Web音遊人(みゅーじん)

ROLLY’S WORLD全開のアルバムで音楽の深みにはまり、名作ミュージカル『ビッグ・フィッシュ』で感動を/ROLLYインタビュー

ロック・アーティスト、と呼んでいいのだろうか。たしかにエレキ・ギターを手にパフォーマンスをする姿はロックだ。バンマスに中西俊博を迎え、横浜赤レンガホールで4日間行われた公演を観た人は、ロックどころかクラシック、シャンソン、歌謡曲などあらゆるジャンルの音楽がミキサーにかけられ、不思議な味のスムージー化したようなステージに魅了されることだろう。ROLLY(ローリー)の奥深さには舌を巻く。

「僕にとって<ロック>と<ミュージック>はかなり近いものですね。ロック・ミュージシャンではあるけれどロック以外のさまざまなジャンルから影響を受けていますし、ロック以外の音楽にアーティスト性や個性につながるヒントがたくさんあるのです。たとえば僕はエノケンこと榎本健一さんが大好きですし、笠置シズ子さんや高峰秀子さんの歌からも影響を受けています。音楽の何が面白いかといえば、その時代に流行っているものと一番遠いところにあるものをもってくることで意外性が生まれ、誰もやっていないものが生まれるということでしょうね」

そんなROLLY風「ア・ラ・カルト・ミュージック」を詰め込んだのが、2019年5月にリリースされたアルバム『ROLLY’S ROCK WORKS』なのだ。書き下ろし3曲をはじめ、ももいろクローバーZやPUFFY、俳優の藤木直人やMEGなどに提供した曲をセルフカバーしたトラックが並ぶこのアルバムは、たしかに「ロック」という名の音楽版「娯楽の殿堂」のようであり、アルバム全体がワンステージのバラエティショーのようである。

「僕は音楽を聴くと、ストーリーを映像で想像してしまうのです。恋愛の歌でも、その歌にしかない変な風景が見えたりすると魅力を感じますし、自分が歌の世界の中でいろいろな役を演じることもできますよね。子供の頃は2人の姉がもっているオルゴールの『白鳥の湖』を聴きながら、蓋を閉めて音楽が止まりかける瞬間や開けたときに途中からまた始まることが楽しくて、そのときの不思議な興奮はずっと覚えているのです。音楽って、人の心を操れる魔力をもっているなと感じますし、それを仕事にしている自分はなんて幸せなんだろうと思っています」

そうしたROLLYだが、ライブと並んで個性を発揮しているのはミュージカルのステージだ。『ロッキー・ホラー・ショー』や『三文オペラ』、ロック・オペラ『TOMMY』などに出演して存在感をアピールしてきたが、2017年にはティム・バートン監督が映画化してヒットした『ビッグ・フィッシュ』のミュージカル(白井晃演出)に出演。2019年11月に再演される舞台では、前回同様にサーカスのエイモス団長を演じる。

「ティム・バートンさんは、もう僕にとって救いの神様みたいな人ですね。もちろん『ビッグ・フィッシュ』や『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『シザーハンズ』をはじめあらゆる作品を観てきましたが、バートンはヒーローではない社会のはみ出し者に光を当てて生き方を肯定してくれるのです。『ビッグ・フィッシュ』に出てくるサーカスの団長も実は狼男で、この役がまた演じられるのは本当に幸せですね。それに加えて今回は、他のキャラクターもいくつか演じることになりそうですが、主役のエドワードは前回も感動的な演技を見せてくれた川平慈英さんしか考えられません。僕自身、毎回ステージ上で彼の演技に泣かされましたから」

2019年だけでもコンサート、ミュージカル、そして映画に出演。さまざまなキャラクターに扮してもすべてがROLLYであるという、実に個性的なパーソナリティが光る。しかしその根底にあるのは、やはり音楽への深い愛情ではないかとも思えるのだ。

「白井晃さんが演出をした『星の王子さま』という舞台で、僕はうぬぼれ男とキツネの二役を演じたのですが、キツネが『本当に大切なものは目に見えないんだ』という有名な台詞を口にするのです。まさにそれって音楽のことだなと思いますし、目に見えないものなのに人を熱狂させたり夢中にさせるってすごいですよね。僕はそれをずっと信じて、これからも活動していきたいのです」

 

■アルバムインフォメーション

『ROLLY’S ROCK WORKS』

発売元:キングレコード
発売日:2019年5月21日(火)
価格:3,000円(税抜)
詳細はこちら

■公演インフォメーション

ミュージカル『ビッグ・フィッシュ』

日時:2019年11月1日(金)~11月28日(木)
会場:シアタークリエ(千代田区有楽町1-2-1)
料金:12,000円(税込・全席指定)
お問い合わせ:東宝テレザーブ
TEL:03-3201-7777
詳細はこちら

特集

今月の音遊人:新妻聖子さん「セリーヌ・ディオンの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

今月の音遊人

今月の音遊人:新妻聖子さん「あの歌声を聴いたとき、私がなりたいのはこれだ!と確信しました」

10049views

ニューイヤー・コンサート2018

音楽ライターの眼

ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート2018は、14年ぶりにムーティが指揮台に立つ

3495views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

自宅で一流アーティストのライブが楽しめる自動演奏ピアノ「ディスクラビア エンスパイア」

21965views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

19612views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

3421views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

9544views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

9262views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1262views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

6246views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

2535views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

1905views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

12460views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

1825views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

13884views

音楽ライターの眼

【ライヴ・レポート】DOWNLOAD JAPAN 2019/新たなるメタルの春の祭典

1921views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

4749views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

2152views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

2711views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

5972views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

2088views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

33249views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1262views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3128views