Web音遊人(みゅーじん)

マリアム・バタシヴィリが世界中の音楽ファンに向けて動画を配信

2019年8月7日、本サイトで紹介した、ジョージア(旧グルジア)出身の若手ピアニスト、マリアム・バタシヴィリ。彼女は2014年、オランダ・ユトレヒトで開催されたリスト国際ピアノ・コンクールで優勝の栄冠に輝いた逸材で、コンクール後は「リストのスペシャリスト」として国内外で幅広く活躍。ワーナー・クラシックスと専属契約も結び、デビュー・アルバムがリリースされた(2019年9月3日輸入盤CD、デジタル同時配信)。

バタシヴィリがデビュー作に選んだのは、リストとショパン。オープニングはリストの「孤独の中の神の祝福」で、リストとショパンの練習曲でアルバムを閉じるというこだわりのプログラム構成である。そんな彼女は、同年7月19・20日には上岡敏之指揮新日本フィルの定期演奏会“トパーズ”(トリフォニー・シリーズ)のソリストとして出演。サン=サーンスのピアノ協奏曲第2番を演奏した。

バタシヴィリの演奏は、真摯で深遠で内省的な抒情に包まれている。サン=サーンスのオルガンの手法を感じさせる作品をときに繊細に、またあるときは華麗に、そして超絶技巧をごく自然に奏で、作品の奥に潜んでいる魅力に迫り、聴き手を作品へと近づけた。

サイトで紹介したインタビューは、このときに終演後の楽屋で行ったものである。彼女はひとつひとつの質問に注意深く耳を傾け、誠心誠意ことばを尽くして語った。その実直さと誠意が私の気持ちをとらえ、演奏同様のひたむきさに心が動かされた。バタシヴィリはとてもスリムで小柄。ステージ衣裳もけっしてドレスは着用せず、パンツスーツを好むそうだ。上の写真は、そのインタビュー中のワンショットである。
→【過去記事】ジョージアから世界の舞台へと飛翔したピアニスト、マリアム・バタシヴィリ

そのバタシヴィリが、コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を鑑み、自宅で30分ほどの演奏を行い、動画を配信した。

曲目は
1. Andante spianato et grande polonaise brillante in E-flat major, Op. 22 by F. Chopin
2. Consolation in D flat major No.3 s.172 by F. Liszt
3. Ring from six polish songs s.480 by F.Chopin/F.Liszt
4. Bacchanal from six polish songs s.480 by F.Chopin/F.Liszt
4. Minuet in G major op.14/1 by I.J. Paderewski

ぜひ、ひとりでも多くの人に見聴きしてほしいと願い、今回はこの演奏を紹介したいと思う。いまは来日公演も中止、国内のアーティストのコンサートも延期という状態が続いている。マリアム・バタシヴィリの演奏は、活力と癒しと前に進む勇気を与えてくれる。

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

今月の音遊人 横山剣

今月の音遊人

今月の音遊人:横山剣さん「音楽には、癒やしよりも刺激や興奮を求めているのかも」

4559views

音楽ライターの眼

指揮界の革命児、クルレンツィスがベートーヴェン・イヤーに放つ衝撃的な「運命」

1103views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

21337views

ピアニカ

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

87244views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

3942views

オトノ仕事人

芸術をとおして社会にイノベーションを起こす/インクルーシブアーツ研究の仕事

1249views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

4135views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3453views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

16683views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

2259views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

3623views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15385views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

4886views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7374views

マルク=アンドレ・アムラン

音楽ライターの眼

その夜のピアノは、聴衆を“別世界”へといざなった/マルク=アンドレ・アムラン ピアノ・リサイタル

2251views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

7633views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

2335views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

9302views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

7637views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

4289views

ピアニカ

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

87244views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

4680views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15385views