Web音遊人(みゅーじん)

シューベルトとギター、その微妙な関係を解き明かしてオマージュを捧げる意欲作/鈴木大介インタビュー

2020年7月12日20時より、鈴木大介YouTubeチャンネルで、ヤマハホール無観客公演を無料配信します。 ぜひ、ご覧ください!
■演奏曲目(予定)
バッハ:組曲ト長調BWV1009、ベートーベン:アダージョ カンタービレ、シューベルト:セレナーデ、ショパン:ノクターンOp.9-2、タレガ:アラビア風奇想曲、バリオス:森に夢みる

シューベルトはギターの名手だった、というエピソードを耳にしているクラシック音楽ファンは多いだろう。有名な伝記(とはいえフィクション満載の)映画『未完成交響楽』の中でもそれを裏付けるような場面があるなど、ギターとの結びつきは長く語られてきた。現在はやや誇張された伝説として考えられているものの、彼が生きた19世紀初頭、ギターは私たちの想像以上に普及しており、当時はまだ歴史の浅かったピアノよりも家庭で親しまれていた可能性は否定できない。
こうした視点と社会背景をひも解きつつ、シューベルトとその時代、さらには作風の影響を受けた後世の作品などを集めたのが、鈴木大介による『シューベルトを讃えて』というアルバムだ。
「シューベルトもギターを持っていて、新しい歌曲を披露する際に弾き聴かせたと伝えられていますし、当時のウィーンでも流行していたであろうビーダーマイヤー(日常的なものに注目するライフスタイル)の影響で手軽だったギターを弾く人は多く、シューベルトの歌曲をギターのために編曲したり、ギター伴奏で歌える楽譜もありました。そうしたことからも『シューベルト=ギター』という説が根強かったのでしょう。ギター愛好家になじみ深いディアベリやコストといった19世紀の作曲家たちも歌曲のギター伴奏譜を作っていますし、確かに長く親しまれてはいたのです」

しかし鈴木はそうした歌曲の伴奏譜などを並べず、シューベルトの音楽とクラシックギターとの関係を広い視点で俯瞰するべく、後世の作曲家たちがシューベルトを意識して書いた曲などもセレクトし、独自のプログラムを組んだ。有名なピアノ曲『楽興の時』から第2番と第3番を筆頭に(ちなみにこの2曲はヤマハのクラシックギターGC82Sで演奏)、20世紀メキシコの作曲家ポンセによる「シューベルトを讃えて」というニックネームが付いたギター・ソナタ(シューベルトの作曲技法を研究したうえで書かれた佳曲)、19世紀前半~中盤を生きたギタリスト、メルツの編曲によるシューベルトの歌曲(有名な『セレナーデ』ほか6曲)などが続く。
「現在のギタリストやギター音楽ファンにとって、シューベルトは決して近しい存在とはいえませんが、僕はむしろシューベルトを通じて、ギターをピアノなどと並ぶ“クラシック音楽の楽器”として認知してほしい。また、19世紀になって神や王侯貴族のために音楽を書いていた時代から脱却し、そうした時代を生きたシューベルトの音楽がもつ個人主義的な側面が、ギターという存在とリンクするのではないかとも思います」

ギターを通じてシューベルトの音楽を再認識するこの1枚は、既存の評価へ一石を投じる問題作なのかもしれない。

鈴木大介〔すずき・だいすけ〕
作曲家・武満徹に認められて注目され、1995年のデビュー以降、クラシックを軸とした多彩なコンサート活動、CD録音によりギターの可能性を大きく広げる。新作の初演も多数あり、ジャズや映画音楽などジャンルを超えた曲も演奏。NHK-FM『気ままにクラシック』でパーソナリティを務めるなど、ギター界のみならず人気を博している。
オフィシャルサイトはこちら

■アルバムインフォメーション

『シューベルトを讃えて』

レーベル:アールアンフィニ
企画制作:ソニー・ミュージックダイレクト
発売元:ミューズエンターテインメント
発売日:2020年3月18日
価格:3,000円(税抜)
詳細はこちら

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:MORISAKI WINさん「音は感情を表すもの。もっと音楽を通じたコミュニケーションをして、世界を見る目を広げたい」

2553views

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.4

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.5

2853views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

8901views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

19386views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

6216views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

8082views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

4561views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

3441views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

10122views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

5870views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

3914views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20555views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5853views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

16984views

音楽ライターの眼

英国ハード・ロックの“正統”を受け継ぐFMが新作『サーティーン』を発表

428views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

744views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

2501views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

4875views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

6572views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

5626views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

157695views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4986views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20555views