Web音遊人(みゅーじん)

新しい響きを聴き続けることで、変わる。音楽に新たな可能性をもとめて/藤田真央インタビュー

2019年は「ライジングスター」という称号がぴったりな活躍だったと言えるだろう。小学生の頃からさまざまな音楽コンクールで名をあげ、2016年に18歳で「浜松国際ピアノアカデミーコンクール」第1位を獲得。2019年6月には「チャイコフスキー国際コンクール」ピアノ部門で第2位に輝き、一方では話題になった映画『蜜蜂と遠雷』で個性的な風間塵(演じたのは鈴鹿央士)というコンテスタントの演奏吹き替えをするなど、藤田真央という名前がさまざまな形でクローズアップされた。
「チャイコフスキー国際コンクールに関しては、もう少しいろいろな準備をしていけばよかったなと思います。ファイナルではチャイコフスキーの協奏曲第1番とラフマニノフの協奏曲第3番を同じ日に弾きましたが、この2曲なら余裕で弾けるだろうと思ってしまった。でも実際はチャイコフスキーが終わり、2曲めのラフマニノフの第1楽章を弾き終えた段階でいっぱいいっぱいになってしまって、体力不足を実感してしまいました。でも、そういう経験ができたこと自体が今後の演奏活動に役立つと思いますし、1位を獲得したアレクサンドル・カントロフがあまりにも素晴らしい演奏だったので、2位という自分の結果には納得です」
もう一度チャレンジは?という問いに「うーん、今回は2位でしたからね。ゲームみたいにセーブできて、次回も2位のレベルからスタートできるなら!」と、笑いと共に面白い答えが返ってきた。そうしたキャラクターもまた、彼の音楽の一部になっているのだろう。

2020年10月からは生活の拠点を東京からドイツのベルリンへ移し、「ハンス・アイスラー音楽大学ベルリン」で敬愛するキリル・ゲルシュタイン氏に師事しながら、自分の音楽をさらに極めたいという。
「以前に訪れた際、サイモン・ラトルが指揮するベルリン・フィルの演奏でシューマンやブラームスの曲をフィルハーモニーで聴き、特にチェロやコントラバス、ファゴットなど低音のピアニッシモに感動してしまって、あの響きをもっと体験したいと思ったのです。芸術監督がキリル・ペトレンコに替わって、また新しい響きが聴けると期待していますし、それを聴き続けることで自分の音楽が変化するのではないかという思いもあります」
まだ20代前半。あらゆるものが吸収の対象であり、まだまだ変化しながら音楽を深めていく可能性も大きいだろう。レパートリーもさらに広げていきたいという。
「これまではモーツァルトやベートーヴェン、ショパン、チャイコフスキー、ラフマニノフといった作曲家を追求してきましたが、ドビュッシーやラヴェルなどのフランス音楽が少なく、今とても興味がありますね。特にプーランクのピアノ協奏曲が大好きで、依頼があればいつでも弾けるくらい準備をしています。フランスの近代音楽は和声やメロディラインがとらえきれないこともありますけれど、プーランクのように古典へ回帰しているタイプの音楽は魅力的ですし、ピアノ・ソロの曲もシャンソンのような歌心が素晴らしい。ショパンと同じ時代を生きたシャルル・ヴァランタン・アルカンというフランスの作曲家も、やはりピアノ・ヴィルトゥオーゾで興味深い作品を書いていますから、リサイタルで取り上げていくつもりです」

2019年が注目を集めた一年だとするなら、2020年は広く認められた才能を多方面に披露する一年になるだろう。私たちはさまざまな機会に「新しい藤田真央」を堪能し、その音楽的成長を共有するチャンスをすでに得ているのだ。

■アルバムインフォメーション

『ショパン:スケルツォ/即興曲』

発売元:ナクソス・ジャパン
発売日:2019年10月16日
価格:2,500円(税抜)
詳細はこちら

『蜜蜂と遠雷』

発売元:ナクソス・ジャパン
発売日:2019年9月4日
価格:3,000円(税抜)
詳細はこちら

■公演インフォメーション

最新の公演情報につきましては、オフィシャルサイトでご確認ください。
藤田真央オフィシャルサイト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

4739views

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

音楽ライターの眼

ヨーロッパを活動の拠点にしているヴァイオリニスト佐藤俊介、オランダ・バッハ協会の次期音楽監督に決定

6402views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

10964views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

19464views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

6707views

JTBロイヤルロード銀座

オトノ仕事人

日本では出逢えない海外の音楽体験ツアーを楽しんでいただく/海外への音楽旅行の企画の仕事

4160views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

4353views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5082views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

8438views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

2756views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

3006views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5913views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

6370views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

17517views

音楽ライターの眼

連載30[ジャズ事始め]渡辺貞夫『ジャズ&ボッサ』はA面とB面を別作品に仕立てた戦略的な意見表明だった

285views

オトノ仕事人

芸術をとおして社会にイノベーションを起こす/インクルーシブアーツ研究の仕事

2108views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

2359views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

7217views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

15506views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

2767views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

897views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6122views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

17382views