちゅうかん)を刺激すると体が緩む。つまようじを数本束ねたものや指などで本番の数時間前にこれらを刺激する。

ツボの位置

さらに、体をこわばらせる冷えも大敵だ。
「とくに下半身を冷やさないようにすることが大事です。お尻の両脇あたりにある環跳(かんちょう)というツボにカイロを貼るのもいいでしょう」
さらに、落ち着かない際に効果てきめんなのが耳ひっぱり。両耳をつまみ、外側、上下にひっぱったり、耳を内側に折りたたんだりする。手に汗をかきやすい人は、数珠を両手でこするのがおすすめ。洗面器に氷水と熱いお湯を張り、交互に手をつける方法もいい。

「五感のどれかひとつにストレスがかかっても緊張につながるのではないでしょうか。本番前は好きな嗜好品や音楽などを用意し、できるだけ遠くを見るようにした方がいい。朝歩くことからスタートし、自分流のルーティンをつくってみるのもいいと思います」
悪い緊張に襲われたとき、いかにしてそれをしのぐか。呼吸をはじめとする方法によって自分でケアできれば、緊張は逆にパフォーマンス向上の味方になってくれるだろう。

■竹村文近〔たけむら・ふみちか〕

鍼灸師。ライフワークはチベット、ヒマラヤ、南米アンデスなどの辺境地を歩き、先住民や僧侶たちに鍼灸治療を施すこと。主な著書は『はり100本 鍼灸で甦る身体』(新潮新書)、『はりは女性の味方です。』(平凡社)、『打てば響く 音(おと)の力、鍼(はり)の力』(NHK出版/大友良英・共著)など。最新刊は『鍼灸 本当に学ぶと云うこと』(医道の日本社)。ヤマハの会員誌「音遊人」でエッセイ「カラダに効く音楽」を連載中。

 

特集

今月の音遊人 岡本真夜さん

今月の音遊人

今月の音遊人:岡本真夜さん「親や友達に言えない思いも、ピアノに聴いてもらっていました」

3416views

音楽ライターの眼

言葉なき歌をうたう/マイケル・コリンズ 天才クラリネット奏者が贈る室内楽の愉悦

1323views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

1957views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

9155views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

5416views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

6930views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

1250views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1557views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

4620views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

678views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

1713views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2616views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

7084views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

9076views

高らかに鳴るトランペットだけでなく、神業のようなドラム・プレイ、若き俊英のピアノの妙技にも目をみはる/タイガー大越 トランペットの絵画 Vol.4

音楽ライターの眼

高らかに鳴るトランペットだけでなく、神業のようなドラムプレイやピアノの妙技にも目をみはる/タイガー大越 トランペットの絵画 Vol.4

2063views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

5124views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

1063views

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

楽器探訪 Anothertake

【動画】「楽しさ」をまるごと運ぼう!「ELC-02」の分解、組み立て手順

9511views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

2065views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

2934views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

9096views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

872views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10856views