Web音遊人(みゅーじん)

MOTIF XF8

【楽器探訪 Another Take】50周年へ向けて ヤマハ シンセの進む道

「MOTIF XF WH(モチーフ エックスエフ ホワイト)」は、基本性能は2010年発売の前モデル「MOTIF XF」のものを引き継いでいます。その性能について改めてご紹介しましょう。

「MOTIF シリーズは音色の質だけでなく、奏者のタッチの強さやコントローラーを操作したときのその音の変化の仕方の細かい調整にもこだわって作っていますが、『MOTIF XF』は本体にプリセットされる音色の種類も計2,000以上と膨大になりました」(大田さん)
一般的にシンセはスピーカーを内蔵しておらず、外部のPA(音響装置)やスピーカーにつないで音を出すという特徴がありますが、「『MOTIF XF』では音色がよりクリアに、パワフルに鳴るよう、音声を出力する回路の見直しを行いました。実は技術者がもっとも苦労したところですが、こうした見えない部分にも改良が施されています」と伊藤さん。
加えて、以前はパソコンなどの外部から音素材を取り込んでも、電源を切るとデータが消えてしまっていましたが、フラッシュメモリーを装着して音素材を足していくことが可能になりました。

フラッシュメモリーエクスパンションモジュール

最大2GBまでメモリーを拡張できるフラッシュメモリーエクスパンションモジュール。

次に「MOTIF XF WH」の外観を見てみると、ボディの色はフラッグシップモデルらしい高級感溢れるホワイトが採用されていますが、ノブとスライダーの部分にあしらわれたラインはグレー、サイドパッドとロゴや各ボタンの名称にはダークブラウンと、全体の色バランスが考えられています。
「ステージ映えや、楽器の造形とのフィット感、コンセプトとのマッチングなど、さまざまな観点からカラーリングを検討しました。その結果、パネル印刷やサイドパッドの色はブラックではなくブラウンで、ボディも純白ではなく、ややアイボリーがかった色になっています」(大田さん)

MOTIF XF

(左)サイズが大きくなり、見やすくなった液晶画面。8色から好みのパターンにカスタマイズできます。(右)音色を加工するためのツマミとスライダーを8つずつ装備するなど、シンセらしい機能も充実しています。

駆け足で40年を振り返ってきましたが、40年の間にさまざまな試行錯誤があり、ひとつひとつ壁を乗り越えながらヤマハ シンセは変化を遂げてきました。
近年はコンピューター上での音楽制作が一般にも普及し、シンセにもソフトウェア化の波が押し寄せるなど、シンセを取り巻く環境は複雑化しています。でもシンセ本来の魅力は、今も昔も変わらないのではないでしょうか。
「そもそもシンセとは音を合成(synthesize)するものであり、ノブやスライダーをいじりながら、自分が思い描いている音色に近づけていくところに楽しさがあると思います。今後も音色の質や機能性を磨くとともに、演奏や音色のコントロールが奏者の感性を刺激するような楽器を目指していきたいですね」(大田さん)

これまで積み重ねてきた技術やノウハウを基に、次はどんな革新的なモデルが生み出されるのでしょうか。その瞬間を、わくわくしながら待つとしましょう!

Take1:40周年を迎えたヤマハのシンセサイザー
Take2:試行錯誤の90年代~人気シリーズMOTIF誕生まで
Take3:50周年へ向けて ヤマハ シンセの進む道

■シンセサイザー製品ページはこちら 
■ヤマハ シンセサイザー40周年記念サイトはこちら

ヤマハシンセ40周年記念iPhone/iPad用アプリ「Yamaha Synth Book」

特集

今月の音遊人:清塚信也さん

今月の音遊人

今月の音遊人:清塚信也さん「音楽はあやふやで不安定な世界。だからこそ、インテリジェンスを感じることもあります」

11857views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#024 ジャズを“復古”させた圧倒的な才能の歌声~サラ・ヴォーン『枯葉』編

745views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

5937views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

38429views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

11421views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

6024views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12412views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3066views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30627views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

4864views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6733views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29903views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8639views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11281views

AKIRA’S Special Live Vol.4

音楽ライターの眼

井上鑑、岡沢章、神保彰。3人のAKIRAとの躍動感あふれる70分/AKIRA’S Special Live Vol.4

7114views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

30942views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11525views

クラビノーバ「CSPシリーズ」

楽器探訪 Anothertake

これまでピアノを諦めていた多くの人を救う楽器。楽譜作成・鍵盤ガイド機能が付いた電子ピアノ/クラビノーバ「CSPシリーズ」

21582views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

5011views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

5190views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

22079views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8668views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9961views