Web音遊人(みゅーじん)

サクソフォン・レジェンドによる新シリーズ「トルヴェール・ディスカヴァリーズ!」が始動/トルヴェール・クヮルテット

1987年、須川展也(ソプラノサクソフォン)、彦坂眞一郎(アルトサクソフォン)、新井靖志(テナーサクソフォン)、田中靖人(バリトンサクソフォン)の4人によって結成されたサクソフォン四重奏団「トルヴェール・クヮルテット」。 “吟遊詩人”を意味する“トルヴェール”を名乗り、クラシックのサクソフォンや、豊かな響きと技巧の面白さにあふれる四重奏の魅力を伝えてきた。
2016年、新井が急逝した後は、門下生である神保が新メンバーに。さらに、クヮルテットでありながら5人目のメンバーといっていい小柳美奈子(ピアノ)も結成間もないころからアンサンブルを支えている。
結成30周年という節目を迎えた2017年を経て、2019年はトルヴェールの過去・現在・未来をともに発見していく新たなコンサートシリーズ「トルヴェール・ディスカヴァリーズ!」が始動。11月30日には第1弾となるコンサートが東京文化会館で開催される。

現在、日本では若手奏者の活躍が目覚ましいが、その道筋をつけ、クラシック・サクソフォン界を常にリードしてきたのが、世界トップレベルで活躍するこの四重奏団だ。
「アカデミックな世界だけになってしまうと聴いていただく方にとって遠い存在になってしまうので、ジャズのテイストを組み込んだり、クラシック曲をサックス用にアレンジしたり、現代の作家にサックス用の楽曲を委嘱したりと、これまでレパートリーを広げてきました。結成当時の1980年代は斬新だったのではないかと思います」
須川はそう語る。一方、結成時にはまだ生まれていなかった神保がサクソフォン四重奏を初めて聴いたのは「トルヴェール・クヮルテット」のCDだったとか。
「何がすごいのかもわからなかったけれど、とにかくすごい!という感じでした。今、一緒に演奏するようになって思うのは、クヮルテットとしても本当にすばらしいですし、一人ひとりの演奏もキャラクターも濃い。みなさんそれぞれの活動をしていますが、トルヴェールにいるときにはまた違った一面を見せてくださり、そこで生まれるエネルギーが魅力だと思います」(神保)
個性と融合──それが結成以来のモットー。個々の驚異的な技巧と音楽性、そしてそれぞれの持ち味が融合する高度なアンサンブルは、30年以上にわたって多くの人々を魅了してきた。それが、彼らが“サクソフォン・レジェンド”と称されるゆえんだ。

写真左から、須川展也、神保佳祐。

今回掲げた「トルヴェール・ディスカヴァリーズ!」は、その歴史のなかで“発見してきたもの”“これから発見するもの”がテーマ。
「お互いから受ける刺激やそこで教えてもらったことが、これまでの“発見”です。それが僕たちの財産であり、僕の宝物です。そして、これからも“今日が初めて”という発見があり、それがどんどん増えていくのではないでしょうか」と彦坂。田中もそれに賛同する。
「慣れているレパートリーも、演奏するたびに“こういうことをすると面白い”という発見があるんです。そして、メンバーそれぞれの発見が融合したとき、ものすごいエネルギーが生まれるのだと思います」

写真左から、彦坂眞一郎、田中靖人、小柳美奈子。

11月30日のプログラムは、膨大なレパートリーのなかから、「過去のトルヴェール」「クラシックの伝統」「サクソフォンの伝統」「新しいトルヴェール」の4つをコンセプトに選曲。
結成当時からのオリジナル・レパートリーである長生淳作曲「デューク・エリントンの時代から」、クラシック作品の編曲ピースであり、神保がアレンジしたドヴォルザーク作曲「弦楽四重奏曲第12番」ヘ長調 作品96<アメリカ>、サクソフォン四重奏のためのクラシカル作品、A.ベルノー作曲「サクソフォン四重奏曲」、新作の石川亮太作曲「ストライク・アップ・ザ・シュトラウス」の4本柱で構成される。「サクソフォン四重奏曲」はやや難解な部分があるため、わかりやすく解説するトークコーナーも設けられる予定だ。
「ピアノというより、バスサックス的な存在として背景を広げる役割を常に意識している」という小柳。「今まで大切に温めてきたもの、そして心踊るように新しく変化していくもの。その両方を楽しんでいただけたらと思います」とコンサートへの意気込みを語る。他メンバーも、コンサートにかける思いは強い。

「サックスは作品数が少なく、だからこそクラシックの新時代のような感じで拓いていける楽器だと思います。サックスを聴いたことがない方にも、ぜひ足を運んでいただきたいです」(神保)
「本番は我々も何が起こるかわからないので、“事件”を楽しんでいただければ(笑)」(田中)
「サックスはしゃべるように操れる楽器であり、メンバーが出している音も声のように感じています。それが集まったアンサンブルの音をぜひ楽しんでいただきたいです」(彦坂)
「僕たちが全力で夢中になり、のめり込んで楽しんでいる姿を観て、聴いてもらいたいですね」(須川)
圧巻のパフォーマンスのなかに、レジェンドが紡いできた伝統と新しい一面を“発見”してみてはいかがだろう。

■トルヴェール・ディスカヴァリーズ!Vol.1

日時:2019年11月30日(土)14:00開演(13:30開場)
会場:東京文化会館 小ホール(東京都台東区上野公園5-45)
料金:S席5,000円 A席4,000円 学生3,000円(いずれも税込。学生券はコンサートイマジン電話受付のみ)
出演:トルヴェール・クヮルテット/小柳美奈子(ピアノ)
曲目:長生淳作曲/デューク・エリントンの時代から(1999年トルヴェール・クヮルテット委嘱作品)/ドヴォルザーク作曲/弦楽四重奏曲 第12番 へ長調 作品96<アメリカ>/A.ベルノー作曲/サクソフォン四重奏曲/石川亮太作曲/ストライク・アップ・ザ・シュトラウス(2018年トルヴェール・クヮルテット委嘱作品)
詳細はこちら

特集

今月の音遊人:新妻聖子さん「セリーヌ・ディオンの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

今月の音遊人

今月の音遊人:新妻聖子さん「あの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

19446views

音楽ライターの眼

連載42[ジャズ事始め]『ランドゥーガ〜セレクト・ライブ・アンダー・ザ・スカイ’90』解説その2

1128views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

32159views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

16772views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16600views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

14090views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6220views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8757views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21379views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

7503views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8202views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28556views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8282views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10831views

音楽ライターの眼

ラヴェルの「ボレロ」がジャズだったかもしれないという問題と松永貴志の確信犯的時代性

13348views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

6502views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

8960views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

3337views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

13647views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5468views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

103944views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10288views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9402views