Web音遊人(みゅーじん)

自分好みの“AIコルトレーン”はジャズの発展に寄与するのか?

前回、AIの存在が当たり前になる時代では、“自分好みのコルトレーン”が演奏してくれるプログラムを走らせて鑑賞できるようになるだろうが、それはジャズのみならず音楽にとって良いことなのか悪いことなのか──という問題提起で今回に繋いだ。

この問題を考えるためにとても興味深い意見を目にしたので、それを糸口に持論を展開してみたい。

興味深い意見とは、『熱風』(スタジオジブリ発行)2018年12月号掲載の、「人間をノイズととらえる時代に生きる子どもたち」という、解剖学者・東京大学名誉教授の養老孟司氏へのインタヴュー記事。

養老先生は、例えば人体内部のCT画像のような、これまで見ることができなかったデータが可視化されるようになった時代にあって、「いわゆる自然と人工物というものの区別を考え直さなければいけない非常におもしろい時代になっている」と指摘。

デジタルネイチャーと名付けられているこうした現象を軸に、なにが本物でなにが偽物かわからなくなってきている“現在”を、養老孟司節で分析しておられる。

その中でボクが注目したのは、養老先生が銀行へ出掛けたときの話。

窓口で顔見知りの銀行員に本人確認書類の提示を求められた先生。あいにくそれに類するものを持ち合わせず、その銀行員に「困りましたね。わかってはいるんですけどね」と言われた。

現実の自分が「本人だ」と言っても認められず、書類という「現物の自分ではないもの」のほうを必要とされている、というわけ。

“デジタルネイチャー”の世界では、“現物”は“ノイズ”と呼ばれ、排除されるべきものになっていることが、その原因だ。

確かにAIが発達すれば、“AIコルトレーン”がリスナーごとの好みや傾向を学習して、そのリスナーに“最適な”コルトレーンの演奏を提供してくれるようになるのだろう。

そしてそれは、そのリスナーにとって“現物のコルトレーン”よりも(自分にマッチしているという意味で)“リアル”だということになる。

この命題を解くカギを、ボクは養老先生の次の言葉から読み取ることにした。

「言ってみれば、説明できなきゃできないほど正しいんだよね」

つまり、ノイズがあることが“現物”の証拠であり、ノイズがある故に予測が不能となる。

予測できないということは、その判断は受け手の感性にゆだねられ、受け手の感性もまた変化して、時間とともに違って見える──。

ボクも養老先生同様に、AIの発達を否定するつもりはない。

ポイントは、「ノイズのないデータを絶対と神格化せず、自分の感じ方が変化するままに受け入れる」ことだろう。

“自分の感じ方”を変化させるためにより多くのジャズを聴く必要があるだろうし、それによって気付きも増えるはずだから。

さらに、より多くのジャズを聴くことは、AIにも影響を与えるはずだ。

その意味でAIは、ジャズにとっても“良い先生”になりうる存在と言えるんじゃないだろうか。

「AIが拓くジャズの未来」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

今月の音遊人

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

5698views

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

音楽ライターの眼

作曲家の意図に寄り添い、その真意に近づき、ひたすら作品の偉大さを表現する演奏――リチャード・グード

2744views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

11694views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

5076views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

8399views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

5785views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2770views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

7068views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

1699views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

2246views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

14940views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

5846views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

12707views

“演奏経験の原点”の場に戻って、闊達なピアニシズムで魅了/小川典子ピアノ・リサイタル

音楽ライターの眼

“演奏経験の原点”の場に戻って、闊達なピアニシズムで魅了/小川典子ピアノ・リサイタル

2431views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

5647views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2592views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

3628views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

1302views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

3704views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

1550views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

3593views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

12822views