Web音遊人(みゅーじん)

キャリアの最終章に入ったドミンゴが「音楽の力」で聴き手の心を魅了する

すばらしく心に響く演奏を聴くと、「ああ、同時代に生きていてよかった」とつくづく感じる。世界中のオペラファンの心をいまもなお強くつかんでいる歌手のプラシド・ドミンゴも、そのひとりである。

ルチアーノ・パヴァロッティ、ホセ・カレーラスとともに「3大テノール」と呼ばれてオペラファンのみならず広い聴衆に愛されてきたドミンゴだが、現在も彼だけがオペラの舞台でうたい続けている。

ドミンゴといえば、2011年の震災後いち早く日本に駆け付け、日本人の深い悲しみに寄り添い、明日への希望の光を灯すために同年4月13日にサントリーホールでコンサートを開いたことが思い出される。彼は、2017年にデビュー50周年という節目の年を迎えたが、いまなお不世出の歌手として、イタリア、ドイツ、フランスオペラをレパートリーにし、いまや147ロール(役柄)以上を手中に収めている。ワーグナーにも挑戦して世界中の注目を集めたが、2011年ごろからはバリトンに転向し、現在は「ヴェルディ・バリトン」といわれるヴェルディのオペラのバリトン役を中心に、世界各地の舞台に立っている。

近年、ドミンゴにインタビューしたのは2016年9月18日、ロサンゼルス・オペラでのこと。前日はヴェルディの「マクベス」が初日を迎え、彼はその主役をうたい、深夜までパーティが行われた。しかし、翌日は疲れも見せず、まるでオペラの主人公のような輝かしい雰囲気をまといながら、颯爽とインタビュー会場に登場したのである。

「いまはバリトンの役柄に魅せられています。ヒーロー役のテノールとは異なり、バリトンは深い歌声と表現力と演技が要求される。特にヴェルディが描き出した父親役は、声が成熟しないとうたえません。ようやく私はその域に達したと思っています」

いつまでうたえるか定かではないが、納得いく歌がうたえる間は全身全霊を賭けて自分の生き方を歌に託し、聴衆に語りかけたいと真摯に語った。

ドミンゴは1941年1月21日スペイン生まれ。いまやキャリアの最終章に入り、オペラ歌手として舞台に立つこと、コンサート歌手としてオーケストラをバックにうたうことのみならず、後進の指導にも積極的にかかわっている。そんなドミンゴが、2017年3月以来3年ぶりに来日し、コンサートを行うことになった。共演は、いま世界中から熱い視線を浴びているソプラノのサイオア・エルナンデス。2009年以来各地の国際コンクールで優勝の栄冠に輝き、2018年ミラノ・スカラ座のシーズン開幕のヴェルディ「アッティラ」のオダベッラ役でデビューした。2020年9月にはミラノ・スカラ座の日本公演でプッチーニの歌劇「トスカ」のタイトルロールをうたうことになっている注目株である。勢いに満ちたサイオア・エルナンデスは、ヨーロッパ各地のオペラハウスから引っ張りだこの人気。その歌声をいち早く東京で聴くことができる。ドミンゴとのデュオにも期待したい。

■プラシド・ドミンゴ プレミアム コンサート イン ジャパン2020

オペラ・アリアからミュージカルまで心躍るfavorite songs!
日時:2020年1月28日(火)19:00開演
会場:東京国際フォーラム ホールA

オペラ・アリア、オペレッタなど、スーパースターが極めるオペラの神髄!
日時:2020年1月31日(金)19:00開演
会場:サントリーホール
詳細はこちら

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

今月の音遊人 - 平原綾香さん

今月の音遊人

今月の音遊人:平原綾香さん「未来のことを考えず、純粋に音楽を奏でる人こそ、真の音楽家だと思います」

7526views

DOWNLOAD JAPAN 2019

音楽ライターの眼

DOWNLOAD JAPAN 2019はスレイヤー最後の日本メタル・フェス出演となるか

5697views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

3616views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

6022views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

6863views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

9738views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2329views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

4168views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

16920views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

3372views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3102views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

18981views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

2009views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

14519views

音楽ライターの眼

ベートーヴェン生誕250周年、ソナタ最後の境地/福間洸太朗ピアノ・リサイタル

147views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

2701views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

6120views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

6766views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

12357views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

4682views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

16379views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3242views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5484views