Web音遊人(みゅーじん)

渡辺貞夫がバッハの難曲に挑んだ『プレイズ・バッハ』を読み解いてみる

渡辺貞夫が2017年10月にリリースした『プレイズ・バッハ』は、そのタイトルどおり、バッハの曲を中心に取り上げたコンサート音源が収録されている。

メインの6曲は、2000年に東京・六本木のサントリーホールで行なわれたコンサートの音源で、収録されているのは「フルート・ソナタ BWV.1035」の全4楽章、「フルート・ソナタ BWV.1031」の第2楽章と第3楽章、「無伴奏フルートのためのパルティータ BWV.1013」の全4楽章、「管弦楽組曲 第2番 BWV.1067」の第7曲。そしてアンコールのブラジル・ナンバー「ポル・トーダ・ア・ミーニャ・ヴィーダ」と「カリニョーゾ」だ。

プライヴェート・コンサートの音源の2曲は、「フルート・ソナタ BWV.1033」の全4楽章と、「フルート・ソナタ BWV.1030」の第3楽章から「ジーグ」を演奏している。

このコンサートは、抽斗(ひきだし)の多い渡辺貞夫のラインナップのなかでもかなり異質なものとして、当時は受け止めていた記憶がある。

なにが異質だったのかを思い出してみると、「なぜバッハなのか」「なぜフルートの曲なのか」「なぜアンコールはブラジル・ナンバーだったのか」が浮かんでくる。

「なぜバッハなのか」は、2000年がヨハン・ゼバスティアン・バッハの没後250年だったからという理由が大きいだろう。切りのいい年なので、ほかにもいろいろとバッハがらみの企画があったのを覚えているが、ジャズとしては“いかにバッハをジャズのテイストに落とし込むか”に腐心していた時期だった。

だからこそ、日本のみならず世界を代表するジャズ・ミュージシャンである渡辺貞夫が、なんのてらいもなくバッハの楽曲をクラシックのスタイルで演奏しようとしたことは、本稿が指摘する“新たなジャズとクラシックの関係性”の原点になったとも言える。

「なぜフルートの曲なのか」については、ここに収録されているバッハの曲が難曲としても有名であり、渡辺貞夫が取り上げるにふさわしいことがまず挙げられるだろう。すなわち、余興ではないことを示すための“高いハードル”というわけだ。

そしてもうひとつ、彼はフルートも演奏しているので、曲の構造や流れを受け入れやすかったことがあったに違いない。そうなると、「なぜフルートで吹かなかったのか」という疑問が湧くかもしれないが、それはジャズ・ミュージシャンがフルート曲をフルートで演奏してもおもしろくないでしょ、という理屈じゃない説明で納得していただきたい。というか、渡辺貞夫が“フルートでバッハを見事に演奏することで世界に並ぶ”という目的を抱いていなかったことの証左でもあるかな。

「なぜアンコールはブラジル・ナンバーだったのか」は、たぶん渡辺貞夫がこの勇気ある企画をやり遂げようと思った動機に関係することだと思うのだが、そこにひとつの共通性があると言えるだろう。

「ポル・トーダ・ア・ミーニャ・ヴィーダ」と「カリニョーゾ」は、渡辺貞夫のコンサート体験がある人なら知っている、一時期から彼のアンコールの定番になっていたナンバーだ。

渡辺貞夫は渡米修業時代(1960年代前半)にボサノヴァの洗礼を受けて帰国し、日本にその最先端音楽をいち早く伝えた人物でもある。

ブラジルで生まれたボサノヴァは、アメリカのポピュラー・ソングとは異なるアプローチで“自分たちの音楽”を模索しようとしたものだった。そのヒントのひとつとして、エイトル・ヴィラ=ロボスの存在や、「ゴルトベルク変奏曲」の再評価とグレン・グールドの登場、ジャズにおけるサード・ストリームのブラジル的解釈といった“外的要因”があったはずだ。

それを肌身で感じていたからこそ渡辺貞夫は、バッハを演奏するという法外とも思える企画に“乗ろう”としたのではないか──。

スタンスの違いを曖昧にしないクールなアプローチで臨んだことにこそ、このコンサートと記録の価値があると言えるだろう。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:西村由紀江さん「誰かに寄り添い、心の救いになる。音楽には“力”があります」

3710views

音楽ライターの眼

オペラ、シンフォニーの指揮&ピアニストとしても活躍する沼尻竜典が第51回ENEOS音楽賞洋楽部門本賞を受賞

1202views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

4966views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

439views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

10971views

オトノ仕事人

ピアノを通じて人と人とがつながる場所をコーディネートする/LovePianoプロジェクト運営の仕事

13906views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

15208views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

9326views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

17253views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

5049views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

5085views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24663views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12705views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6004views

音楽ライターの眼

トレイシー・ソーンの自伝的エッセイが刊行。エヴリシング・バット・ザ・ガールを読む

1642views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

5743views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7890views

ヤマハギター50周年を機にアコースティックギターのFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギターFG/FSシリーズがフルモデルチェンジ

17034views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

4789views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

5085views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

26037views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5122views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24663views