Web音遊人(みゅーじん)

新しい響きを聴き続けることで、変わる。音楽に新たな可能性をもとめて/藤田真央インタビュー

2019年は「ライジングスター」という称号がぴったりな活躍だったと言えるだろう。小学生の頃からさまざまな音楽コンクールで名をあげ、2016年に18歳で「浜松国際ピアノアカデミーコンクール」第1位を獲得。2019年6月には「チャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門で第2位に輝き、一方では話題になった映画『蜜蜂と遠雷』で個性的な風間塵(演じたのは鈴鹿央士)というコンテスタントの演奏吹き替えをするなど、藤田真央という名前がさまざまな形でクローズアップされた。
「チャイコフスキー国際コンクールに関しては、もう少しいろいろな準備をしていけばよかったなと思います。ファイナルではチャイコフスキーの協奏曲第1番とラフマニノフの協奏曲第3番を同じ日に弾きましたが、この2曲なら余裕で弾けるだろうと思ってしまった。でも実際はチャイコフスキーが終わり、2曲めのラフマニノフの第1楽章を弾き終えた段階でいっぱいいっぱいになってしまって、体力不足を実感してしまいました。でも、そういう経験ができたこと自体が今後の演奏活動に役立つと思いますし、1位を獲得したアレクサンドル・カントロフがあまりにも素晴らしい演奏だったので、2位という自分の結果には納得です」
もう一度チャレンジは?という問いに「うーん、今回は2位でしたからね。ゲームみたいにセーブできて、次回も2位のレベルからスタートできるなら!」と、笑いと共に面白い答えが返ってきた。そうしたキャラクターもまた、彼の音楽の一部になっているのだろう。

2020年10月からは生活の拠点を東京からドイツのベルリンへ移し、「ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン」で敬愛するキリル・ゲルシュタイン氏に師事しながら、自分の音楽をさらに極めたいという。
「以前に訪れた際、サイモン・ラトルが指揮するベルリン・フィルの演奏でシューマンやブラームスの曲をフィルハーモニーで聴き、特にチェロやコントラバス、ファゴットなど低音のピアニッシモに感動してしまって、あの響きをもっと体験したいと思ったのです。芸術監督がキリル・ペトレンコに替わって、また新しい響きが聴けると期待していますし、それを聴き続けることで自分の音楽が変化するのではないかという思いもあります」
まだ20代前半。あらゆるものが吸収の対象であり、まだまだ変化しながら音楽を深めていく可能性も大きいだろう。レパートリーもさらに広げていきたいという。
「これまではモーツァルトやベートーヴェン、ショパン、チャイコフスキー、ラフマニノフといった作曲家を追求してきましたが、ドビュッシーやラヴェルなどのフランス音楽が少なく、今とても興味がありますね。特にプーランクのピアノ協奏曲が大好きで、依頼があればいつでも弾けるくらい準備をしています。フランスの近代音楽は和声やメロディラインがとらえきれないこともありますけれど、プーランクのように古典へ回帰しているタイプの音楽は魅力的ですし、ピアノ・ソロの曲もシャンソンのような歌心が素晴らしい。ショパンと同じ時代を生きたシャルル・ヴァランタン・アルカンというフランスの作曲家も、やはりピアノ・ヴィルトゥオーゾで興味深い作品を書いていますから、リサイタルで取り上げていくつもりです」

2019年が注目を集めた一年だとするなら、2020年は広く認められた才能を多方面に披露する一年になるだろう。私たちはさまざまな機会に「新しい藤田真央」を堪能し、その音楽的成長を共有するチャンスをすでに得ているのだ。

■アルバムインフォメーション

『ショパン:スケルツォ/即興曲』

発売元:ナクソス・ジャパン
発売日:2019年10月16日
価格:2,500円(税抜)
詳細はこちら

『蜜蜂と遠雷』

発売元:ナクソス・ジャパン
発売日:2019年9月4日
価格:3,000円(税抜)
詳細はこちら

■公演インフォメーション

最新の公演情報につきましては、オフィシャルサイトでご確認ください。
藤田真央オフィシャルサイト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

6547views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.7

4427views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

117729views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

19588views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

3452views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

9131views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

1431views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

5427views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

24911views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

7572views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

3782views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25975views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

3439views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18649views

音楽ライターの眼

連載21[ジャズ事始め]空前のジャズ・ブームの陰で“新しい発見”を求める同志が出逢っていた

1410views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

3960views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

3836views

楽器探訪 Anothertake

26年ぶりにラインアップを一新!「長く持っても疲れにくい」を実現し、フラッグシップモデルが加わったバリトンサクソフォン

2649views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

16711views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

4622views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

18603views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

5368views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

22083views