Web音遊人(みゅーじん)

MC5

ウェイン・クレイマーに捧ぐ。あらゆるハード・ロックとパンクの始祖MC5へのトリビュート・アルバム発表

あらゆるハード・ロック、あらゆるパンクはここから始まった。MC5は大音量のサウンドで時代の扉をブチ破ったロック・バンドだ。

1963年に結成、自動車産業で知られるデトロイトのシーンを荒らしまわったMC5(“モーター・シティ”の5人組の意味)への声援は全米へと広がっていく。ハードでヘヴィなサウンド、ドラッグ・カルチャー、ビート・ポエトリーやブラック・パワー、反ベトナム戦争を主張するメッセージ性などによって、彼らはカウンターカルチャーの旗手となっていった。

時代を超えた名盤『キック・アウト・ザ・ジャムズ』

彼らはシングルを数枚リリースした後、メジャー・レコード会社の“エレクトラ・レコーズ”と契約。1969年2月にファースト・アルバム『キック・アウト・ザ・ジャムズ』を発表する。バンドのライヴ・パフォーマンスの狂乱と熱気をありったけ叩き込んだこのアルバムは時代を超えた名盤として聴き継がれる。激音に乗せた裏声に近いファルセットが混沌を生み出す『ランブリン・ローズ』、メジャーからのリリースで初めて放送禁止用語をイントロにフィーチュアした破壊力漲る『キック・アウト・ザ・ジャムズ』、すべてを薙ぎ倒す『ロケット・リデューサーNo.62』、スペーシーでフリーキーな『スターシップ』まで、全編レッドゾーンを超え続けるテンションの高さが尋常ではない。

彼らは『バック・イン・ザ・USA』(1970)『ハイ・タイム』(1971)という2枚のスタジオ・アルバムを発表するが、1972年に解散。その後、何度かMC5という名義が復活されたものの、伝説の黄金ラインアップが揃うことはなかった。ロブ・タイナー(ヴォーカル)は1991年、フレッド“ソニック”スミス(ギター)は1994年、マイケル・デイヴィス(ベース)は2012年に亡くなっている。そしてMC5の魂を受け継いできたウェイン・クレイマー(ギター)が2024年2月2日、75歳で亡くなったというニュースは、世界を悲しみに叩き込んだ。

豪華で不思議なトリビュート

海外でリリースされた『Call Me Animal: A Tribute To The MC5』は、MC5の偉大な音楽とその軌跡に捧げるトリビュート・アルバムだ。

ウェインが亡くなる数年前から構想が練られてきたという本作を企画したのはジョーセファスことジョーイ・キリングスワース。メンフィスで活動するミュージシャンでプロデューサーの彼はジョーセファス&ザ・ジョージ・ジョーンズタウン・マサカーを率いて活動してきた。このバンドはオリジナル作と並行して、敬愛するアーティスト達へのトリビュート・アルバムを発表。2016年にはブラック・オーク・アーカンソー、2017年にはジョニー・キャッシュ、2021年にはナザレスに捧げるトリビュート作が発表され、今回はシリーズ最新作となる。

ジョーセファス&ザ・ジョージ・ジョーンズタウン・マサカーがベーシック・トラックを演奏、ゲスト陣が加わるという構成は過去作と同様だが、これまで参加してきた面々に加えて、プロジェクトに共鳴した多彩なミュージシャンが新たに合流。サプライズ対決を交えながらMC5の音楽へのセレブレーションを行っている。

1曲目『ランブリン・ローズ』からシェリー・カリー(ランナウェイズ)+J.マスキス(ダイナソーJr.)+マイク・ワット(ミニットメン)という豪華な、それでいて一種不思議な顔合わせが実現。筋肉超人ジョン・マイクル・ソー+クリス・ホームズ(元W.A.S.P.)のモンスター対決、ジェフ・クレイトン(アンチシーン)+ライター・サイス(ナッシュヴィル・プッシー)の極悪ロックンロール対決、キース・モリス(サークル・ジャークス)+ザル・クレミンスン(センセーショナル・アレックス・ハーヴェイ・バンド)の英米コンビなど異色のコラボレーションは想像を超える結果を生んでいる。

さらに1960年代のデトロイトを知るアリス・クーパーからJ.G.サールウェル(ジム・フィータス)、リディア・ランチ、バットホール・サーファーズのジェフ・ピンカス&ポール・レアリーなども参加。一見するとバラバラな顔ぶれのようにも見えるが、いずれも源流を突き詰めるとMC5にぶち当たる、その影響力を思い知らされるのがこのアルバムなのだ。

なお生前のウェイン・クレイマー自身も参加、『ヒューマン・ビーイング・ローンモワー』をジェロ・ビアフラ(デッド・ケネディーズ)と共演している。

オリジナルがベーシックなロックのため、各ミュージシャンのパーソナリティが露わになるのがMC5の音楽だ。大きくアレンジを変えてもいないのにまったく異なって聴こえるのも興味深く、新たな発見があることに心地よい驚きをおぼえる。さらに全員がMC5を愛しており、プレイすることを心から楽しんでいることが伝わってくる。

『キック・アウト・ザ・ジャムズ』発表から55年。MC5の音楽と魅力を次なる世界に受け継いでいくのが『Call Me Animal』だ。

■アルバム『Call Me Animal: A Tribute To The MC5』

Call Me Animal: A Tribute To The MC5

発売元:Saustex Records

詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人:馬場智章さん

今月の音遊人

今月の音遊人:馬場智章さん 「どういう状況でも常に『音遊人』でありたいと思っています」

2638views

音楽ライターの眼

連載17[多様性とジャズ]プロテスト・ソングらしからぬ音楽性を備えた『フォーバス知事の寓話』

1145views

NU1XA

楽器探訪 Anothertake

アコースティックピアノを演奏する喜びをもっと身近に。アバングランド「NU1XA」

2201views

大人のピアニカ

楽器のあれこれQ&A

「大人のピアニカ」の“大人”な特徴を教えて!

2476views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10815views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

8349views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13666views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10432views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14398views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

4748views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5159views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24704views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19069views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21739views

音楽ライターの眼

【ライヴ・レポート】DOWNLOAD JAPAN 2019/新たなるメタルの春の祭典

5612views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

5139views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10217views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

15153views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21910views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

5868views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

17374views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6644views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28961views