Web音遊人(みゅーじん)

ライブスポットラグ

いちどは訪ねたい京都のライブスポットラグ。30周年を迎えた、その人気の秘密とは?

京都の老舗ライブハウスのひとつであり、国内外の一流ミュージシャンや、耳の肥えた音楽ファンに支持されてきた「Live Spot RAG」(ライブスポットラグ/以下ラグ)。全国各地はもちろん、海外からも多くの客が訪れるラグが、2018年10月1日、木屋町三条に看板を上げて30周年を迎えた。

「30年続けてこられた理由を考えると、一重に“音楽”を大切にしてきたからではないかと思います。アーティストのこだわりに応えるスタッフ体制や、きめ細かい機材メンテナンスなど、アーティストが自分の音楽を思い切り表現できる環境づくりがラグの自慢です」と、ラグを運営するラグインターナショナルミュージック取締役・プロデューサーの河上ひかるさん。また、「京都だからやってこられたのだと思います」と河上さん。
「京都には、自分の物差しを持った音楽ファンが大勢います。愛情と厳しさを持った音楽ファンの姿勢が、ラグを育て、より良い音楽を生み出すことにつながっているのだと思います。そんな土壌の街だからこそ、多くのアーティストが『この街で自分の音を出してみたい』『また戻ってきたい』と思うのでしょうね」

ライブスポットラグ

ビル5Fのエレベーターを降りるとラグのシンボルカラー「赤」の扉が。扉を開ける前から、ワクワクが止まらない。

ラグインターナショナルミュージックは、ライブハウスの運営だけでなく、リハーサル&レコーディングスタジオや音楽スクール、WEBマガジン『スタジオラグへおこしやす』を展開するなど、多角的に京都の音楽環境を盛り上げてきた。
「ライブハウスのお客様が音楽スクールの生徒になったり、音楽スクールの生徒が講師の先生のバンドでデビューしたり。音楽を通して様々な立場の人が交流し、刺激し合うことで、京都の音楽人脈を増やし、育ててきました」

河上さんに「30年の歴史のなかで一番思い出に残る音楽イベントは?」と聞くと、「毎日歴史が塗り替えられているので、どれかに絞ることはできません」という答えが返ってきた。そして「いろいろあって困るのですが……」と前置きしつつ、忘れられないエピソードのひとつとして、ラグのグランドピアノの歴史を教えてくれた。
「一代目のピアノは、当時無償で調律をしてくれていた調律師さんに『いつまでも無償では悪いから』と話したところ、『自分への謝礼金で月賦が組めるので、グランドピアノを買いましょう!』と提案され、その心意気に感動して購入しました。今でも、彼はラグの一員として貢献してくれています」

二代目のピアノは、京都市円山公園音楽堂で開催されたRAG SUMMER JAZZ FESTIVAL JAZZ IN KYOTO’97の利益で購入。山下洋輔と大西順子が登場したライブは、後にも先にも味わったことのない盛り上がりだったそうだ。そして、現在の三代目のピアノは、クラウドファンディングで常連や関係者などからのご支援で購入。昔ラグに通っていた客から大口の支援があるなど、予想を遥かに超える多くの人達から支援と温かいメッセージが届いたという。

ライブスポットラグ

クラウドファンディングで購入した三代目のピアノ「ヤマハC3B」。調律師や出演アーティストの声をもとに選ばれた。

現在、ラグの30年の軌跡を振り返るイベントとして、2019年1月31日(木)まで「RAGフォトコンテスト」が実施されている。
「30周年を機に、私達がつくり上げてきたラグをお客様の写真で振り返り、この先の50年、100年へと続くラグブランドを確立させたいと考えています。私達にとっては当たり前に見える風景が、お客様の目にはどう写っている(いた)のか、お一人お一人の思い出やドラマを見るのが楽しみです」

京都の街で、音楽業界の移り変わりを見てきた河上さん。今後も、音楽を通して人や社会を元気にしていきたいと語る。
「これからの高齢化社会、年を重ねるとともに『どう生きていこうか?』と思い悩む人が増えていくのではないかと思います。ですが“音楽”という友人をつくれば、人生がキラキラと充実したものになると私は信じています。なぜなら、音楽には人間を芯から元気にする力があるのですから!」

■ライブスポットラグ

所在地:京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町521 京都エンパイヤビル5F
TEL:075-241-0446
詳細はこちら

■会社設立30周年記念「RAGフォトコンテスト」

応募は、2019年1月31日(木)まで
詳細はこちら

●「RAGフォトコンテスト」関連イベント
ライブスポットラグお昼の撮影会「音のないラグへおこしやす」

お昼のラグを一般公開。楽屋をはじめ壁一面のサイン、自然光の入る店内など、日ごろ見られないラグの魅力スポットを探してください。
実施期間:2018年11月8日(木)9日(金)11:00~14:00 ※予約不可、入場無料

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:由紀さおりさん「言葉の裏側にある思いを表現したい」

605views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

4958views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

1932views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

1160views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

11529views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

2449views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

5842views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3080views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

5218views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

3695views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

3277views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3130views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

2026views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

11473views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.5

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.7

1676views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

4848views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

999views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

6634views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

1447views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

2253views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

1160views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1871views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

11131views