Web音遊人(みゅーじん)

20世紀の過激な音楽を集めたアンソロジー『Notes From The Underground』発表

20世紀の“ラディカル=過激”な音楽を集めたアンソロジー『Notes From The Underground: Radical Music Of The Twentieth Century』が発売され、世界の音楽好事家から絶賛を浴びている。

2022年2月、イギリスの“チェリー・レッド・レコーズ”からリリースされた本作は、20世紀の音楽に何らかの形で“革命”あるいは“意識改革”をもたらした楽曲をCD4枚に全82曲収めたものだ。

クロード・ドビュッシーの『牧神の午後への前奏曲』(1892-1894)やイーゴリ・ストラヴィンスキーの『春の祭典』(1913)などの20世紀クラシック音楽、カールハインツ・シュトックハウゼンの『習作I』(1953)やエドガー・ヴァレーズの『砂漠』(1954)などの“現代音楽”、マイルス・デイヴィスの『アランフェス協奏曲』(1960)やオーネット・コールマンの『カレイドスコープ』(1960)などのジャズ、ラヴィ・シャンカールの『Kafi Holi』(1959)やアリ・アクバル・カーンの『Raag Chandrakauns』(1960)などのインド音楽、『アンダルシアの犬』(1929/音楽追加は1960)、『プリズナーNo.6』(1967)、『If もしも….』(1968)などの映画/TV音楽、アレン・ギンズバーグの『吠える』朗読(1955)などがジャンルを超えて混在。1曲ごとに新しい驚きが聴く者を待っている。

イーゴリ・ストラヴィンスキー(1882-1971)

マルコム・マクダウェル/映画『If もしも….』(1968)より

本作のキュレーターを務めた“チェリー・レッド・レコーズ”のマイク・オールウェイは本作のコンセプトについて、こう語っている。

「この時代の音楽の地平線に素晴らしく、恐れを知らない新しい視点をもたらした思索家や開拓者たちの作品を集めている。発表当時、公に嘲笑されたり論議を呼んだ楽曲もあったが、今日では知性を刺激する音楽として高く評価されている」

……ここでマイク・オールウェイという名前にピンと来る音楽ファンもいるかも知れない。そう、1980年代に“エル・レコーズ”を設立、ザ・モノクローム・セット、エヴリシング・バット・ザ・ガール、ウッド・ビー・グッズ、キング・オブ・ルクセンブルグなどの作品をリリースしてきたのがオールウェイだった。彼が“チェリー・レッド”在籍時の1982年にプロデュースしたコンピレーション・アルバム『Pillows & Prayers』はネオ・アコースティックの聖典として、40年を経た今もなお聴き継がれている(現在では『Vol.1』と『Vol.2』をカップリング、ボーナスを追加した拡大盤が入手可能)。彼の“嗅覚”は本国イギリスのみならず日本の音楽シーンに多大な影響を与え、1990年代の“渋谷系”ムーヴメントではカリスマ視された。カヒミ・カリィが1992年に「Mike Alway’s Diary」を歌ったことで、彼の名を知った日本の音楽ファンもいるだろう(ただし、この歌詞からは彼の人となりはまったく伝わってこないが)。

近年では“チェリー・レッド”のカタログ部門でコンピレーションの編集などを多く行っているオールウェイだが、『Notes From The Underground』は“渋谷系”と向かうベクトルがまったく異なるようでありながら、往年と変わらない彼の美学が貫かれている。

ちなみにオールウェイは1990年代に“イフ….レコーズ”というレーベルを運営していたが、その名前はリンゼイ・アンダーソン監督の映画『If もしも….』(1968)から取ったもの。『Notes From The Underground』には同映画で使われたミサ・ルバ(ラテン語のミサ曲をコンゴの少年合唱団用に編曲した楽曲)が6曲収録されており、彼の過去と現在が地続きであることを窺わせる。

なお本作にはオールウェイによる長文ライナーノーツ&全曲解説が付けられており、このアンソロジーのトータル性や、それぞれの曲が20世紀音楽において占める役割・意味などが綴られている。ただ流して聴くのも楽しいが、背景を知るとさらにディープに楽しむことが可能だ。本作はある意味、現在の“マイク・オールウェイの日記”を覗き込むようなコンピレーションかも知れない。

嬉しいのは、オールウェイが「『Notes From The Underground』はシリーズの第1弾」だと宣言していることだ。「これが決定盤ではない。これから、さらにパワフルで、さらに知性に訴えかけるコンピレーションを出していく」というから、どんな音楽家の作品が収録されるか、楽しみに待っていたい。

ネオアコから渋谷系、そして20世紀ラディカル・ミュージックへ。マイク・オールウェイの40年を超える音楽の冒険の旅路は、今もなお続く。

レーベル公式サイト

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:下野竜也さん「自分を楽しく表現できれば、誰でも『音で遊ぶ人』になれると思います」

834views

音楽ライターの眼

トレイシー・ソーンの自伝的エッセイが刊行。エヴリシング・バット・ザ・ガールを読む

2008views

【楽器探訪 Another Take】演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

楽器探訪 Anothertake

演奏に集中できるストレスフリーのキイメカニズム

4669views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

40435views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

9461views

オトノ仕事人

音楽フェスのブッキングや制作をディレクションする/イベントディレクターの仕事

10202views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

5073views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5634views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10843views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

8228views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

4480views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25602views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

11489views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10909views

音楽ライターの眼

2020年代にブルースを受け継ぐ男。ジョー・ルイス・ウォーカーが『ブルース・カミン・オン』を発表

2021views

オトノ仕事人

あらゆるトラブルに対応できる、優れたリペア技術者を世に送り出す/管楽器のリペア技術者を育てる仕事

2447views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

6374views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

10724views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

18048views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6801views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

7392views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1564views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21658views