Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:マキタスポーツさん「オトネタ作りも、音楽に関わるようになったのも、佐野元春さんに出会ったことから始まっています」

“音楽”と“笑い”を融合させた「オトネタ」を提唱し、自らがボーカルとギターを担当するロックバンド、マキタ学級でライブ活動をし、執筆にも力を注ぐなどジャンルの枠を越えて精力的に活動するマキタスポーツさん。自身の根底を流れ、形成している音楽について聞きました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

一番多く聴いた曲といわれても、これだ!と明確には思い出せないけど、たぶん佐野元春さんの「サムデイ」だと思います。ただし中学生の頃に聴いて、その後になっても聴き続けて……というのではなく、中学生の時にそれしか聴かなかったという曲です。365日、毎日聴いているくらいの勢いでしたね。LPレコードは中学生にとっては高価なものでしたから丁重に扱っていました。傷がついたらおしまいですからね。だからLPで聴くことはなく、カセットテープにダビングしたものを聴いていました。 LPは眺めるためにある(笑)。カセットテープも安いものしか買えないから、何度も聴くうちに伸びちゃって、だから何度もダビングし直していましたね。
山梨の片田舎で育ったので娯楽といえばテレビとラジオ。当時は歌番組が全盛の時代。その歌番組に出てこない佐野さんのようなミュージシャンがいることも希少なことで、それがまた格好いいと思っていました。佐野さんはその頃、芸能界のど真ん中にいた沢田研二さんに曲を提供していたりして、自らも歌っている。それも格好よかったですね。最先端で活躍する人を支える仕事、コンポーザーというかそういう存在の人としても憧れていました。

Q2.マキタスポーツさんにとって「音」や「音楽」とは?

料理を食べるようなものでしょうか。僕にとって食べるということは、自分を活性化させる源。音を摂取するのも生きる活力に直接繋がっているように感じるんですよね。食べ物のことを話したり、聞いたり、見たりするのが好きなんですが、それと全く同じ感じで音楽を聴いたり、音楽の仕掛けのことなどを聞いたり話したりするのは楽しいですね。音楽ってとてもロジカルな面もあって、例えば山下達郎さんの曲も同じ設計にすれば達郎さん風の曲はできますけど、一方、それだけでは表現しきれないものがありますよね。超魔術としか思えないものがあるんですよ。料理を食べてこの美味しさって何だろう、そっくり作り方を真似ても再現できないような味、そういうものが音楽にもあるんです。食べることと同じで、僕が生きていくうえでずっと関わり続けて楽しむものが音楽でしょう。
いろんな音楽を聴いているのも食べることと同じで、同じものだけ、同じ系統のものだけ食べているとつまらない。高級店に行くだけではダメだし、リーズナブルな店にだけ通い続けるのも違うと思います。安い値段でごく安定した音楽状況を提供してくれるサブスクリプションで聞けるファミレス的なものもあれば、ミュージカルやオペラ、クラシックコンサートなど、生の音を聞くためには数万円レベルでないと体験できない音楽もある。いろんな音楽を聴くことはオトネタに影響し、芝居で演ずることや文章を書くことにもつながっていると感じています。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

あまたいるミュージシャンは、みんな音で遊んでいる人だと思います。遊び方はそれぞれ違いますが。ミュージシャンのほとんどは技術者のようでもありますね。バンドのメンバーとか見ていると、飲み会の時にも機材やテクニックのことばっかり話していますね。ギアに興味がある人、それは職人の特性なので、そういう意味で「音で遊んでいる人たち」と言えるんじゃないかな。
僕も「音の遊び人」ですけど、ギアには興味がないです。音楽のおおまかなストーリーというか、トリックというか、ディレクションというか、そういうものに関心がある。佐野元春さんという人は偉大なる音楽エディターだと思うんです。いいものといいものをうまく折衷させて、独自の世界観を作り出していく。中学生のときは気づきませんでしたが、当時流行っていたものとか、子供の頃に影響を受けたものとかをミックスして編集することで作品を作り上げていたんですね。
僕がやっているオトネタも編集には凝ります。でも1+1が2になるわけじゃなくて、ただ足すことで見栄えのするものになるかというと、そうじゃない。そうした技術面はすごく気になるし、音楽や演奏についてあれこれやっているときは、音で遊んでいるなあと思いますね。

 

マキタスポーツ〔まきたすぽーつ〕
ミュージシャン、芸人、文筆家、俳優。山梨県出身。1998年にデビュー。「オトネタ」を披露するライブを精力的に開催。俳優としても活躍し、2012年公開の映画『苦役列車』で第55回ブルーリボン賞新人賞、第22回東スポ映画大賞新人賞を受賞。テレビ、ラジオのレギュラー番組も多数抱えている。
オフィシャルサイトはこちら

特集

今月の音遊人 大貫妙子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:大貫妙子さん「言葉で説明できないことのなかに本当に素晴らしいものがいっぱいある。それが音楽ですよね」

12895views

音楽ライターの眼

ブルースの名門レーベル“アリゲイター・レコーズ”が創立50周年

1211views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

4646views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

40562views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

7659views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

5486views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

10603views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5664views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10876views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

3727views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

5374views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7635views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

6229views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10962views

音楽ライターの眼

連載47[ジャズ事始め]プラザ合意という国際政治経済の転換点がアジア発のジャズを生み出した!?

689views

オトノ仕事人

コンピュータを駆使して、ステージのサウンドをデザインする/ライブマニピュレーターの仕事

1115views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

7372views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

3649views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

4561views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3750views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

7414views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

5202views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25659views