Web音遊人(みゅーじん)

渡辺貞夫がバッハの難曲に挑んだ『プレイズ・バッハ』を読み解いてみる

渡辺貞夫が2017年10月にリリースした『プレイズ・バッハ』は、そのタイトルどおり、バッハの曲を中心に取り上げたコンサート音源が収録されている。

メインの6曲は、2000年に東京・六本木のサントリーホールで行なわれたコンサートの音源で、収録されているのは「フルート・ソナタ BWV.1035」の全4楽章、「フルート・ソナタ BWV.1031」の第2楽章と第3楽章、「無伴奏フルートのためのパルティータ BWV.1013」の全4楽章、「管弦楽組曲 第2番 BWV.1067」の第7曲。そしてアンコールのブラジル・ナンバー「ポル・トーダ・ア・ミーニャ・ヴィーダ」と「カリニョーゾ」だ。

プライヴェート・コンサートの音源の2曲は、「フルート・ソナタ BWV.1033」の全4楽章と、「フルート・ソナタ BWV.1030」の第3楽章から「ジーグ」を演奏している。

このコンサートは、抽斗(ひきだし)の多い渡辺貞夫のラインナップのなかでもかなり異質なものとして、当時は受け止めていた記憶がある。

なにが異質だったのかを思い出してみると、「なぜバッハなのか」「なぜフルートの曲なのか」「なぜアンコールはブラジル・ナンバーだったのか」が浮かんでくる。

「なぜバッハなのか」は、2000年がヨハン・ゼバスティアン・バッハの没後250年だったからという理由が大きいだろう。切りのいい年なので、ほかにもいろいろとバッハがらみの企画があったのを覚えているが、ジャズとしては“いかにバッハをジャズのテイストに落とし込むか”に腐心していた時期だった。

だからこそ、日本のみならず世界を代表するジャズ・ミュージシャンである渡辺貞夫が、なんのてらいもなくバッハの楽曲をクラシックのスタイルで演奏しようとしたことは、本稿が指摘する“新たなジャズとクラシックの関係性”の原点になったとも言える。

「なぜフルートの曲なのか」については、ここに収録されているバッハの曲が難曲としても有名であり、渡辺貞夫が取り上げるにふさわしいことがまず挙げられるだろう。すなわち、余興ではないことを示すための“高いハードル”というわけだ。

そしてもうひとつ、彼はフルートも演奏しているので、曲の構造や流れを受け入れやすかったことがあったに違いない。そうなると、「なぜフルートで吹かなかったのか」という疑問が湧くかもしれないが、それはジャズ・ミュージシャンがフルート曲をフルートで演奏してもおもしろくないでしょ、という理屈じゃない説明で納得していただきたい。というか、渡辺貞夫が“フルートでバッハを見事に演奏することで世界に並ぶ”という目的を抱いていなかったことの証左でもあるかな。

「なぜアンコールはブラジル・ナンバーだったのか」は、たぶん渡辺貞夫がこの勇気ある企画をやり遂げようと思った動機に関係することだと思うのだが、そこにひとつの共通性があると言えるだろう。

「ポル・トーダ・ア・ミーニャ・ヴィーダ」と「カリニョーゾ」は、渡辺貞夫のコンサート体験がある人なら知っている、一時期から彼のアンコールの定番になっていたナンバーだ。

渡辺貞夫は渡米修業時代(1960年代前半)にボサノヴァの洗礼を受けて帰国し、日本にその最先端音楽をいち早く伝えた人物でもある。

ブラジルで生まれたボサノヴァは、アメリカのポピュラー・ソングとは異なるアプローチで“自分たちの音楽”を模索しようとしたものだった。そのヒントのひとつとして、エイトル・ヴィラ=ロボスの存在や、「ゴルトベルク変奏曲」の再評価とグレン・グールドの登場、ジャズにおけるサード・ストリームのブラジル的解釈といった“外的要因”があったはずだ。

それを肌身で感じていたからこそ渡辺貞夫は、バッハを演奏するという法外とも思える企画に“乗ろう”としたのではないか──。

スタンスの違いを曖昧にしないクールなアプローチで臨んだことにこそ、このコンサートと記録の価値があると言えるだろう。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

古澤巌さん

今月の音遊人

今月の音遊人:古澤巌さん「ジャンルを問わず、父が聴かせてくれた音楽が今僕の血肉になっています」

8974views

ホーカン・ハーデンベルガー

音楽ライターの眼

「地上で最高のトランペット奏者」と評されるその演奏に恍惚とする/ホーカン・ハーデンベルガー トランペット・リサイタル

7483views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

5984views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

20458views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

7909views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3960views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

8612views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5308views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

9656views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

2479views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3471views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21733views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

11608views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

15052views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズ・ギターの革命児がビートルズに出逢うまでのプロローグ

2114views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

7304views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

4283views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

1660views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

12622views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

4405views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

29957views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6457views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6163views