Web音遊人(みゅーじん)

『音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニックとボディ・マッピング』

ベストな演奏をするために、基本的なからだの使い方を徹底分析/『音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング』

きちんと練習しているのに、思ったようにパフォーマンスが向上しない。肩、ひじ、手首などからだが痛い。本番になると緊張してしまい、いつものように演奏ができない……。そんな悩みを抱える音楽家は少なくないのではないだろうか。
もしかしたら、それは“からだの使い方の癖”に原因があるのかもしれない。その癖が不要な緊張を生み、ストレスや痛み、疲労などをつくり出している可能性があるのだ。つまり、自分で自分の邪魔をしているわけだ。ところが、やっかいなことに癖は無意識のうちに行ってしまうもので、自分ではなかなか気づきにくい。では、どうすればいいのだろう。 その答えを導いてくれる一冊が『音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと―アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング』。音楽家がからだの動きを正確に知り、コンディションを整えるための6時間コースの講座をテキスト化したものだ。

本書で紹介されているアレクサンダー・テクニークとは、自分の邪魔をしている不必要な緊張に気づき、これをやめていくことを学習する方法。19世紀のオーストラリア人俳優、F.M.アレクサンダーが発見したものだ。あるとき、舞台の上で声がかすれ、出なくなってしまったアレクサンダーは、その原因は喉などの構造ではなく、使い方にあるのではないかと考えた。そこで、鏡の前に立ち、声を出そうとするときに自分がやっていることを観察。すると、声を出そうとする瞬間に首の後ろを縮めるという自分の癖に気づいたという。反対に首の力を緩めると、声が楽に出る。そして、首の緊張がなければ、頭が脊髄にかけるプレッシャーが減り、頭と首と脊髄の関係がよくなれば、からだ全体がよくなることに気付いたのだ。

このメソッドはその後世界中に広まったが、アレクサンダー・テクニーク教師として長い経験をもつ著者は、ボディ・マッピングによりこの学習がさらに効率が良くなることを発見した。ボディ・マッピングとは、自分の頭で認識している自分の肉体の配置図と現実とのズレを解消し、効率的でスムーズな動作を身につけること。これらふたつのメソッドにより、さらなる学習の成果を望むことができる。 本書では、頭、首、脊椎、胴体、脚、腕、手などの基本構造や正しい状態、使い方などを紹介。ふだん何気なくからだを動かしている多くの人にとっては、目からウロコが落ちるような内容だろう。さらに、呼吸法や運動と脳との関係、演奏に適した姿勢などを習得し、自分の癖によって生まれる負荷を取り去っていく。その結果、生来からだが持っている能力を自分自身が邪魔することなく発揮できるようになるというわけだ。

教則本や医学書のような専門用語ではなく、平易な言葉とイラストで説明することで、誰でもすぐに実践できる構成。音楽家などの表現者はもちろん、さまざまな職業の人にも役立ちそうな一冊だ。

■作品紹介

『音楽家ならだれでも知っておきたい「からだ」のこと アレクサンダー・テクニークとボディ・マッピング 』
著者:バーバラ・コナブル
本文イラスト:ベンジャミン・コナブル
訳:片桐ユズル+小野ひとみ
発売元:誠信書房
発売日:2000年10月20日(2008年1月15日第14刷発行)
価格:2,000円(税抜)

 

特集

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

今月の音遊人

今月の音遊人:仲道郁代さん「多様性こそが音楽の素晴らしさ、私自身もまだまだ変化していきます」

5840views

フォルテ・ディ・クアトロ

音楽ライターの眼

韓国から世界に飛翔するクロスオーバーのヴォーカル・ユニット「フォルテ・ディ・クアトロ」は個性豊かな4人組

2984views

楽器探訪 Anothertake

バンドメンバーになった気分でアンサンブルを楽しめるクラビノーバ「CVP-800シリーズ」

3658views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

16078views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

6609views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

10981views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

7501views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3813views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

12033views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

2173views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

2404views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17921views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

13594views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

8272views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズを引き寄せた名プロデューサーと名ギタリストの出逢い

1621views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

5634views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

4184views

楽器探訪 Anothertake

目指したのは大編成のなかで際立つ音と響き「チャイム YCHシリーズ」

2667views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

7819views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2908views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

15598views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3343views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5145views