Web音遊人(みゅーじん)

SY99

【楽器探訪 Another Take】試行錯誤の90年代~人気シリーズMOTIF誕生まで

90年代の代表的なモデルとしてまず挙げたいのは、1991年に発売された、音楽制作に必要な機能を備えたワークステーションシンセ「SY99」(写真上)。エフェクターやシーケンサーなど曲づくりに便利な機能が入っており、現在主流となっているワークステーションシンセのベースを確立しました。
また、新しい音源の開発に力を注ぎ、サンプリング音源より管弦楽器の奏法をリアルに表現できるVA(バーチャルアコースティック)音源などが生まれました。一方、90年代にはサンプリング技術が発展し、オリジナルの音色をつくることより、プリセットされた音色を選んで鳴らすことが一般的になってきました。
「またヤマハが行ったのは、鍵盤楽器としてのシンセを見直すことでした。世の中のシンセには鍵盤を持たないものもあり、それまでは61鍵モデルと76鍵モデルで展開していましたが、1999年発売の『S80』では、シンセとしてはじめてピアノと同じ88鍵のモデルを加えました」(伊藤さん)

S80

ピアノ曲を弾きたい人をターゲットに据えた「S80」。88鍵モデルが初登場したのに加えて、アコースティックピアノの技術を応用した鍵盤のなめらかな弾き心地も開発者のこだわりでした。

そして、2000年代に入るとコンピューターの性能が飛躍的に上がり、音楽制作に楽器とパソコンを連動させる動きが出てくるなか、2001年、現在のヤマハ シンセの中核を担うフラッグシップモデル「MOTIF(モチーフ)」が登場します。
「MOTIFは、パソコンとの連携機能を備えた新世代のワークステーションシンセであり、音楽制作の現場に革命を起こしました。以前は鍵盤で音を一つひとつ打ち込んでいたのを、MOTIFではパソコンなどから既存の音素材を取り込めるようになったことで、ループ素材(同じリズムやフレーズを繰り返す音素材)を多用するヒップホップの制作を陰で支えました」(伊藤さん)
さらにMOTIFは、モデル名の通り、メニューの選択ひとつで曲の主題(モチーフ)を簡単につくることができました。
「例えば、パソコンから取り込んだ音素材を細かく切り、切った素材をランダムに組み直すことでフレーズがつくれる機能があります。シンセの機能を言葉で理解するのは難しいですが、要するに曲づくりの知識がない人でも曲の断片が自動的につくれて、それを組み合わせることで一曲できてしまう、ということです」と、ヤマハ シンセのプロデューサーを務める大田慎一さん。

写真左:プロデューサーの大田慎一さん。ヤマハ入社後は主に電子楽器のソフトウェア開発に携わり、3年前から現職に。写真右:商品企画・マーケティングの伊藤章悟さん。伊藤さんは40周年記念サイトのディレクションも担当しており、歴代モデルの詳しい話を語ってくださいました。

写真左:プロデューサーの大田慎一さん。ヤマハ入社後は主に電子楽器のソフトウェア開発に携わり、3年前から現職に。写真右:商品企画・マーケティングの伊藤章悟さん。伊藤さんは40周年記念サイトのディレクションも担当しており、歴代モデルの詳しい話を語ってくださいました。

「MOTIFシリーズ」はその後、2003年に「MOTIF ES」、2007年に「MOTIF XS」、2010年に「MOTIF XF」と3度のモデルチェンジが実施されましたが、2014年夏、40周年を記念して発売されたのが「MOTIF XF WH(モチーフ エックスエフ ホワイト)」。
シンセサイザーとしては珍しい、ホワイトの外観を持つ最新モデルについては、Take3で詳しくお伝えします。

Take1:40周年を迎えたヤマハのシンセサイザー
Take2:試行錯誤の90年代~人気シリーズMOTIF誕生まで
Take3:50周年へ向けて ヤマハ シンセの進む道

■シンセサイザー製品ページはこちら 
■ヤマハ シンセサイザー40周年記念サイトはこちら

ヤマハシンセ40周年記念iPhone/iPad用アプリ「Yamaha Synth Book」

特集

石若駿

今月の音遊人

今月の音遊人:石若駿さん「音楽っていうのは、人の考えとか行動の表れみたいなものだと思う」

3628views

音楽ライターの眼

ブラッド・メルドーの『アフター・バッハ』は“無の境地”に至るショートカットなのかもしれない

5740views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

9484views

エレキベース

楽器のあれこれQ&A

エレキベースを始める前に知りたい5つの基本

3673views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

8295views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

8226views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

19141views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7435views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11268views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

3230views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

8219views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25135views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

15363views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12868views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズにビートルズを引き寄せた名プロデューサーと名ギタリストの出逢い

3478views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

8226views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

7869views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

5933views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

22387views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5886views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

23441views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7435views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29866views