Web音遊人(みゅーじん)

米ビルボード・コンテンポラリージャズチャート首位獲得!全10曲書下ろしの新アルバム『Echo』/松居慶子インタビュー

全米デビューから32年間でアルバムのリリースは28枚目。権威ある「ビルボード」のコンテンポラリー・ジャズ・チャートでは常連であり、ヨーロッパ諸国やロシアなどを含む世界レベルで熱狂的な人気を博している松居慶子。20192月にリリースされた最新アルバム『Echo(エコー)』は、アコースティックピアノのサウンドが心地よく、メロディアスなバラード調の曲からラテン・フレーバーあふれるナンバーまで、素敵な写真集のページをめくるような趣にあふれている。

「デビューした頃からの長い付き合いになるミュージシャンたちを含め、スタジオで顔を合わせながら和気あいあいと演奏するという昔ながらのレコーディングを楽しみました。それぞれに素晴らしいミュージシャンですが、お互いを聴き合い、無心に音へ没頭している姿と演奏に、鳥肌が立ちました。みんなが心と魂を音に込めてくれたアルバムであり、その象徴として『Echo』という曲をアルバム・タイトルにしました」

尊敬するアーティストであり、最近では共演の機会もあるベーシストのマーカス・ミラーが参加したその曲を筆頭に、ロベン・フォードの爽快なギター・ソロが花を添える『Marlin Club Blues』、人気シンガーのグレッチェン・パーラトがスキャットで参加するブラジル音楽テイストの『Spirit Dance』、カイル・イーストウッドのアコースティック・ベース・ソロが際立つ『Return to Eternity』など、ゲスト・アーティストたちのプレイに耳を奪われるトラックも。前作『Journey To The Heart』で新しい松居慶子サウンドに貢献したミュージシャンや、旅の家族(ツアーメンバー)も参加。ファミリーならではの和気あいあいとした演奏を聴かせてくれる。
「基本的な楽譜はありますが、各曲、2回ほどの通しのリハーサルのみで、すぐに本番のテイク。それぞれの個性を演奏に反映させつつ、私の曲に対するリスペクトも感じられて、幸せなひと時でした」

収録された10曲はすべて松居自身のペンによるもの。ピアノの前で集中し、メロディーやモティーフが降りてくるのを待つというデビュー当時からの作曲スタイルは変わらない。「作る」という意識ではなく、「受け取る」という姿勢なのだという。
「メロディーを大切にしたいという気持ちはずっと変わりません。今回のアルバムもそうして私の中に宿った曲ばかりですが、中でも『Unshakable』のベースラインや『Echo』『Return To Eternity』のメロディーたちは最初に届いてきて頭の中で鳴り続け、まるで『私たちをアルバムに入れなくちゃだめよ!』と主張しているみたいでした」
アルバムのリリースを機に、2019〜2020年は全世界100か所以上にも及ぶ長いツアーを行う。日本でもこの6月、ブルーノート東京での2デイズ4公演を予定。2年ぶりとなる貴重な来日公演だけにファンは待ちこがれているはずだ。
「自宅に帰ってもすぐにパッキングし直して別の街へ向かいますから、空の上(飛行機)が自分の家なのかなと思うほどですが、いろいろな街でお客様の笑顔を見ていると、音楽は国境も人種も宗教も越えて人をつなぐものだなと実感します。自分の音楽はたくさんの人を笑顔にするため役立っているのだなと思えますし、それが自分のミッションなのだろうと気づきました。私自身も皆さんの笑顔でリチャージしています。それに、長くツアーをしていると同じ曲でも常に新鮮な気分で楽しんでいますから、自然に演奏が育つのです。東京はツアーの中盤(6月21日、22日)ですから、きっと充実したプログラムをお届けできるでしょうね」

プロデビュー以前よりヤマハとの関係も強い。
「私にとって理想的なピアノは、自分のエネルギーや感情から生まれるダイナミクスや抑揚などを受け取ってくれて、ストレートに音にしてくれるパートナー。ですから訪れたホールのピアノがCFXだとハッピーですし、素晴らしい調律師の方がケアしてくださるので安心なのです」
アルバム『Echo』でも、そのCFXによるピュアなサウンドが聴き手に心地よいシグナルを送る。初夏〜盛夏〜初秋と季節が移り変わる中、新時代を迎えた2019年をフレッシュに過ごすパートナーとして、松居慶子の音楽はいかがだろうか。


松居慶子/Album Echo Trailer for Japan

■アルバムインフォメーション

『Echo』

発売元:avex trax
発売日:2019年2月22日
価格:3,000円(税抜)

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:ROLLYさん「曲の素晴らしさや洋楽との出会いなど、大切なことはすべてフィンガー5から学びました」

3847views

ジョン・コルトレーン編<5>|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.5|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

5534views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

8404views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

9378views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

6749views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

5220views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

10448views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

4955views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

11367views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

4443views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2643views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

16538views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

6931views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

7608views

音楽ライターの眼

ラヴェル「ラ・ヴァルス」、ワルツ独り舞台/福間洸太朗ピアノ・コンサート

1142views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

3457views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

3638views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

5970views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

1777views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2643views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

982views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2590views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

13986views