Web音遊人(みゅーじん)

【優待チケット】演奏家の“今”を聴く。それこそがリサイタルの醍醐味/清水和音インタビュー

「リサイタルは、あくまで演奏活動の一部分。ピアノ作品は膨大にあり、好きな曲だけを演奏しても一生終わらないくらい。ですから、ある日のコンサートだけが特別なんてことはないのです」。

演奏会に臨む自身の思いをきっぱりと語るピアニスト、清水和音。とかく聴き手はプログラムの背景や選曲意図などを深読みしがちだが、もっと無心に、理屈抜きに音楽を楽しんでほしい、という核心を突くメッセージだ。

弱冠20歳でロン=ティボー国際コンクール・ピアノ部門に優勝し、翌年、輝かしいデビューを飾った。以来、国内外の世界的な指揮者やオーケストラとの共演をはじめ、室内楽シリーズやリサイタルシリーズなど、独自の演奏活動を精力的に展開している。「ベートーヴェンもモーツァルトもショパンも、ロシアの作曲家もみんな好き」というレパートリーの多彩さと共に、「毎年、三大ピアノ協奏曲を弾くコンサートも続けていますし、一公演に協奏曲を5曲弾いたこともあります」という脅威のバイタリティ。その源を知りたいところなのだが……。

「今、こうして弾けるのは、もともとピアノに向いている身体能力があるからだと思います。でもそれは、難しいパッセージをそれほど練習しなくても弾けるというような表現の世界。子どもでもときどき、そういう例があります。ピアノはスポーツと違い、最高速や最大音量を競うわけではありませんから、体力とか筋力には関係ありません」ときっぱり。でも、「そろそろ年齢的にも60歳近くなったから、本音を言えばプログラムはモーツァルトやシューベルトを中心にしたいところ」と冗談ぽく笑う。

コンサートでの演奏回数は決して多くないというシューベルト演奏についての分析も実に興味深い。
「私自身もシューベルトは大好きです。演奏家はみんなシューベルトが好きなのですが、聴く側にとって退屈なイメージがあることは否めません。日本でシューベルトが不人気なのは演奏家に責任があると思っています。そうなる理由は、演奏へのアプローチが似ているから。まるで自分のために書かれた曲であるかのように、音楽を親密に捉え過ぎる演奏が多い。これは大いなる勘違いです。演奏家が片思いするだけでは聴衆は面白くありません」

では、どのように演奏すべきと考えているのだろう。
「多くの作曲家はいろいろな手法をこらして曲を作るのに、シューベルトはいいメロディを思いつくだけで曲ができてしまう天才です。ひとつのモチーフを大きく膨らませる天才がワーグナーだとすれば、シューベルトは素材だけで音楽を生み出した人。その才能は圧倒的です。ですからシューベルトを演奏する時は、ピアニストが意図的に参加し過ぎることなく、シンプルに音を並べるだけで美しく弾かなくてはならない、と私は思っています」

そのシューベルトを聴けるのが2019年6月の「ヤマハホール 珠玉のリサイタル&室内楽シリーズ」。ベートーヴェンの『ピアノ・ソナタ』2曲とブラームス『3つの間奏曲』、そして「ピアノ作品のなかでも至高の名曲」とするシューベルト『ピアノ・ソナタ』第14番を弾く。美しく研ぎ澄まされた清水和音の“今”を聴くことで、リサイタルの醍醐味を味わいたい。

■珠玉のリサイタル&室内楽 清水和音 ピアノ・リサイタル

日時:2019年6月25日(火)19:00開演(18:30開場)
場所:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14)
料金:6,000円(全席指定・税込)
曲目:L.v.ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調『テンペスト』Op.31-2/ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 Op.109、J.ブラームス/3つの間奏曲 Op.117、F.シューベルト/ピアノ・ソナタ第14番 イ短調 Op.143,D784
詳細はこちら

■ 優待チケットの特別販売

本公演の優待チケット(優待価格5,500円)を20名様分ご用意しました。ご希望の方は、下記「応募はこちら」ボタンからご応募ください。
※ご応募の際は、ヤマハミュージックメンバーズの会員登録(登録無料)が必要です。
応募締切:2019年3月17日 (日) 23:59
応募はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:小林愛実さん「理想の音を追い求め、一音一音紡いでいます」

10795views

音楽ライターの眼

連載31[ジャズ事始め]渡辺貞夫が自らのジャズとして打ち立てた3本の軸

681views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

3258views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

6886views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5831views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

4474views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

9987views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4968views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

15196views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7788views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3625views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20521views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8549views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

16941views

音楽ライターの眼

連載15[ジャズ事始め]上海=“ジャズの都”のイメージを決定的にした背景には2人の歌姫の存在があった

1979views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

12305views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7788views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

5166views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

10088views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

3473views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

128815views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4830views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20521views