Web音遊人(みゅーじん)

葛藤や試行錯誤でさえ、しっかり表現していきたい/仲道郁代インタビュー

日本を代表するピアニスト、仲道郁代は言う。自分は音楽の“しもべ”だ、と。
「音楽の神様は、いらっしゃるような気がするんです。『神様、私ができることの最善を尽くさせてください』という感覚がありますね。最善を尽くしたところで、たかが知れているという思いもあります。でも、そうやって日々向き合うことが私が生きている意味になる。最近、そんな気持ちになりました」

2016~17年シーズンをプロデビュー30周年のアニバーサリーイヤーとし、多彩かつ充実した音楽活動を行ってきた仲道。
「多くの引き出しをつくらせていただいた30年でした。そして、その先を考えたとき、演奏することが私の人生にどういう意味をもたらすのか、それをしっかり見据えた活動をする年齢になったと思いました」
そんな思いからスタートさせたのが、2018~27年の10年をかけて完結する「Road to 2027プロジェクト」だ。2027年はベートーヴェン没後200周年であり、自身のデビュー40周年にあたる。
プロジェクトの柱は大きくふたつ。ひとつは、ベートーヴェンのソナタを中心にしたコンサートシリーズで、毎春サントリーホールなどで開催すること。
作曲家の本質に迫ろうという真摯な気持ちで、大作曲家たちが生きた軌跡を追求してきた仲道。とりわけベートーヴェンに関しては、その研究で高名な諸井誠氏からみっちり教わって論理性を極めて作品に取り組み、“ベートーヴェン弾き”の評価を確固たるものにした。そんな彼女は、ベートーヴェンは作品を通して人生や生きることを問い続けてきた作曲家だと力を込める。
「その作品を弾くことは、私にとって音楽とはどんなものなのか、すなわち私の人生はどういうものなのかを問うことでもあります。幸せなことに、演奏家はそれを音で表現しているとき、同じように人生や自分の心のあり方の意味を探しているであろうお客様と、それを共有することができます。クラシック音楽の一番の感動は、そこにあると思うんです」
そして、もうひとつの柱が、毎秋、東京文化会館小ホールなどインティメートな空間で開催するシリーズだ。
「繊細で内面的な性格をもった作品を演奏していく予定です。ピアニズムを極め、より精度が高く、洗練されたものにしていきたいと思っています」

今、仲道が「楽しみにしている」と語るのが、ヤマハホールリニューアル10周年記念公演の第1弾を飾る、2020年1月に行うスペシャル・コンサートだ。
共演はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターであり、ソリスト、室内楽奏者としても世界的に活躍するバイオリニスト、フォルクハルト・シュトイデ。この贅沢な共演のプログラムには、ベートーヴェンとシューマンを選んだ。ベートーヴェンが仲道にとって“絶対的な核”であるのは前述の通りだが、一方のシューマンはいわば“音楽の故郷”。2017年にリリースされたアルバム『シューマン:ファンタジー』では、シューマンの繊細で儚い世界を、深みのある絶美なサウンドで描き出した。
「ヤマハホールは非常に親密な空間で、細やかな音の変化や表現をお聴きいただけると思います。みなさんは、ピアニストは不特定多数の観客のために弾いていると思っているでしょう。でも、違うんです。クラシックでは、演奏者は一人ひとりのために弾いています。だからクラシック音楽って、すごくプライベートなものなんです」
2027年に向けて、探していることのすべて、葛藤や試行錯誤でさえ、しっかり表現していきたいと意気込みを語る。
仲道が新たな決意を携えて歩み始めた道のりは、聴き手がそれぞれの人生を探す旅でもある。2027年になったとき仲道は、そして我々はどんな景色を見ることができるのだろう。

仲道郁代 スペシャル・コンサート~フォルクハルト・シュトイデ(バイオリン)を迎えて~

日時:2020年1月13日(月・祝)14:00開演(13:30開場)
会場:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14)
料金:6,000円(全席指定・税込)
出演:仲道郁代(ピアノ)/フォルクハルト・シュトイデ(バイオリン)
曲目:L.v.ベートーヴェン/バイオリン・ソナタ 第7番 ハ短調 Op.30-2
C.シューマン/3つのロマンス Op.22 より 第2番、第3番
R.シューマン/幻想小曲集 Op.12より 第1曲、第2曲、第3曲、第8曲 ほか
詳細はこちら

■優待チケットの特別販売

本公演の優待チケット(優待価格5,000円/定価6,000円)を20名様分ご用意しました。ご希望の方は、下記「応募はこちら」ボタンからご応募ください。
※ご応募の際は、ヤマハミュージックメンバーズの会員登録(登録無料)が必要です。
応募締切:2019年12月13日(金)23:59
応募はこちら

特集

今月の音遊人「世良公則」さん

今月の音遊人

今月の音遊人:世良公則さん「僕にとって音楽は、ロックに魅了された中学生時代から“引き続けている1本の線”なんです」

6998views

音楽ライターの眼

連載10[多様性とジャズ]1960年代の公民権運動で結ばれたジャズと多様性の強い絆

108views

楽器探訪 Anothertake

奏者の思いどおりに音色が変化する、豊かな表現力を持ったグランドピアノ「C3X espressivo(エスプレッシーヴォ)」

5786views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

19386views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

16174views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

744views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

6572views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4624views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8822views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

5600views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

3710views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7084views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

8890views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

15222views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズを溶かし込んだギターとストリングスの魔術~『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』解説

2661views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

6893views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

5943views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

15548views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

4396views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6370views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

1573views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3961views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24377views