Web音遊人(みゅーじん)

連載29[ジャズ事始め]“ジャズは難しい音楽じゃない”とアメリカ帰りの渡辺貞夫は言った?

『サダオ・ワタナベ・プレイズ』は、渡辺貞夫が帰国した直後の、1965年11月にスタジオ収録されたアルバムだ。

メンバーは、トランペットに仲野彰、ピアノが前田憲男と八城一夫、ドラムに富樫雅彦、ベースは原田政長。渡辺貞夫はアルト・サクソフォンとフルート、そして宮沢昭がテナー・サクソフォンとフルートで参加している。

現在では、日本のジャズ史にその名を残すお歴々が集っている“スーパー・セッション”に見えてしまうのだけれど、当時とすれば32歳の渡辺貞夫とほぼ同年代の“若手”というラインナップ。とはいえ、いずれもすでに日本のポピュラー音楽シーンで頭角を現わしていた売れっ子たちではあったのだが。

全体の印象としては、3管を使ったハード・バップっぽい(もっと言えばジャズ・メッセンジャーズっぽい)アンサンブルの『ウォーキン』『ウィッチ・クラフト』、曲調もコルトレーンに寄せていると感じる『チム・チム・チェリー』『ナイーマ』、オリジナルの『レディ・マコ』『ウーマン・トーク』『M&M』ではチャーリー・パーカー系のビバップ・フレーズを多発するなど、“アメリカ帰り”をウリにしようとしたレコード会社の戦略がかなり前面に出ている感じがする。

もちろん、戦後ジャズブームが去った日本で新たな風を求めていた日本の音楽ファンに対する訴求力があるという判断もあったのだろう。

唯一、『トレイン・サンバ』を収録したのは実験的だったとも言えるが、日本のジャズ系ミュージシャンにサンバのリズムとニュアンスのなじみがなかったことを考えると、無謀な挑戦だったのかもしれない。

しかし、こうしたことがきっかけで、「アメリカから帰ってきた渡辺貞夫がおもしろい曲をやっている」と“界隈”で評判になったのは想像に難くない。

それこそが彼の土産であり、意図でもあったのだと思う。

次作は、半年経たない1966年3月にレコーディングした『家路/渡辺貞夫モダン・ジャズ・アルバム』。

八城一夫トリオに宮間利之とニューハードという厚いバックを従えて、ポピュラーな選曲での制作。ソリストとして大編成のサウンドのなかでも存在感を示すことができることを証明したとともに、“モダン・ジャズは決して難しい音楽ではないんですよ”といったスタンスを感じる。

そして同年11月、帰国1周年を祝うかのように収録されたのが、『ジャズ&ボッサ』だ。

日本にボサノヴァ・ブームを巻き起こした“発火点”とも言われるのがこのアルバム。次回はこれを解体してみたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人 横山剣

今月の音遊人

今月の音遊人:横山剣さん「音楽には、癒やしよりも刺激や興奮を求めているのかも」

8277views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#016 ジャズを大衆化させる戦略が功を奏した“置き土産”~マイルス・デイヴィス『リラクシン』編

1239views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

10112views

楽器のあれこれQ&A リコーダー

楽器のあれこれQ&A

リコーダーを長く楽しむためのお手入れ方法

6170views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16984views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

6821views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

20501views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8475views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14573views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4823views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5509views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24886views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7513views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14573views

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

音楽ライターの眼

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

9388views

小林洋平

オトノ仕事人

感情や事象を音楽で描写し、映画の世界へと観る人を引き込む/フィルムコンポーザーの仕事

1108views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

6945views

82Z

楽器探訪 Anothertake

アンバー仕上げが生む新感覚のヴィンテージ/カスタムサクソフォン「82Z」

2489views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13917views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5768views

ヤマハ製アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぶ、ヤマハ製アコースティックギター

6520views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5917views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24886views