Web音遊人(みゅーじん)

ステージは作曲現場 ジャズを広げる創造力/小曽根真 スペシャル・コンサート

小曽根真はジャズピアニストの枠を越えている。ガーシュウィンはもとより、ショスタコーヴィチやモーツァルトのピアノ協奏曲などクラシック音楽の定番曲も近年盛んに演奏してきた。「目指すはジャズとクラシックの融合ではなく共存」と一貫して主張。クラシックでは原曲を尊重し本質に迫る。となれば2020年2月26日、ヤマハホールでの「小曽根真 スペシャル・コンサート」はジャズの領域を広げる挑戦だったのだろう。前半の自作に加え、後半は即興の演奏を次々に繰り広げたからだ。「作曲家即ピアニスト」の創造力が、作曲の現場を魅惑のステージに変えた。

ドビュッシーの印象派風とビル・エヴァンスの叙情性を融合させたような、でもやっぱり小曽根独自のおしゃれなジャズ。そんなデビュー作「クリスタル・ラブ」から始まった。分散和音と美しい旋律が絡まり合ってアラベスクを描く。エコーを効かせた音色が夢見心地でライトな気分を生み出す。

「今日はヤマハホールの誕生日」と小曽根は語り、リニューアルオープン10周年記念日の公演の意義を強調した。ピアノはヤマハ「CFX」。「ここ15、16年ほどクラシックを弾いていますが、このピアノはパワフル。自分の弱いところを全部カバーしてくれた」と絶賛。そして弾いたクラシックが3曲目のショパン「マズルカ第13番イ短調作品17の4」。でも冒頭から何か違う。なかなか主題が出てこない。これは即興のアレンジだ。半音階のアドリブを随所に取り入れている。「マズルカ幻想曲」とも呼ぶべき作曲であり、ジャズだ。

自作では4曲目「ララバイ・フォー・ラビット」が感動を呼んだ。演奏の途中で離席し戻った客に冗談めかして小曽根が「今日一番いい曲でした」と言ったほど。ビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビー」を思わせるモダンなワルツだが、どこか懐かしいシャンソンにも聞こえ、彼の音楽的教養の幅広さを実感させる曲だった。

後半の中心は即興演奏。「ウェルカム・トゥ・マイ・コンポージング・ルーム(私の作曲部屋へようこそ)」だ。まずは1音ずつ、長調、短調、半音階の入り交じった「音列」を弾く。音列に基づく現代音楽のようなものを期待させる。そこから始まったのは全音音階風の音楽で、ドビュッシーやバルトーク、あるいはムソルグスキーの「禿山の一夜」などを想起させながら多様に展開する。ブルースや教会音楽、サティ風もあった。こうして即興は全体で2つの組曲を構成した。

シェーンベルクは即座の模倣が自身の独創性を生んだと認識していたという。作曲家でピアニストの高橋悠治は「作品自体がノートであることもありうる」と語ったことがある。断片を書き込んだノートのような、即興の作曲過程が作品になる。まさに小曽根のジャズだ。アンコールはラヴェルの「ピアノ協奏曲」第2楽章。清楚で甘美な旋律が会場を潤す。この日最も原曲に近い演奏だったが、ジャズの領土の最果てに彼の創造力の可能性を聴く思いがした。

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社文化部デスク。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

特集

Web音遊人 - 牛田智大さん

今月の音遊人

今月の音遊人:牛田智大さん「ピアノの練習をしなさい、と言われたことは一度もないんです」

42026views

音楽ライターの眼

連載5[ジャズ事始め]日本にジャズが芽生えた大正前夜の音楽事情

1893views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

6332views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

13887views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

5827views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

3879views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

3877views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5595views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

16948views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

2535views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3264views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15846views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10953views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

12508views

音楽ライターの眼

「学習」から最も遠い場所にいると思っていたジャズがAIに向いていた?

1116views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

7362views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

6137views

ヤマハギター50周年を機にアコースティックギターのFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギターFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

15729views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

8115views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

3450views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

27561views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3638views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15846views