Web音遊人(みゅーじん)

詩情豊かに初々しい定番曲/ダニエル・シュー ピアノ・リサイタル

秋の紅葉が年ごと新たに人々を魅了するように、定番曲が詩情豊かに初々しく鳴る。シューマン、ベートーヴェン、リストの名曲に新風を送り込むのは、奇をてらった演奏ではなく、作曲家の創意への飽くなき探究である。1997年米カリフォルニア州生まれの若いピアニストは、作曲家の魂の降臨を全身全霊で迎え入れ、豊かな表現を獲得する。2022年10月29日、ヤマハホールで開かれた「ダニエル・シュー ピアノ・リサイタル」。偉大な音楽の紅葉が深まりゆき、小さい秋をいくつも見つけた。

ダニエル・シューは8歳でオーケストラと共演デビュー、9歳でリサイタル・デビューし、10歳でカーティス音楽院に入学したという早熟の人。2015年浜松と17年ヴァン・クライバーンの2つの国際ピアノコンクールで第3位に入賞。高度の技巧と深みのある表現に定評があり、米国の新星として注目されている。尖った個性を予想していたが、演奏は作品に真正面から向き合い、正攻法で本質に迫るものだった。

まずシューマンの『子供の情景 作品15』。遅めのテンポで第1曲『見知らぬ国々と人々について』が始まった。小さな音の一つひとつを神経質ではなく、柔らかいタッチで滑らかに紡いでいく。いつしか聴き手は優しい情感に惹き込まれ、異国の地にいることに気づく。子供心が描くおとぎの国の情景だ。何度も聴いた曲なのに、詩のポエジーを理解したときのように、新鮮な味わいが広がる。ほの暗い短調が浮かび上がる中間部は、無垢な子供の小さな感傷のように切ない。

優しい演奏が続くかと思ったら、第3曲『鬼ごっこ』では一転してヴィルトゥオーゾ風に激しくなった。確かに速い曲だが、軽快に弾く人も多い。超絶技巧を見せるほどの難曲ではないが、子供たちの鬼ごっこへの熱中ぶりを表そうとしたか。荒々しくとも、すべての音が太いゴシック体のようにがっしりと正確に刻まれたのは驚きだ。最も有名な第7曲『トロイメライ(夢想)』では柔和な詩情で静かな時間を再び満たした。

続いてベートーヴェンの『ピアノ・ソナタ第31番変イ長調 作品110』。第1楽章は夢見るスキャットとも呼ぶべき軽やかさだ。第2楽章では強弱の幅を大きく取って力強く弾いた。白眉は最後の第3楽章。『嘆きの歌』の下降する旋律を、渾身の集中力を持って弾き、身に染みる哀しみを歌った。音程も音量も上昇していく終結部のフーガは力強かったが、哀愁から歓喜にも似た達観へと至る内面のドラマは、もう少し細やかに描いてもよかった。

後半はリストの大作『ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178』。またしても力強いタッチで音符の隅々までしっかり響き渡らせる。時おり浮かび上がる美しい旋律は十分に歌わせて、静と動の対照も鮮やかだ。頑丈な音の城塞を築いたが、強い音が密な場面では響きの混濁もあった。

アンコールはリスト編曲のシューマン『献呈』。旋律と内声の織りなす美をしなやかに描く。思慮深い解釈と誠実な演奏に若い才能の可能性を感じた。

 

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社メディアプロデューサー。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:七海ひろきさん「声優の仕事をするようになって、日常の中の音に耳を傾けるようになりました」

8526views

音楽ライターの眼

連載41[ジャズ事始め]『ランドゥーガ〜セレクト・ライブ・アンダー・ザ・スカイ’90』解説その1

645views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

3625views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

42643views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

7351views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

4745views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

7353views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

5235views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

10843views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

9589views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

3624views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25601views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

6390views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

9285views

音楽ライターの眼

連載1[多様性とジャズ]ジャズはなぜ20世紀に求められたのかを“個人主義”という視点で考えてみると……

702views

オトノ仕事人

芸術をとおして社会にイノベーションを起こす/インクルーシブアーツ研究の仕事

4846views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4844views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

7176views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

5559views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

5932views

楽器のあれこれQ&A

エレキギター初心者を脱したい!ステップアップ練習法と2本目購入時のアドバイス

1106views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4427views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25601views