Web音遊人(みゅーじん)

トランスアコースティックギター

ギタリストを虜にする気持ちよい演奏感。アコギ単体でエフェクト音を鳴らせる「トランスアコースティックギター」/開発者インタビュー

アコギの生音にエフェクトがかけられる秘密とは?

アンプやスピーカーを使わず、アコースティックギター(アコギ)本体だけで、エフェクト(リバーブ・コーラス)をかけた演奏ができる「トランスアコースティック(TA)ギター」。2016年に「LL/LSシリーズ」、2018年1月に「FG/FSシリーズ」をベースとするモデルが発売され、現在のラインナップは全4色・10モデルに。エフェクトによって音に厚みや広がりができ、気持ちよい演奏感を得られるアコギとして注目を集めています。

アコギ単体でエフェクト音が鳴らせるのはヤマハ独自の技術「TransAcoustic™」によるもので、技術の中枢となるのがアクチュエーターと呼ばれる加振器。リバーブやコーラスがかかったエフェクト音(信号)を振動に変換し、奏者が鳴らした音(原音)に重ねて鳴らすことで、自然で心地良い響きを実現します。つまりアクチュエーターは、“楽器を振動させる”というアコースティック楽器と同じ原理で、エフェクト音を鳴らすことを可能にするわけです。

なお加振器自体は一般的な装置で、楽器に搭載する研究は以前から行われていたそう。「2014年のことになりますが、ギター好きの技術者がアコギに搭載した試作品を制作したことが、商品化への大きなきっかけとなりました。アンプにつないでいないアコギから、エフェクトがかかった音が聴こえてきたときの驚きは今でも忘れられません」と、開発を担当する柴田拓也さん。

開発担当の柴田拓也さん

ヤマハ入社以来、アコギの設計に携わってきた開発担当の柴田拓也さん。中学生のとき、ゆずの音楽が好きになったことをきっかけにアコギを始めたそう。

試作品を弾いて、「世界を驚かせるすごいギターができる」と確信した開発陣。アコギにアクチュエーターのような音響機器を搭載するのは初めての経験でしたが、Line 6*のスタッフからも多くのアイディア、アドバイスをもらうことで、商品化の実現に向けて走り出しました。
*米国の楽器・音響機器メーカー、現在はYamaha Guitar Group

様々な分野のスペシャリストの知恵を結集

開発で最大の難関となったのは、伝統的なギターのフォルムや構造は変えず、アクチュエーターをギター内部のどこに、どのように取り付けるかということ。表板に付けるか、裏板に付けるかというところで迷いに迷ったといいますが、決め手となったのは、聴き手ではなく、弾き手に心地良さを感じて欲しいという思いだったといいます。
「シミュレーターで計測してみると、数値上は表板に付けたほうが音や響きが良いという結果が出ましたが、自分達で弾いてみて気持ちよく、臨場感があったのは裏板でした。裏板を選択することで、『奏者が気持ちよく弾けるギター』というTAギターのコンセプトがより明確になりました」

トランスアコースティックギター

アクチュエーターは、奏者に振動が効果的に伝わりやすい裏板の内部に搭載。裏板への取り付け方は、ギター本来の発音に影響を与えにくいように工夫されています。

ほとんどが木材で出来ており、湿度によって形状が微細に変化するギターに、金属で出来たアクチュエーターをどのように取り付けるかも難題だったそう。
「既存のノウハウがないので、当初はあらゆる取り付け法を片っ端から試しては失敗していましたが、音響機器の特性をよく知るオーディオの部署のスタッフや、先に商品化されていたトランスアコースティックピアノの開発者に協力を仰ぐことで、ベストの方法を導き出すことができました」

電気を使っていることを奏者に感じさせないデザイン

TA機能は電池で駆動しますが、外観はアコギに限りなく近いこともTAギターの特徴。リバーブ・コーラスのかかり具合の調整や、TA機能をオン・オフする3つのツマミも、デジタル表示などがないシンプルな造りになっています。
「電気を使っていることを、できるだけ奏者に感じさせないデザインにしたいと思いました。またギター本来の鳴りに影響を与えないように、電装システムを小型化し、ボディの加工を最小限にしています」と柴田さん。

ボディの基本色は、木材の色を生かした「ビンテージティント」。またボディの塗装をピッキングから守るピックガードは、ボディの色・木目を生かすよう透明になっています。

トランスアコースティックギター

(写真左)③の「TAスイッチ」は、外部アンプの出力ボリューム調整のツマミも兼ねている。(写真右)このボディカラーがビンテージティント。よく見ると、透明のビックガードが貼られているのがわかる。

気が向いたときにさっと手に取り、アンプ・スピーカー無しにエフェクト音を鳴らせるTAギター。TAスイッチをオフにすれば通常のアコギになり、外部のアンプ・スピーカーとつなぐとエレクトリックアコースティックギターにもなるため、自宅で弾くだけでなく、音楽仲間とのセッションやライブなど、幅広いシチュエーションで楽しめるところも大きな魅力です。

柴田さんも毎日のように自宅で弾いているそうですが、エフェクトがかかることで演奏がうまくなったように感じるため、つい夢中になって弾き続けてしまうとか。
「私自身もそうですが、アコギのギタリストの多くは、ギター一本で美しい生音を鳴らすことにこだわりを持っていると思います。ですが、エフェクトがかかった音に包まれる気持ちよさを知ると、もう元には戻れないかもしれません(笑)」

これからアコギを習いたい人はもちろん、お気に入りの曲をもっと気持ちよく弾きたい人、昔やっていたギターに再びトライしたい人は、ぜひ店頭で、TAギターの気持ちよさを体験してみてはいかがでしょうか。


Yamaha TransAcoustic Guitar – FG-TA/FS-TA

■トランスアコースティック™ギター

ギター内部にアクチュエーター(加振器)を搭載することにより、アンプを使わずにリバーブやコーラス等のエフェクトをギターの生音にかけられるアコースティックギター。
詳細はこちら

 

特集

坂本龍一さん

今月の音遊人

【プレゼント】今月の音遊人:坂本龍一さん「かつて観たテレビアニメの物語は忘れたけど、主題歌は鮮明に覚えている。音楽の力ってすごいよね」

10157views

音楽ライターの眼

ジャズ・ピアノ6連弾を振り返りながらジャズとクラシックの“分け目”を考えてみる

1733views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

2408views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

16849views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

6153views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

6125views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

3917views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2897views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

7802views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

5002views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

4682views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15799views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9313views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

12477views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.5

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.5

4198views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

4642views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

2093views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュなボディにエレクトーンならではの魅力を凝縮!STAGEA(ステージア)「ELB-02」

9549views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

7684views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

2925views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

35506views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3617views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15799views