Web音遊人(みゅーじん)

連載10[ジャズ事始め]改元がもたらしたジャズの重心移動と全国展開

2019年5月1日、元号が平成から令和へ改められた。

明治以降の日本では、一世一元の制に則り、天皇の崩御によって改元が行なわれてきた。令和は明治以来初めて、譲位によってこれが行なわれることとなった。

譲位という方法がとられた背景には、崩御による改元が社会に与える影響の大きさがあるのは想像に難くない。私自身も、昭和から平成への改元時にそう思わせる“空気”を味わっている。

前稿で取り上げた井田一郎が活躍する大阪のエンタテインメント・シーンも、大正天皇の崩御(1926年12月25日)の報を受け、直後に迎えることになった正月から喪に服していた。街からはこの時期、歌舞音曲が消えることになる。

日本には、徳川幕府によって江戸時代に制定され、第二次世界大戦終了後まで実質的に効力を有していた“服忌令(ぶっきりょう)”という法があった。これは、近親者の死に際して喪に服す期間を定めたものだった。

明治政府でも「親の場合で13カ月」と定めていたから、親よりも大きな存在だった天皇崩御となれば、昭和2年(元年は6日しかなかった)のあいだぐらいは国民もおとなしくしていなさい──ということになるのは当然。

ところが、2月初旬の大喪の礼を待たずにダンスホールが営業を再開。

たちまちこれを取り締まる条例が発せられたが、お行儀よく従うところが少なかったのか、その年の12月26日まで、大阪市内のすべてのダンスホールには営業禁止の御沙汰が下されてしまった。

これを機に、乱立していた大阪市内のダンスホールは次々と廃業。バンドマンたちも大阪を後にして、関東大震災からの復興を遂げていた東京へと拠点を移すことになった。

大阪のダンスホールでジャズのウデをみがいたミュージシャンたちの演奏は、東京の歓楽街でも大いに評判を呼び、ステージだけでなくレコード会社の録音仕事でも引っ張りだこの状態となる。

先陣を切っていた井田一郎も「東京行進曲」「アラビアの唄」「私の青空」などを編曲し、ジャズの風味をタップリと染み込ませた流行歌を全国へと行き渡らせる立役者のひとりになっていた。

東京に戻った井田は、例によってバンドを結成しては壊すという不安定な演奏家活動を続けていたのだけれど、それとは別にこの時期の共演者、ドラムスの飯山茂雄とサックスのリノ・カブロがとても気になったので、次回はこの2人のなにが気になるのかを書き進めてみたい。

参考:『日本のジャズ史 戦前戦後』内田晃一(スイング・ジャーナル社)、
『日本のジャズは横浜から始まった』瀬川昌久、柴田浩一(ジャズ喫茶ちぐさ・吉田衛記念館)

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

8567views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase11)滝廉太郎「荒城の月」/もんたよしのり氏と谷村新司氏に聴く“Jマイナー”の魅力

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase11)滝廉太郎「荒城の月」/もんたよしのり氏と谷村新司氏、“Jマイナー”の魅力

1311views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

131167views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

52425views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

9110views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4386views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7588views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7431views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19508views

Red Pumps BIGBAND

われら音遊人

われら音遊人:出自がさまざまなメンバーと、誰もが楽しめる音楽をビッグバンドで

534views

山口正介 Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

マウスピースの抵抗?音切れ?まだまだ知りたいことが出てくる、そこが面白い

5785views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9941views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8626views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30584views

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase3)マーラーとデヴィッド・シルヴィアン、東洋との出合いと深化 「大地の歌」から「錻力の太鼓」へ、坂本龍一の影響も

音楽ライターの眼

【クラシック名曲 ポップにシン・発見】(Phase3)マーラーとデヴィッド・シルヴィアン、東洋との出合いと深化 「大地の歌」から「錻力の太鼓」へ、坂本龍一の影響も

1318views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

44781views

Red Pumps BIGBAND

われら音遊人

われら音遊人:出自がさまざまなメンバーと、誰もが楽しめる音楽をビッグバンドで

534views

楽器探訪 Anothertake

ナチュラルな響きと多彩な機能で電子ドラムの可能性を広げる、新たなフラッグシップモデルDTX10/DTX8シリーズ

4475views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

13323views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

5210views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

46590views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3051views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29841views