Web音遊人(みゅーじん)

上海租界に誕生した楽壇の実像を生々しく描き出す一冊/亡命者たちの上海楽壇 租界の音楽とバレエ

謎めいたタイトルが印象的な『亡命者たちの上海楽壇 租界の音楽とバレエ』。ミステリーのようでもあるが、その内容は、科学研究費助成事業による緻密な共同研究を基に、1920年から40年代の上海楽壇の実像を描いた音楽書。
上海租界とは、「いずれの国にも属さない」特異な都市空間。ここに、ロシア革命やドイツ・ナチの迫害などから逃れた亡命者たちが「磁石のように」引き寄せられ、最高水準の専門教育を受けた芸術家たちが母国で叶えられなかった夢を実現する場を築き上げた。それが上海楽壇である。19世紀半ばから、音楽、バレエ、オペラ、オペレッタ、ジャズ、ダンス音楽、映画など、ありとあらゆるジャンルの、しかも世界最先端の豊かな西洋文化が、ここに根付いていった。

本書のエッセンスがまとめられた「はじめに」の1ページ目から、租界という地の独特な文化に深く引き込まれていく。背景には戦争という激動の歴史があり、それによって日本にも、上海楽壇に花開いた西洋音楽文化がもたらされた経緯も明らかになっていく。租界や上海楽壇という切り口から、新たに日本の興行の歴史が浮かび上がるさまはスリリングでもある。
著者は、中国をフィールドとする民族音楽学研究が専門の井口淳子。2011年、6名の共同研究者によって「租界という多言語空間を劇場文化の切り口でみていく」という、野心的な研究が始められた。彼らが着目したのは、当時、上海租界で発行されていたイギリス、フランス、ドイツ、ロシア、日本など各国語の新聞。とくに貴重な情報源となったのは、公演日やプログラム、出演者、チケット料金など、毎日の公演内容が凝縮された「劇場広告欄」だった。

1939年4月7日付けの英字日刊紙「ザ・チャイナ・プレス」には、ウィーンから東京に亡命中だったレオ・シロタのピアノ・リサイタルの広告が掲載されていた。会場は、上海楽壇の中心的存在であったライシャム劇場。1866年にイギリス人によって建てられた西洋式のこの劇場は、今も現役として稼働しているという。ここで戦時中、指揮者の朝比奈隆が何度もタクトをとった記録にも驚かされる。
研究から集積された膨大なデータには、ほかにも服部良一(作曲家)、中川牧三(声楽家)、小牧正英(バレエダンサー)らの名前も登場。西洋音楽が戦後の日本に定着していく過程で、どのような人がどうかかわったかが掘り下げられていく。静かに、淡々と語られるからこそ力を増す歴史の躍動感は、まるでモノクロの映画を観ているかのようだ。劇場広告がびっしり並んだ当時の新聞や舞台写真、公演プログラムの表紙、その中面といった豊富な資料もまた、想像力をかきたてる。

上海楽壇の潮流が、アウセイ・ストロークという、ひとりのユダヤ人コンサート・プロモーターによってアジア諸都市へと広がっていく全容も、新聞記事と広告から抽出される。当時、日本国内は急速な工業都市化が進み、主要都市に続々とホールが建設されていた時期。1919年10月には大型ロシア・オペラ団のアジアツアーが、東京の帝国劇場ほか、横浜、大阪、京都、神戸を巡演。日本ツアーの後には、上海、マニラ、インドでも巡業された9か月におよぶ大型ツアーだった。このツアーをはじめとして、ストロークがマネジメントした1918年から41年までのアジアツアーの一覧には、バイオリニストのハイフェッツやピアニストのクロイツァーの名もあり、実に興味深い。

読み応え充分な読み物として、また、今に続く生々しい音楽史を知る資料として、音楽にかかわるすべての人にお勧めしたい1冊。とくに、アートマネジメントに携わる人や、アートマネジメントを勉強している学生には、必読の書と言ってもいいだろう。

■インフォメーション

『亡命者たちの上海楽壇 租界の音楽とバレエ』
著者:井口淳子
発売元:音楽之友社
発売日:2019年2月
価格:2,600円(税抜)

詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤井フミヤさん「音や音楽は心に栄養を与えてくれて、どんなときも味方になってくれるもの」

12782views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase15)ブルックナー生誕200年、「交響曲第3番」第1稿の怪物性、ワーグナーファンの受難

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase15)ブルックナー生誕200年、「交響曲第3番」第1稿の怪物性、ワーグナーファンの受難

1043views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

44504views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

109330views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

10140views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4386views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

19130views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9208views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

10037views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1675views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7782views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9941views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

9110views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

22361views

音楽ライターの眼

連載30[ジャズ事始め]渡辺貞夫『ジャズ&ボッサ』はA面とB面を別作品に仕立てた戦略的な意見表明だった

1520views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

14511views

上海ブラスバンド日本支部

われら音遊人

われら音遊人:上海で生まれた縁が続く大家族のようなブラスバンド

2169views

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

楽器探訪 Anothertake

【動画】「楽しさ」をまるごと運ぼう!「ELC-02」の分解、組み立て手順

18029views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6720views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4568views

ヴェノーヴァ

楽器のあれこれQ&A

気軽に始められる新しい管楽器 Venova™(ヴェノーヴァ)の魅力

2037views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7431views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9941views