Web音遊人(みゅーじん)

タファネル 至高のファンタジスト

近代フルートの父、タファネル芸術の真髄を豊かな音楽性で表現したニューアルバム/ザビエル・ラック『タファネル 至高のファンタジスト』

フルートはいうまでもなく古い歴史をもつが(遡る気になれば紀元前にまでルーツを追い求めることができるだろう)、近代フルートの歴史において堅固な土台を築き上げたのが、テオバルト・ベームを筆頭とする楽器製作にも携わったフルート奏者たち。彼らによって機能が充実し、楽器としての可能性を広げたフルートは新しい時代を迎えることとなる。1844年にフランスのボルドーで生まれ、1908年にパリで没したポール・タファネルは、そうした新時代を生きたリーダー的存在の一人である。フルート奏者やフルート音楽の愛好家にとっては重要な存在であるものの、実はこの作曲家を軸としてプログラムが組まれるコンサートやCDは少ないといえるだろう。

オーストラリアのシドニーに生まれ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団をはじめとする世界各地の一流オーケストラで演奏してきたザビエル・ラックは、神戸女学院大学音楽学部で若く将来性のある学生たちを教える中、この企画『タファネル 至高のファンタジスト』を思いついたという。19世紀後半から20世紀に至る時代に書かれた諸作品が楽器の可能性を広げ、華麗な音楽を奏でる楽器だという印象を与え、結果的に現代の私たちがイメージする魅力的なフルート像を作り上げたということだ。このCDに収録されている作品たちは、その立役者であり証言者だといえるだろう。

CDはまず、タファネル自身による「トマの『ミニョン』による大幻想曲」で始まる。19世紀はフルートに限らず、人気オペラのアリアなどを引用してヴィルトゥオーゾ・ピースに仕立てる「幻想曲(ファンタジー)」や「変奏曲(バリエーション)」が大流行した。この曲はアンブロワーズ・トマというフランスの人気作曲家が書いたオペラ『ミニョン』から、名アリアと称される「君よ知るや南の国」ほかのメロディを引用。前半は歌う楽器としての表現力を、後半は幅広い音域の中で縦横無尽に飛び回るような音楽により、細かな音も美しく再現できる楽器の能力と演奏者の技量を試すような構成になっている。言い換えるなら、この1曲で演奏者の音楽性や能力がわかってしまうような作品だということだろう。

こうした傾向は同じタファネルによる「トマの『フランチェスカ・ダ・リミニ』による幻想曲」と「ウェーバーの『魔弾の射手』による幻想曲」、そして前半の陰りある雰囲気が印象深い「アンダンテ・パストラールとスケルツェッティーノ」にも共通している。こうした作品におけるザビエル・ラックの演奏は、澄んだ音色と伸びやかに歌う節回しにより、青空の中を気持ちよく伸びていく飛行機雲のような音楽だという印象さえ受ける。もちろん躍動的な部分における音も安定しており、どんなに細かな音であっても一音一音がしっかりと形を作っているため、音楽が常に安定している(つまり安心して聴ける)といえるだろう。

タファネル同様にフルート奏者・作曲家・指揮者として活躍したデンマークのアンデルセン(アナセン)も、19世紀においてフルートの可能性を広げた一人。このCDの中でもっとも大規模な作品である「コンツェルトシュトゥック(小協奏曲)」も、タファネルの「幻想曲」と同じスタイルの作品である。「カルメン幻想曲」の作曲者として知られるフランス人フルート奏者・作曲家のボルンによる「バラードと小鬼たちの踊り」(この曲はタファネルに献呈されている)もまた、「歌+舞曲」というスタイルで同じ系列に並ぶ曲だといえるだろう。ここでもラックの丁寧な演奏が音楽に自然な流れを与えている(言うまでもないことだが、曲に命を吹き込み、魅力的な音楽に育て上げるのは演奏者なのだ)。

さらに、フォーレがタファネルに献呈した「小品(ヴォカリーズ=エチュード)」、そしてフルートの名曲として名高いグルックの「精霊の踊り」は、もの憂げな音色が心に迫る作品。これもまたフルートならではの魅力であり、ラックのメランコリックな音がドラマを感じさせてくれる。フルートを演奏する方はもちろん、フルート音楽やフランス音楽がお好きなリスナーの方にも、ぜひおすすめしたい一枚だ。

なお追加情報ながら、ブックレットにはラック自身の執筆による詳細な解説文、作曲家の紹介および曲目解説が掲載されている。演奏者による解説文は曲に対するアプローチを知り、演奏を深く味わう上でも重要なものなので、ぜひご一読を。

■タファネル 至高のファンタジスト

発売元:カメラータ・トウキョウ
発売日:2017年2月25日
料金:2,800円(税抜)
使用楽器:ヤマハ ハンドメイドフルート「イデアル」
詳細はこちら

■ザビエル・ラック フルートコンサート

出演:ザビエル・ラック(フルート)、岡本知也(ピアノ)
日時:2018年7月14日(土)19:00開演(18:30開場)
会場:ヤマハ銀座コンサートサロン(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル6F)
料金:2,000円(税込)
定員:80名 全席自由(要予約)
公演の詳細はこちら

 

特集

宮本笑里

今月の音遊人

今月の音遊人:宮本笑里さん「あの一音目を聴いただけで、救われた気持ちになりました」

3120views

音楽ライターの眼

ドイツのプログレッシヴ/ポスト・メタル最重要バンド、ジ・オーシャンが2019年10月に初来日

1665views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

10122views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

22654views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

3377views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

3322views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

7192views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

4120views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

7835views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

4277views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

2872views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17015views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

4512views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

7835views

音楽ライターの眼

連載7[ジャズ事始め]民間初の常設舞踏場が担った日本のジャズ文化発信

812views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

7479views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

945views

【楽器探訪 Another Take】演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

楽器探訪 Anothertake

演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

2856views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

3235views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2883views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

33575views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2402views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17015views