ルイ・クープランの魅惑的なチェンバロ音楽を自然体で表現するクリストフ・ルセの妙技

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
音楽ライターの眼
ルイ・クープランの魅惑的なチェンバロ音楽を自然体で表現するクリストフ・ルセの妙技

フランスのチェンバロ(クラヴサン)音楽の作曲家としてとりわけ有名なのは、フランソワ・クープラン(1668~1733)である。その叔父にあたるルイ・クープラン(1626頃~1661)は、35歳の若さで亡くなったこと、音楽家としての活動期間がわずか10年余りだったこと、生前楽譜が出版されなかったことなどにより、その名が広く知られることはなかった。

しかし、チェンバロ作品とオルガン作品は多数残しており、特に「プレリュード・ノン・ムジュレ」という全音符のみによって記譜され、多様なスラーによって演奏の指示が与えられている拍子のないプレリュードは、ルイ・クープランの偉大な才能を端的に表現している。彼はフランス・チェンバロ楽派の創始者ともいわれるジャック・シャンピオン・シャンボニエール(1601~1672)にその才能を認められ、パリに出て活躍し、1653年にパリのサン・ジェルヴェ教会のオルガニストとなり、以来このポジションはクープラン家が継ぐようになる。この教会は現在も当時のままの姿で旅人を迎えてくれ、代々クープラン家の人々が演奏していたオルガンも存在している。

そんなルイ・クープランの作品を新たに世に紹介するべく、「新しい組曲集」を録音したのがフランスの古楽界の第一人者、オペラの指揮や奏者として活躍するクリストフ・ルセである。1961年アヴィニョンに生まれ、13歳でチェンバロに魅せられた。以後、各地の名手に師事し、83年ブルージュ国際チェンバロ・コンクールで優勝の栄冠に輝く。

新譜は組曲が11曲収録され、それぞれプレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、シャコンヌなどで構成されている。ルセはこの録音に2015年に落成したフィルハーモニー・ド・パリの音楽博物館が所有する1652年製のヨアンネス・クーシェのチェンバロ(フレンチ・フレミッシュ)を使用しており、洗練された透明感に満ちたふくよかな音色、エレガントで色彩感豊かな響きを存分に生かしている。ルセの演奏は、とても自然体で表情が幾重にも変化していく。

以前、インタビューしたときに「バロック音楽は奥の深い魅惑的な世界。眠っている知性を目覚めさせてくれると思います。ですから、食わず嫌いをせずに、気軽に聴いてほしい」と語っていたが、まさにこのルイ・クープランは不思議で蠱惑的な世界へと聴き手をいざなう。ルセの魔術にかかるようだ。

■アルバムインフォメーション

『ルイ・クープラン:新しい組曲集』(CD2枚組)

アーティスト:クリストフ・ルセ
発売元:キングインターナショナル
価格:4,500円(税抜)
詳細はこちら

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 伊熊よし子