Web音遊人(みゅーじん)

オーボエの甘美な響きに、α波で満たされた珠玉のひととき/モーリス・ブルグ80歳記念コンサート

オーボエの名手、モーリス・ブルグの傘寿を祝って、愛弟子の吉井瑞穂が関わりのあるメンバーを集めての演奏会。今仁喜美子は、モーリス・ブルグ・トリオのピアニスト。チェンバリストの桒形亜樹子は共演はもとより、フランスで教えていた学校のすぐ傍にブルグの自宅があって歓談の思い出もあるという。ギヨーム・サンタナは、プロへのきっかけをブルグから与えられたそうだ。今や、吉井が首席オーボエ奏者を務めるベルリンのマーラー室内管弦楽団の首席ファゴット奏者をはじめ、複数の楽団で首席を務めている。

プログラムには、4人の他にフランソワ・ルルー(オーボエ)、ジョナサン・ケリー(オーボエ)をはじめ、世界の名手からの祝辞が掲載されていた。演奏曲目はバロックから現代まで幅広く、楽器の組み合わせを変えながら進行する趣向。オーボエの甘美な旋律に各楽器の音色が溶け合い、ホールはα波で満たされて、終始くつろぎムードだった。

オープニングのモーツァルト「ソナタへ長調」は、もともと「ヴァイオリンとクラブサンまたはピアノのためのソナタ」を編曲したもので、ブルグと吉井がデュオを披露。旋律を受け渡し合って展開する。ピアノのアルペジオや装飾音などの代わりに、心地よいバイブレーションが伝わってくる。

2曲目のブルッフ「8つの小品より」は、吉井、サンタナ、今仁によるトリオ。もともと「クラリネット・ビオラまたはチェロ・ピアノ」の三重奏曲として作られたものを「オーボエ・ファゴット・ピアノ」の組み合わせで演奏。「第1番」はオーボエの内省的な旋律に、ファゴットが憂いと叙情で深みを持たせ、やがて問いかけるように終わる。「第7番」は一転し、走り回るネズミを連想する軽快な曲。そして「第6番」の「夜の歌」はト短調ながら主部に明るい旋律が混じっていて、どこかセレナーデを聴いている気分。3曲のバランスがいいせいか、オーボエとファゴットが寄り添って進む3楽章の曲に聞こえた。

前半の締めくくりは、ブルグと今仁による「オーボエとピアノのための組曲」。作者のハースは第二次世界大戦中に強制収容所で命を落としたユダヤ系で、戦争が始まった頃に書かれたこの曲は、まさに未来予言的な曲調。不気味な不協和音、悲哀を感じる民族音楽風のモチーフなどで紡がれ、家でひとり聴くと滅入りそうである。ところがブルグの生音は、そんな息苦しさや恐怖感すら、興味をそそる魔術のように降り注ぎ、聴衆を酔わせていく。まさに“魔法のブレス”の成せる業であった。

休憩をはさんで、後半はハイドンから。「ピアノ三重奏曲第29番ト長調」は、本来の「フルート・チェロ・ピアノ」構成を「オーボエ・ファゴット・ピアノ」に変えて。ブルグのクリアなオーボエが高らかに響き、華麗な演奏だった。最後の、ゼレンカ「トリオ・ソナタ第2番ト短調」は、桒形のチェンバロに乗って、ブルグと吉井のツイン・オーボエとサンタナのファゴットが、教会音楽を彷彿する曲を紡いでいく。遠い宇宙から希望のメッセージが届けられた心地がした。

アンコールで「Happy Birthday to You」を期待した人は少なからずいたと思う。演奏はなかったが、4人から祝いの花束を贈られて、名匠ブルグは少しはにかんだような笑顔をみせた。

原納暢子〔はらのう・のぶこ〕
音楽ジャーナリスト・評論家。奈良女子大学卒業後、新聞社の音楽記者、放送記者をふりだしに「人の心が豊かになる音楽情報」や「文化の底上げにつながる評論」を企画取材、執筆編集し、新聞、雑誌、Web、放送などで発信。近年は演奏会やレクチャーコンサート、音楽旅行のプロデュースも。書籍「200DVD映像で聴くクラシック」「200CDクラシック音楽の聴き方上手」、佐藤しのぶアートグラビア「OPERA ALBUM」ほか。
Lucie 原納暢子

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

3075views

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.5

1411views

マーチング

楽器探訪 Anothertake

見て、聴いて、楽しいマーチング

8114views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

34892views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

2954views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

2516views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

6060views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2014views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

9898views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

1315views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

2134views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

11424views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

2954views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

3853views

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

1369views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

3014views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

4610views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

7028views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

11311views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

3284views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

10726views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

1597views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3266views