Web音遊人(みゅーじん)

連載48[ジャズ事始め]“アジア”から“江戸”へと回遊を始めた21世紀初頭の日本のジャズ

前稿で予告した“この時期”というのは、エイジアン・ファンタジィ・オーケストラが活動していた1990年代から2000年代前半ぐらいをイメージしていただきたい。

1991年に“ジュリアナ東京”がオープン。不夜城でバブルの象徴ともなったこのディスコも1994年に閉店。1997年には5%への消費税率引き上げや北海道拓殖銀行および山一證券の破綻などの影響で、立ち直りを見せていた日本の景気が本格的に後退期へと突入する。

そんな社会情勢の節目だった1998年に産声を上げたのが、大江戸ウィンドオーケストラ。構想と準備に1年半をかけた、“日本初の吹奏楽スタイルのジャズ・ポップス・オーケストラ”という触れ込みだった。

メンバーを紹介する当時の資料から、その一文を引用しよう(一部修正あり)。

「メンバーの大半は、ここ数年日本のポップスシーンを賑わしたホーンセクションの入ったバンド“オルケスタ・デ・ラ・ルス”、“米米CLUB(BIG HORNS BEE)”、ジャズ界のベテラン、フュージョン界からは“DIMENSION”のほか、J-POPやCMで活躍しているホーンの勇士たちやクラシック界の若手アーティストたちを起用している。(中略)指揮者には、オペラを中心に活動しているが、東京交響楽団や新日本フィルハーモニー交響楽団等の管弦楽団、吹奏楽では東京佼成ウインドオーケストラ、東京吹奏楽団等、また乗泉寺吹奏楽団を指揮指導し、全日本吹奏楽コンクールで3年連続金賞受賞するなど、あらゆる分野で活躍のめざましい“時任康文”を起用している」

メンバーはおおよそ50人弱の大所帯で、1998年4月の東京芸術劇場大ホール公演のゲストは村上“ポンタ”秀一(ドラムス)、2000年9月のサントリーホール大ホール公演のゲストは木住野佳子(ピアノ)、2001年10月の東京芸術劇場大ホール公演のゲストは吉川よしひろ(チェロ)、2002年10月の東京芸術劇場大ホール公演のゲストは村上“ポンタ”秀一(ドラムス)をそれぞれ迎えて、「ホルストの協奏曲からテレビの主題歌まで」という幅広いレパートリーから選曲したプログラムを披露した。

なお、2000年公演は『大江戸ウィンドオーケストラ Live In 2000』、2001年公演は『大江戸ウィンドオーケストラ Live in 2001』、2002年公演は『Another Orthodoxy』のタイトルで、音源がCD化されている。

次回は、大江戸ウィンドオーケストラと既成のポップス・オーケストラや吹奏楽との“文脈”の違いについて触れてみたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

facebook

twitter

特集

今月の音遊人:姿月あさとさん「自分が救われたり癒やされたりするのは、やはり音楽の力だと思います」

今月の音遊人

今月の音遊人:姿月あさとさん「自分が救われたり癒やされたりするのは、やはり音楽の力だと思います」

9953views

音楽ライターの眼

ジャズ・ピアノ6連弾を振り返りながらジャズとクラシックの“分け目”を考えてみる

3188views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

18403views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

30059views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

6385views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

4882views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

15491views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

5348views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

24814views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

1613views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

6565views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

22026views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

8666views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

11202views

音楽ライターの眼

連載49[ジャズ事始め]フュージョン的アプローチでは生まれなかった大江戸ウィンドオーケストラ

692views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

7058views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

8334views

ヤマハギター50周年を機にアコースティックギターのFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギターFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

17643views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

10278views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

6394views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

30059views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

7048views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7786views