Web音遊人(みゅーじん)

連載25[ジャズ事始め]ジャズ・メッセンジャーズの初来日が日本のジャズ・シーンの空気感を一変させた

1961年1月、穐吉敏子は5年ぶりに日本の土を踏みしめていた。ある音楽事務所の招きで帰国公演を行なうためである。

バークリー音楽大学在学中から演奏活動を始め、卒業後も帰国せずにニューヨークへ拠点を移して精進を重ねていた彼女を突き動かしていたのは、留学を経て学んだひとつの想いだった。それは、「それまで物真似で済んでいた私はそれを越えて、自己の物、自分の癖のあるジャズの『言葉』を培わねば何の意味もないという、極めて当たり前のこと」(引用:「NHK人間講座 私のジャズ物語」日本放送出版協会)。

1961年の時点で、彼女のこの想いはまだ“成就していた”とは言えず、志半ばだったようだ。しかし、バークリー音楽大学の教授も務めるアルト・サックス奏者のチャーリー・マリアーノと結婚し、“ジャズの本場”とされるニューヨークでトシコ=マリアーノ・クァルテットを結成して活動、アルバムもリリースしているというニュースとともに凱旋した彼女を母国は好意的に受け容れ、「運良く、六週間という長期間の演奏旅行は上手くいったようです」(引用:同前)という感想を記している。

穐吉敏子の渡米が“箔を付けるため”であったなら、目的は十分に遂げたのだから、そのまま日本での活動基盤を築いていただろうに、彼女はそうすることなくアメリカへと帰って行く。

理由は前述の“志半ばであった”からというわけなのだけれど、彼女がこだわっていた“物真似ではないジャズ”への追究心が、この訪日を機にさらに高まったのではないかとも推測されるのだ。

実は、穐吉敏子の凱旋と時を同じくして、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズが来日、その熱狂が日本全土へと広がったことも、彼女の“物真似ではないジャズ”への追究心を燃え立たせたことは想像に難くない。

1961年1月1日、ドラマーのアート・ブレイキー率いる一行が東京・羽田空港に降り立った。夜10時の到着だったにもかかわらず熱狂的なファンが出迎えたというから、その注目度の高さがうかがえる。

1月2日から15日までの2週間、東京、大阪、神戸を会場に行なわれた計15ステージが日本のジャズ・シーンに与えた影響は、一気にそれまでの流れを変えるほど大きかった。

当時、日本でアメリカの最先端のジャズ情報に触れるにはレコードに頼るしかなく、その輸入盤も入ってくるのは半年から1年遅れで、国内盤の発売を待っていたら数年先になってしまうこともあったらしい。

そうした状況だったから、ジャズ・シーンの次世代を担うと目された代表的なバンドの生演奏に触れることができるこの来日が、日本の先取的な人たちのあいだでも噂になっていて、瞬く間に“ジャズ発展途上国”だった日本全土でブームを巻き起こしたのもむべなるかな。

その空気感の変化を感じ取ったことで、穐吉敏子はアメリカへ戻り、渡辺貞夫も留学を決断したのではないか──という展開へ続けたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

森山良子

今月の音遊人

今月の音遊人:森山良子さん「音で自由に遊べたら、最高に愉快な人生になりますね」

8564views

音楽ライターの眼

フジロック・フェスティバル 23年の思い出とベスト・アクト<前編>

3335views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

5462views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

963views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

5766views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

4579views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

15663views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4748views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7622views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

5998views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

3761views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20846views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

8455views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10318views

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

音楽ライターの眼

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

35515views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

36659views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

6119views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

10200views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

6059views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

33080views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7754views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7203views