Web音遊人(みゅーじん)

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが2020年、復活/トム・モレロのギターの原点を探る

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが2020年3月に復活、ワールド・ツアーを行う。

1990年代を代表するロック・バンドのひとつであるレイジは、大地を揺るがすヘヴィ・サウンドとアジテーションに近いラップ・ヴォーカルで音楽シーンを席巻。『レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン』(1992)、『イーヴル・エンパイア』(1996)、『ザ・バトル・オブ・ロサンゼルス』(1999)と、たった3枚のスタジオ・アルバムしか発表していないにも拘わらず、その存在は今日でも神格化されている。

現代社会の抑圧・欺瞞・冤罪などを直視したメッセージ性が時代の共感を得たのと同時に、ロック・ファンの心を捉えたのは、トム・モレロのギターだった。ヘヴィなリフ・ワークに加えて、DJのスクラッチに似たプレイを筆頭に、トリッキーなフレーズの数々によって、彼は“1990年代以降、最も革新的なギタリストの1人”と呼ばれるに至った。

筆者(山崎)がトム本人から聞いた一例を挙げると、レイジの最初の解散後に結成したオーディオスレイヴの「オリジナル・ファイアー」でのプレイについて、彼はこう説明していた。

「スクラッチというよりも、猿の笑い声を出そうとしたんだ。左手でアーム・バーを押しこんで、右手の指で緩くなった弦をピックアップにタップさせながら、アームを動かすんだよ」

そんなトムのプレイを“ギミック”とそしるギタリストがいたことも事実だったが、ギミックをギミックで終わらせることなく、それを自らの音楽性の一部として効果的に表現したことで、レイジは唯一無二の存在となった。

その斬新なフレージングが話題になることの多いトムのギター・プレイの原点は、かなりオーソドックスなものだったりする。彼がフェイヴァリットに挙げているギタリストは、ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)とアンディ・ギル(ギャング・オブ・フォー)。彼らのプレイが“人間性の根源から湧き出るもの”と評している。

トムが少年時代に影響を受けたギタリストはスティーヴ・ヴァイ、ランディ・ローズ、イングヴェイ・マルムスティーン、アラン・ホールズワース、アル・ディ・メオラだった。1980年代のギター・キッズの少なくない割合が通る(そして挫折する)ギター・ヒーロー達だが、“あのレイジの”トムを思い浮かべると意外かも知れない。だが彼は自分の必殺技のひとつであるトグル・スイッチをON/OFFするテクニックの元ネタがKISSのエース・フレーリー、そしてオジー・オズボーンの「自殺志願」でのランディ・ローズのソロだということを、自ら認めている。

そしてもう1人。トムは1982年から1986年まで名門ハーバード大学に通っていたが、そのとき彼が多大な影響を受けたのが、当時ボストンのローカル・バンドだったエクストリームのヌーノ・ベッテンコートだった。彼は何度もエクストリームのライヴを見に行って、ヌーノのプレイを練習していたという。ヌーノ自身も「エクストリームの『キッド・イーゴ』のリフを聴けば、レイジの元ネタが判るよ」と笑っている。

大学を卒業して西海岸に向かったトムが新バンドを結成するにあたって、エクストリームのゲイリー・シェローンを引き抜こうとしたという逸話もある。ゲイリーはそれを辞退、実現することはなかったが、ヌーノは後になってその事実を知ることになった。彼は筆者にこう語ってくれた。

「トムと知り合って15年ぐらいして、ロサンゼルスの“レインボー・バー&グリル”で俺とトム、それからプロデューサーのリック・ルービンの3人でテーブルを囲んでいたんだ。そのときトムが「実は言わなきゃならないことがある」と言い出した。彼がエージェントを通じてゲイリーを引き抜こうとしたってね。そのとき食べていたロブスター・テールを投げつけようかと思ったよ。「このユダ(裏切り者)め!」ってね」

幸い、この出来事でトムとヌーノの友情にヒビが入ることはなく、2人は近年もライヴ共演を果たしている。

さまざまなギタリストから影響を受けながらも、単なる模倣に終わっていないのが、トムの才能である。いや、模倣を“出来ない”のがトムなのだ。オーディオスレイヴの名曲のひとつ「ライク・ア・ストーン」について彼は「ポーティスヘッドを意識した」と話しているが、見事なまでにまったく似ていない。最高のオリジネイターがイミテーターとしてはまったく使えないという、良い見本だろう。

なお、“1990年代以降、最も革新的なギタリスト”と呼ばれたトムとパンテラのダイムバッグ・ダレルは、一度だけ会ったことがあるという。

「初対面なのに、いきなりイエーガーマイスターのリキュールを25杯ぐらい飲まされた。ダイムバッグには素晴らしい才能があった。いなくなってしまったのは残念でならないよ」

さて、本記事執筆の時点で発表されているレイジのツアー・スケジュールだが、日本の大手フェスが開催される日付は、まだ埋まっていないようだ。2008年以来となる来日ライヴが実現することを願ってやまない。

■アルバムインフォメーション

『レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン』

発売元:ソニーミュージック
発売日:発売中
料金:2,400円(税抜)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石丸幹二さん「ジェシー・ノーマンのような表現者になりたい!という思いで歌の世界へ」

3424views

音楽ライターの眼

2本のギターが運ぶ、未体験の楽しさ/GORO ITO meets KAORI MURAJI BOSSA NOVA Special Night

1197views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

5648views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

11333views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

12452views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

284views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

6524views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2814views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

10847views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

3120views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

2621views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

12924views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

6491views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

12406views

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生

音楽ライターの眼

華麗なる完璧主義者、カラヤンの音楽と人生 vol.2

4364views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

29934views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

1733views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

7838views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

2789views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

3835views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

2877views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2589views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

15044views