Web音遊人(みゅーじん)

ディープ・パープル

ディープ・パープル、最後の来日となるか?2018年10月、The Last Goodbyeジャパン・ツアー決定!

2018年のロック界で頻繁に話題になるのが、アーティストの引退問題だ。

ロックの高齢化が進んでいき、70歳を超えるベテラン・ミュージシャンも決して珍しくない昨今。サラリーマンだったらとうに定年退職という年齢ゆえ、ハードなツアー活動で体調を崩してしまう前にリタイアするのも選択肢のひとつだろう。2018年にさよならツアーを行うことを発表したアーティストにはエルトン・ジョン、プリティ・シングス、ポール・サイモン、オジー・オズボーン、レーナード・スキナード、スレイヤーなどがいる。スレイヤーは最高年齢のトム・アラヤが1964年生まれの56歳と、ほかのアーティストと比べるとひと世代下だが、その激しい音楽性を考えると、仕方がないかもしれない。

ディープ・パープルもまた、2017年から“ザ・ロング・グッドバイ”ツアーを開始。ツアー活動からの撤退を示唆している。

1968年に結成、「ブラック・ナイト」「スモーク・オン・ザ・ウォーター」「ハイウェイ・スター」「紫の炎」などハード・ロックの歴史に輝く名曲を発表してきた彼ら。2017年の最新アルバム『インフィニット』もイギリスのチャートで6位、ドイツで1位とヒットを記録している。

バンドの終着の地についてはまだ発表がないものの、メンバーたちは今回が最後の大規模ワールド・ツアーになると宣言している。シンガーのイアン・ギランは「良いライヴができるうちに終わりたい。これまでディープ・パープルは何も計画を立てずに50年やってきたけど、最後の幕引きぐらいはきっちりやろうかと考えている」と語っているし、ギタリストのスティーヴ・モーズも「ヨボヨボなのに自分だけがそれに気付かない状態で活動を続けるのは避けたい」と説明している。キーボード奏者のドン・エイリーは創設メンバーだったジョン・ロードに代わって2001年からバンドと行動を共にしてきたが、当初は「10年もやれば十分」だと考えていたそうだ。『ナウ・ホワット?!』(2013)と『インフィニット』という2枚でバンドの創造性が再燃したことで、彼は留まることになったが、いよいよゴールが迫ってくるのを感じたと語っている。

ギランは「バンドの創造性は干上がっていないし、おそらくアルバムは作り続ける」と言っているが、モーズの手の関節炎や、ドラマーのイアン・ペイス(もはや唯一のオリジナル・メンバーだ)が2016年に心臓発作を起こすなど、健康面を考えると、ディープ・パープルがいつまで存続するかは神のみぞ知る、である。

キッスが20年以上“さよならツアー”を続けたり、サバトンが『ザ・ラスト・スタンド』というアルバムの題名に引っかけて“ザ・ラスト・ツアー”と銘打ったりなど、ロック・アーティストの“最後”はあてにならないものだが、ディープ・パープルの場合は年齢的な部分もあり、そのフィナーレは決して遠い未来ではないだろう。
2017年、当初は『インフィニット』に伴うツアーという色合いが濃かったが、徐々にクラシックスの割合が増していき、同年末の時点ではまさにさよならツアー的なベスト選曲のショーとなっている。

ディープ・パープル

そして発表されたのが2018年10月の日本公演だ。ディープ・パープルと日本の関係は長く、深いものだ。1972年8月の初来日公演を収めた『ライヴ・イン・ジャパン』はロックのライヴ・アルバム最高峰のひとつに挙げられ、彼らの評価を高めることになった。イアン・ギランとロジャー・グローヴァーを含む“黄金の第2期”が最後のライヴを行ったのも日本だったし、トミー・ボーリンが参加した第4期でも『ラスト・コンサート・イン・ジャパン』が録られている。1993年11月にギタリストのリッチー・ブラックモアが電撃脱退、12月の日本公演は急遽ジョー・サトリアーニを迎えて行われた。波乱に富んだバンドの歴史のいくつかのターニングポイントを目撃してきた日本のファンに、彼らが最後の挨拶をしに来るのだ。

半世紀にわたりハード・ロック界を照らしてきた太陽といえるディープ・パープルの歴史が、幕を閉じようとしている。名盤『ライヴ・イン・ジャパン』から46年、我々はその最終章を見届けねばならない。

■ディープ・パープル The Long Goodbye

2018年
10月14日(日):幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
10月15日(月):名古屋国際会議場センチュリーホール
10月17日(水):大阪フェスティバルホール
10月20日(土):広島上野学園ホール
10月22日(月):福岡サンパレス ホテル&ホール
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:木嶋真優さん「私は“人”よりも“音楽”を信用しているかもしれません」

6727views

音楽ライターの眼

ブラッド・メルドーの『アフター・バッハ』は“無の境地”に至るショートカットなのかもしれない

5625views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

130307views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

55350views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4638views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

9070views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6626views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2976views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

22153views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11420views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6677views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29502views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11315views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11158views

音楽ライターの眼

「学習」から最も遠い場所にいると思っていたジャズがAIに向いていた?

2745views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

7149views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10706views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

7067views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

10257views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6677views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

25414views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7350views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29502views