Web音遊人(みゅーじん)

ホーカン・ハーデンベルガー

「地上で最高のトランペット奏者」と評されるその演奏に恍惚とする/ホーカン・ハーデンベルガー トランペット・リサイタル

15歳でデビュー以来、40年以上に渡ってトランペット界のトップを走り続けてきたホーカン・ハーデンベルガーの公演を聴いた。演目はすべて近現代の作品。還暦が近いにもかかわらず疲れを微塵も見せず、若々しく完璧な名演で魅了してくれた。

前半の1曲目は、オネゲル「イントラーダ」。コンクールの課題曲として書かれた難曲だが、幅広い音域&跳躍やトリプルタンギングのパッセージなどを、彼はやすやすと表現。曲名が意味する「祝祭的なファンファーレ」にふさわしい秀演だった。

続いては、エネスコ「伝説」と、フランセ「トランペットとピアノのためのソナチネ」。前者は中間部の輝かしい強音が秀逸で、後者は第1楽章やミュートを使う第2楽章の細やかなパッセージをかすれひとつなく吹き抜いていたのが圧巻だった。

ホーカン・ハーデンベルガー

その後、共演のピアニスト、イム・スヨンがソロで、プーランク「8つの夜想曲」より第1番、2番、7番を披露。韓国に生まれ、パリ音楽院で学んだ彼女は、オリヴィエ・シャルリエ(バイオリン)やエマニュエル・シュトロッセ(ピアノ)ら、フランス系演奏家との共演歴が豊富で、今回のデュオもハーデンベルガーが同学院の出身者であることが縁になったのかもしれない。彼女はこの日、後半にもソロで、ドビュッシー「前奏曲集第2集」より「月の光がそそぐテラス」「オンディーヌ」を演奏。いずれも繊細なタッチとエレガントな歌い回しが巧みで、シャルリエら巨匠たちから愛される理由がよくわかるピアノだった。

後半は、武満徹「径」と、西村朗「ヘイロウス」の邦人作品からスタート。ハーデンベルガーによって初演された「径」では、ミュートつきの譜面台を置いて、強音と弱音の一人芝居のような対話を流れよく彫琢。一方、キリスト教の美術品を破壊するオスマン帝国を描いた「ヘイロウス」では、ピアノとの当意即妙な掛けあいの下、表情豊かな名演を展開。途中、トランペットが後ろを向いてピアノの響板に音をあて、オリエンタルな残響を演出したのは衝撃的だった。

ホーカン・ハーデンベルガー

この後、前述のピアノ・ソロが続き、プログラムは終盤のビッチ「ドメニコ・スカルラッティの主題による4つの変奏曲」と、アーバン『ベッリーニの歌劇「ノルマ」の主題による変奏曲』へ。曲名の通り、前者はバロックの鍵盤ソナタが、後者はロマン派のオペラ・アリアが各々原曲で、それまでの現代曲と曲調の異なる作品が並べられた。ここでは、もともとバロックや古典のスペシャリストとして出発したハーデンベルガーらしい、優美で、大らかで、輝かしい、まるでテノール歌手のような妙技を堪能した。

“現代音楽=難解”のイメージを払拭し、途中に日本の作品も紹介し、最後は音楽の美しさやすばらしさを理屈抜きで伝える。会場で偶然居合わせた、長年彼の大ファンだという某レコード会社スタッフの「ずっと聴きたかった夢の公演が実現しました」という言葉にしみじみと納得し、恍惚として家路についた。

渡辺謙太郎〔わたなべ・けんたろう〕
音楽ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業。音楽雑誌の編集を経て、2006年からフリー。『intoxicate』『シンフォニア』『ぴあ』などに執筆。また、世界最大級の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のクラシックソムリエ、書籍&CDのプロデュース、テレビ&ラジオ番組のアナリストなどとしても活動中。

 

特集

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

今月の音遊人

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

5833views

いい音楽に巡り会えたら、自然に言葉があふれ出す―珠玉のエッセイ集『音のかなたへ』

音楽ライターの眼

いい音楽に巡り会えたら、自然に言葉があふれ出す―珠玉のエッセイ集『音のかなたへ』

2869views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

8387views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

4961views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

2883views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

6520views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

12483views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

4326views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

13046views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

4028views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2511views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

15758views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

9412views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

3886views

ウルヴァーの“闇のポップ”への進化過程

音楽ライターの眼

Ulver(ウルヴァー)の“闇のポップ”への進化過程

5962views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

19180views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

3204views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

3299views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

7083views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

3845views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

12049views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2052views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4298views