Web音遊人(みゅーじん)

ルイ・クープランの魅惑的なチェンバロ音楽を自然体で表現するクリストフ・ルセの妙技

フランスのチェンバロ(クラヴサン)音楽の作曲家としてとりわけ有名なのは、フランソワ・クープラン(1668~1733)である。その叔父にあたるルイ・クープラン(1626頃~1661)は、35歳の若さで亡くなったこと、音楽家としての活動期間がわずか10年余りだったこと、生前楽譜が出版されなかったことなどにより、その名が広く知られることはなかった。

しかし、チェンバロ作品とオルガン作品は多数残しており、特に「プレリュード・ノン・ムジュレ」という全音符のみによって記譜され、多様なスラーによって演奏の指示が与えられている拍子のないプレリュードは、ルイ・クープランの偉大な才能を端的に表現している。彼はフランス・チェンバロ楽派の創始者ともいわれるジャック・シャンピオン・シャンボニエール(1601~1672)にその才能を認められ、パリに出て活躍し、1653年にパリのサン・ジェルヴェ教会のオルガニストとなり、以来このポジションはクープラン家が継ぐようになる。この教会は現在も当時のままの姿で旅人を迎えてくれ、代々クープラン家の人々が演奏していたオルガンも存在している。

そんなルイ・クープランの作品を新たに世に紹介するべく、「新しい組曲集」を録音したのがフランスの古楽界の第一人者、オペラの指揮や奏者として活躍するクリストフ・ルセである。1961年アヴィニョンに生まれ、13歳でチェンバロに魅せられた。以後、各地の名手に師事し、83年ブルージュ国際チェンバロ・コンクールで優勝の栄冠に輝く。

新譜は組曲が11曲収録され、それぞれプレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、シャコンヌなどで構成されている。ルセはこの録音に2015年に落成したフィルハーモニー・ド・パリの音楽博物館が所有する1652年製のヨアンネス・クーシェのチェンバロ(フレンチ・フレミッシュ)を使用しており、洗練された透明感に満ちたふくよかな音色、エレガントで色彩感豊かな響きを存分に生かしている。ルセの演奏は、とても自然体で表情が幾重にも変化していく。

以前、インタビューしたときに「バロック音楽は奥の深い魅惑的な世界。眠っている知性を目覚めさせてくれると思います。ですから、食わず嫌いをせずに、気軽に聴いてほしい」と語っていたが、まさにこのルイ・クープランは不思議で蠱惑的な世界へと聴き手をいざなう。ルセの魔術にかかるようだ。

■アルバムインフォメーション

『ルイ・クープラン:新しい組曲集』(CD2枚組)

アーティスト:クリストフ・ルセ
発売元:キングインターナショナル
価格:4,500円(税抜)
詳細はこちら

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

 

特集

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

今月の音遊人

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

5331views

フォルテ・ディ・クアトロ

音楽ライターの眼

韓国から世界に飛翔するクロスオーバーのヴォーカル・ユニット「フォルテ・ディ・クアトロ」は個性豊かな4人組

2186views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

1411views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

4050views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

2735views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

9633views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

818views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1342views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

13826views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

3753views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2230views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13041views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

5001views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

3227views

音楽ライターの眼

ブラームス国際コンクール、日本人初優勝のバイオリニスト中村太地が3大Bに挑む

1655views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

5879views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

3017views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

13161views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

5684views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

2108views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

12757views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

1605views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

13041views