Web音遊人(みゅーじん)

イタリアン・シネマチック・ファンク・バンド、カリブロ35が新作アルバム『モーメンタム』を発表

1960〜70年代のイタリア映画音楽は、時代を超えて世界中のファンを魅了してきた。

エンニオ・モリコーネやニーノ・ロータは巨匠の名をほしいままにしてきたし、ホラー映画のファンだったらゴブリンの音楽が頭に浮かぶだろう。アルマンド・トロヴァヨーリによる『黄金の七人』シリーズの音楽は1990年代、渋谷系の流行と共に再評価された。リズ・オルトラーニによる『世界残酷物語』のテーマ曲「モア」はアカデミー賞候補となったし、『続・荒野の用心棒』のテーマ「ジャンゴ」を書いたルイス・バカロフ、一連のジェス・フランコ映画でお馴染みのブルーノ・ニコライなどはコアなファン層を誇っている。

そんな豊潤なる映画音楽の調べを現代に受け継ぐのが“イタリアン・シネマチック・ファンク”バンド、カリブロ35だ。

“35口径弾”を意味するこのバンドは、プロデューサーのトマッソ・コリーヴァを中心に2007年、ミラノで結成された。これまでミューズ、フランツ・フェルディナンド、ジーザス&メリー・チェインなどのプロデュース/ミックスを手がけてきた彼の趣味が全開、ファンキーでサスペンスフル、そしてどこか懐かしいサウンドで魅せてくれる。

(ちなみに彼らのバンド名は1972年の映画『ミラノ・カリブロ9』から取ったものと言われている。クエンティン・タランティーノが「イタリア史上最高のノワール映画!」と絶賛したこの映画の音楽は、ルイス・バカロフとイタリアン・ロック・バンド、オザンナが共演したことでも有名だ)

2008年のデビュー・シングル「Tutta Donna」が好事家のハートを捉えて、いきなりラジオ・ヒット。アメリカではDr.ドレーやジェイ・Zが自らのトラックでサンプリングするなど、世界的な注目を集めている。日本でも第4作『すべての裏切り者へ (Traditori Di Tutti)』(2013)と第5作『宇宙大脱出! (S.P.A.C.E.)』(2015)が発売され、クラブ・ミュージックから映画音楽のファンまで、幅広い層から支持を得た。

ライヴ・アルバム『CLBR35 Live From S.P.A.C.E.』(2016)とデビュー10周年を記念した『Decade』(2018)は日本盤CDこそ発売されなかったが、本国イタリアをはじめ世界各地でヒット。そんな勢いに乗って発表されたニュー・アルバムが『モーメンタム』だ。

レトロでファンキーでダンサブルでシネマチックなサウンドは過去作と同様だが、本作では1990年代のクラブ・ミュージック的の要素を取り込んでいる。

「グローリー・フェイク・ネイション」ではダブのビート、「オートマータ」ではトリップホップ的なサウンド、「サンダーストームス・アンド・データ」ではドラムン・ベースに通じるビートなど、1990年代に“最先端”だったサウンドが今となっては懐かしい。かつて渋谷のレコード/CDショップ街に足しげく通っていた日本の音楽ファンが涙しそうな音を聴くことが出来るのが『モーメンタム』なのだ。

なお本作ではARPオデッセイ、フェンダー・ローズ、ウーリッツァー・エレクトリック・ピアノ、メロトロンなどのヴィンテージな楽器も使われており、オーガニックな音へのこだわりを感じさせる。

アルバム発売を記念してミラノで行われたライヴには3千人の観衆が集まるなど、本国イタリアではさらに人気がヒートアップ。現代に蘇ったポリツィオテスキ(刑事もの)映画サウンドトラックといえる本作は、2020年だからこそ新鮮な響きを伴っている。古いから新しい、音楽の“35口径弾”がハートを撃ち抜く。

■アルバムインフォメーション

『モーメンタム』

発売元:BSMF R Recods
発売日:2020年3月27日
料金:2,400円(税抜)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人「世良公則」さん

今月の音遊人

今月の音遊人:世良公則さん「僕にとって音楽は、ロックに魅了された中学生時代から“引き続けている1本の線”なんです」

5983views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.3

3180views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

7927views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

10044views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

6411views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

12441views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

14310views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4645views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

18760views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7560views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3902views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23510views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

6575views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

9859views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.1

2592views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

36497views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

5680views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

3066views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

9233views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

5646views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

34532views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4595views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6726views