Web音遊人(みゅーじん)

宮本笑里

今月の音遊人:宮本笑里さん「あの一音目を聴いただけで、救われた気持ちになりました」

2017年にデビュー10周年を迎えたバイオリニストの宮本笑里さん。ジャンルの垣根を越えてバイオリンの魅力を発信し続けてきた宮本さんですが、2018年には自身の原点ともいえるクラシックの名曲を収録したアルバムをリリース。今回のインタビューでは、バイオリニストになる決心を支えてくれた大切な一曲や、音楽から受ける刺激など、10年のキャリアを経た今の宮本さんだからこそ語れるお話をうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

やはりバイオリニストのCDは、学生の頃、通学の時に必ず聴いていました。なかでもいろいろな思い出があって忘れられず、ずっと聴いているのは、クリスチャン・フェラスのシベリウス『バイオリン・コンチェルト』で、特に第1楽章ですね。

私は中学生の時、ドイツのインターナショナルスクールに通っていました。その時期にバイオリニストになる覚悟を決めたのですが、他の人たちに比べて、バイオリンを始めるのも、バイオリニストを目指したのも遅かったので、不安もたくさんありました。それでも、演奏している時は、自分を精一杯表現できて幸せを感じましたし、常に心を支えてくれていたのがバイオリンでした。

当時、“頑張りたいけど不安”という複雑な心境だった私は、このクリスチャン・フェラスの『バイオリン・コンチェルト』の一音目を聴いただけで、救われたような、悩みが全部吹き飛んでしまったような気持ちになりました。一音だけでその演奏に引き込まれてしまうというのは、なかなかない経験でしたし、だからこそ今の歳になっても頭から離れない、私にとってキラキラした音色なんだと思います。

その音を聴いたからこそ、自分が目指したい音もより明確になりました。「こういう音を出したい、でもどうやったら出せるんだろう?」という大きな刺激をもらいましたから。たぶんあの演奏を聴かなかったら、違った音色の出し方をしていたかもしれないですね。

宮本笑里

Q2.宮本さんにとって「音」や「音楽」とは?

音楽には国境もないし、言葉がなくても伝わるものですし、そもそもジャンルに分けて括らなくても、楽しめるものであれば、それでいいのではないかなと思っています。

国によって、本当にいろいろな音楽がありますよね。声に出さない音楽もあれば、何かを叩くだけとか、土を踏んでいるだけとか。そういったものもすべて音ですし、人の心を豊かにしてくれるのではないでしょうか。もちろん私にとっても、音楽は常に心に栄養と刺激を与えてくれるものだと思っています。

日常の中で聴く音も好きで、水や波の音などは落ち着きますよね。以前、ひとり旅をしたいなと思い立ち、石垣島などに行って、海辺で波の音を聴いて癒されたりしていました。今は家族で鎌倉の海に行くことが多いですね。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

「音遊人」という言葉をみると、「人」の字の印象がすごく強いですね。やはり人間が音を楽しむことって、すごく大事なのではないでしょうか。いろいろな音楽を聴くことによって、新しいアイデアが生まれるかもしれないし、コンサートとかライヴは、ものすごいパワーをもらえたりします。私自身もお客様にとってそういう存在になれたらいいなと思いますし、いろいろな方のコンサートに行くと、いつの間にか元気をもらって 「また明日も頑張ろう」って思えますから。ある意味、音楽自体がパワースポットなのかなと感じています。

そして、そのパワーを出しているのが「人」であるから、アーティストは皆「音遊人」なんでしょうね。他の方たちと共演させていただくと、やはりご本人が楽しんでいるから輝いているのが、とても伝わってきます。それによってその場で聴いている人も楽しくなるんだなって。

あと、子どもも「音遊人」かもしれないですよね。うちの子も音楽が流れると、すぐに身体を動かしてダンスをしたり歌ったりするんです。大人になるとちょっと恥ずかしい気持ちになるけれど、子どもは誰に気を遣うでもなく、自然に踊り始めることができますから。驚くくらい、スイッチが変わりますよね(笑)。

宮本笑里〔みやもと・えみり〕
バイオリニスト。14歳の時、ドイツ学生音楽コンクールデュッセルドルフ第1位入賞。フジテレビ系ドラマ『のだめカンタービレ』オーケストラメンバーとしての出演や、サッポロビール「ヱビス〈ザ・ホップ〉」のCMに、父である元オーボエ奏者、宮本文昭と共演するなど、デビュー前からメディアで活躍。 2007年『smile』でアルバムデビュー。2008年TBS系テレビ『THE世界遺産』や、2009年NHK大河ドラマ『天地人』など、テレビや映画などのテーマ曲も多数担当。2018年には、初の全曲クラシック名曲集『classique』をリリース。 使用楽器はDOMENICO MONTAGNANA 1720~30をNPO法人イエロー・エンジェルより貸与されている。

 

特集

今月の音遊人 押尾コータロー

今月の音遊人

今月の音遊人:押尾コータローさん「人は誰もが“音で遊ぶ人”、すなわち“音遊人”なんです」

16319views

音楽ライターの眼

テデスキ・トラックス・バンドがライヴ・アルバム『レイラ・リヴィジテッド』を発表。デレク&ザ・ドミノスの名盤『いとしのレイラ』を完全再現

2691views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

13077views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

108166views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

15258views

宮崎秀生

オトノ仕事人

ホールや劇場をそれぞれの目的にあった、よりよい音響空間にする専門家/音響コンサルタントの仕事

1449views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

22203views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8530views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9939views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

5735views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

4585views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24978views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8946views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14642views

ウルヴァーの“闇のポップ”への進化過程

音楽ライターの眼

Ulver(ウルヴァー)の“闇のポップ”への進化過程

10398views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

11402views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

5735views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

5849views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11473views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6997views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

64167views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13600views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24978views