Web音遊人(みゅーじん)

煮詰まったジャズを毛虫から蝶へと変態させる可能性がAIには秘められているのか?

ジャズとAIの親和性を考えたときに東京ザヴィヌルバッハを思い出したのは、彼らが打ち込み(プリセット)の環境で「スポンテニアス(自然発生的)な演奏」をするのを目的としていたことに共通点を感じたからだった。

2000年あたりのポピュラー音楽シーンはコンピューター制御による“無人化”がほぼ完成され、そのことが逆に“人間と音楽の関係性”を改めて考えさせる圧力にもなっていたと思う。

東京ザヴィヌルバッハは、シーケンスソフト“M”によってコンピューター制御を転用した予定調和のズレを発生させ、人間の“気まぐれ”を差し挟む余地をこじ開けたことになるのだろう。

これはある意味で、コンピューター制御だけではどうしても出せなかった“グルーヴの盛り上がり”を手に入れるための、“だまし討ち”とも言える窮余の一策に思える。

敵を欺くにはまず味方から──という言葉もあるが、この場合は人間の感覚のほうを心地よくだませるように機械(つまりコンピューターの制御)をいじくったわけで、これこそが“AIでジャズをやる”ことの原初ではないのかと感じたわけだ。

そもそも“コンピューター制御”というのは、人間には困難とされるキッチリとズレのない結果のために開発されるべきものであったはず。キッチリと整わなければ成り立たないクラシック音楽とは対極にあるのがジャズだとすれば、東京ザヴィヌルバッハやAIでフリージャズこそが正しくジャズであろうとしたことになるだろう。

ただし、それを立証するのは難しいかもしれない。というのも、東京ザヴィヌルバッハ自体がスポンテニアスなため、その一部(つまりある作品)を取り出せるのかという問題があるからだ。

まるでそれは、「OUTERHELIOS」が地球まで電波の届かない場所に行ってしまったように流動的で、つかもうとしてもつかみきれないのと同じであるように感じてしまった。

とはいえ、本稿を読んで興味をもった人にもう少し東京ザヴィヌルバッハを俯瞰的に紹介してみたい。

東京ザヴィヌルバッハは、初期のメンバーに五十嵐一生の名があったことからもわかるように、“エレクトリック・マイルス”を21世紀的に再生しようという方向性を滲ませていたユニットでもあった。

余談だけど、当時は、1991年に亡くなったマイルス・デイヴィスが実はアンドロイドとして存在し続けている──というまことしやかな噂が流れていたりもした。

つまり、アンドロイドでもいいから、マイルスが求められていたジャズ・シーンがそこにあったということでもある。

それを十分に意識した立ち位置からスタートしたのが、東京ザヴィヌルバッハというユニットだった。

しかし彼らは、マイルスのフォロワーに堕することを避けるために、ターゲットを広げていく。例えば、ウェザー・リポートやチック・コリアのエレクトリック・バンドだ。

さらに2012年の『AFRODITA』では菊地成孔が抜け、“東京ザヴィヌルバッハ・スペシャル”という5ピースの“バンド”へと大きくメタモルフォーゼする。

ある意味で“エレクトリック・ジャズの30年史”を総括するような活動歴を残してきたのが、東京ザヴィヌルバッハだった。

そして、東京ザヴィヌルバッハを特徴づけている「“過去のモデル”を前述の“機械をいじくる”ことで再構築したサウンド」が最も完成されていると感じるのが、5枚目のアルバム『a8v(on the Earth)』(2004年)だ。

   ◆  ◆  ◆

前々回の稿で触れた養老孟司先生のインタヴューのなかに、毛虫から羽の生えた姿になる蝶は、サナギのなかでまったく別の生き物に生まれ変わるというエピソードが語られているのだけれど、東京ザヴィヌルバッハの変容はまさにそれである。

そんな“奇妙な一致”を感じてしまうと、AIとは、ジャズが生まれ変わるために必要な“サナギになるきっかけ”として、天が与えてくれたプレゼントなんじゃなかろうか?

──なんていう夢を見ながら、この稿の筆をひとまず置きたい。

「AIが拓くジャズの未来」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

武田真治インタビュー

今月の音遊人

今月の音遊人:武田真治さん「人生を変えた、忌野清志郎さんとの出会い」

10876views

ジャズとクラシックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズとクラシックの距離を測るための極私的な指標について

1853views

【楽器探訪 Another Take】演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

楽器探訪 Anothertake

演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

3286views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

61291views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

5191views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

33171views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

7854views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3238views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

5953views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

1743views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3214views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

18971views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

7681views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

14513views

音楽ライターの眼

ベートーヴェン生誕250年に歌曲の魅力に触れる

560views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

4481views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

4800views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

7935views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

3807views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2813views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

16842views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

3148views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

18971views