Web音遊人(みゅーじん)

弛まぬ進化を続ける、3人のAKIRAによるスーパーサウンド/AKIRA’S Special Live Vol.5

年に一度の楽しみがやってきた!井上鑑、神保彰、岡沢章という日本のミュージックシーンを牽引する3人の“AKIRA”が2020年2月、ヤマハ銀座スタジオに再び集結。昼夜2回にわけて行われたライヴでは、昼の部から早くも熱いアンサンブルが繰り広げられた。

今回で5回目となるAKIRA’S Special Liveの1曲目は、神保作の「Urban Safari」。井上が軽快に鳴らすピアノと神保の密度の高いドラム、そこに岡沢のほどよくグルーヴィーなベースが加わり、濃密で心地よい音世界を創出。続く「Waltz For Lady」は井上作のバラードで、一転してリリカルな世界を追求する三者の繊細な音色に心奪われるが、岡沢が用意した楽曲、ボブ・ディランの「Watching the River Flow」でさらに一転、ブルースベースのワイルドな演奏で、会場を強烈な熱気で埋め尽くす。見事なまでに異なる方向性を持った3曲だが、一丸となって楽しそうに弾きこなす3人の姿に、あらためてAKIRA’Sのスーパーバンドぶりを実感するのである。

そんな音楽好きを唸らせるステージングの一方で、AKIRAたちはMCでも楽しませてくれる。今回はそれぞれが初めて手にした楽器の話をしているうちに、岡沢が初めて加入したバンドが“スーパーショックコレクション”という強烈な名前だったことや、神保が知人の結婚式でワンマンオーケストラを披露したが、激し過ぎて“崩壊”を予感させてしまったなど、いつしか笑い話になっていて、会場は大いに盛り上がった。

井上の「このお話と演奏のギャップを楽しんでいただければと思います」というMCどおり、再開したステージは「The Light」のピアノが奏でるやわらかいメロディとリズム隊の力強い演奏で、タイトルどおり光を目指すような前向きさを感じさせ、続く「Klein Blue」でも穏やかさと懐かしさを感じさせるサウンドで、AKIRA’Sの奥深い音楽世界へと観客を引き込んでいく。

「OPUS2.2」で黒々としたファンキー・フュージョンを奏で、続く「Tokyo skyline」では海岸線が目に浮かぶ爽やかなドライブミュージックを聴かせ、さらにAKIRA’Sのライヴでお馴染みとなったトラフィックのカバー「Feelin’ Alright」では、珍しく岡沢がスタンディングで熱唱。井上のソウルフルなピアノと神保のダイナミックなドラムをバックに、ブルージーでワイルドな歌声を披露する岡沢の姿がカッコよくて、会場からは熱烈な声援と拍手が贈られた。

本編最後は、これも定番となった「Kick It Out」を披露。プログレッシヴロック的な複雑なリズムが展開するパートと、井上のけだるいボーカルが独特なポップさを生む歌パートのハイブリッドな融合に興奮した観客は、メンバーがステージを去るやいなやすぐにアンコールを唱える。再びステージに登場した3人は、神保のラテンを取り入れた作曲スタイルに井上が影響を受けて書いたという「SENA」を演奏。これまでのAKIRA’Sにはなかった、ブラジルのMPBを彷彿させる洗練されたサウンドに、会場のすべての人がこのバンドの弛まぬ進化を確信。はやくも来年のライヴが待ち遠しくなった。

飯島健一〔いいじま・けんいち〕
音楽ライター、編集者。1970年埼玉県生まれ。書店勤務、レコード会社のアルバイトを経て、音楽雑誌『音楽と人』の編集に従事。フリーに転向してからは、Jポップを中心にジャズやクラシック、アニメ音楽のアーティストのインタビューやライヴレポートを執筆。映画や舞台、アートなどの分野の記事執筆も手掛けている。

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:亀田誠治さん「音楽は『人と人をつなぐ魔法』。いまこそ、その力が発揮されるべきだと思います」

4716views

音楽ライターの眼

2019年7月来日。ポール・ヤングの知られざるロックな素顔

4777views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

5454views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

33052views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6292views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

4570views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

6742views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4738views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

17253views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

3760views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

3366views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7198views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12705views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7610views

音楽ライターの眼

ジャズはクラシックの“なれの果て”なのかを考えてみようかな

8214views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

5590views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4490views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

3343views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

6742views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

6449views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

12517views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4738views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24662views