Web音遊人(みゅーじん)

フジロック・フェスティバル 23年の思い出とベスト・アクト<前編>

残念ながら延期となってしまった“フジロック・フェスティバル’20”。東京オリンピックと日程をずらして2020年8月21日(金)〜23日(日)に開催、テイム・インパラ、ストロークス、忌野清志郎Rock’n’Roll FOREVER、ジャクソン・ブラウンらの出演が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、2021年8月へ延期することになった。
1997年に第1回が行われ、日本の音楽文化のひとつの主軸を成す夏フェスとして行われてきたフジロック、筆者(山﨑)はこれまでの23回、毎年必ず足を運び、その変化、そして不動の音楽愛を身体で感じてきた。本記事では第1回からの思い出と、個人的ベスト・アクトを書き綴ってみたい。
まずは1997年から2006年までを。

●1997年
ベスト・アクト:レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
富士天神山スキー場での第1回フジロックは、日本のロック・フェス新時代の到来を確信させるイベントだったが、2日間の初日でいきなり台風が直撃。そんな中で行われたレイジのライヴは飛び跳ねる観衆の汗で霧が発生、雨で地盤が揺らぐという、天変地異を起こす伝説のライヴだった。翌朝、2日目が中止という発表があり、晴天なのに帰途につくというシュールな光景だった。

●1998年
ベスト・アクト:KoЯn
第2回は東京ベイサイドスクエア(豊洲市場のあたり)で開催された。KoЯnの日本初見参は炎天下の白昼に行われた。後にメンバーたちは「温度と湿度のせいでベストではなかった」と語っているが、熱中症&脱水症状寸前のライヴ・パフォーマンスは今や伝説となっている。

●1999年
ベスト・アクト:ZZトップ
苗場スキー場に落ち着き、初の3日開催となった第3回。日本にまだ夏フェス・カルチャーが根付いておらず、最終日の日曜夕方にはかなりの観客が帰ってしまった。そのせいでジョー・ストラマーからZZトップというヘッドライナーの時に観客の入りがかなり寂しいものだった。だがどちらも演奏は素晴らしく、後にジョーとビリー・ギボンズに当日のことを訊いてみたところ「楽しかった!」と話してくれた。

●2000年
ベスト・アクト:ラムシュタイン
BLANKEY JET CITYとTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTと強力な邦楽バンドをヘッドライナーに迎えた2000年。最終日の昼下がり、レッド・マーキー(屋根のあるテント・ステージ)に登場したドイツのヘヴィ・ロック・バンド、ラムシュタインは、ヴォーカリスト、ティル・リンデマンがいきなり上半身を炎に包まれた姿で現れて度肝を抜いた。ヨーロッパではスタジアム規模でライヴをやる彼らのレアなスモール・ギグは海外ファンを喜ばせた。

●2001年
ベスト・アクト:トゥール
前年にはア・パーフェクト・サークルで来日したメイナード・ジェイムズ・キーナンが、この年はトゥールでフジロック参戦。フェスの限界を超えたヴィジュアル・スペクタクルで魅了した。

●2002年
ベスト・アクト:クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ
元カイアスのジョシュ・ホーミ率いるクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジが白昼堂々、デイヴ・グロール(フー・ファイターズ)、ニック・オリヴェリ(ドワーヴス)、マーク・ラネガン(スクリーミング・トゥリーズ)というオールスター布陣で出演。この年はザ・ディリンジャー・エスケイプ・プラン、バットホール・サーファーズなども苗場の山々を揺さぶった。

●2003年
ベスト・アクト:アンスラックス
“スラッシュ・メタル四天王”がホワイト・ステージを蹂躙じゅうりん。フジロック史上最大級のサークル・ピットが生まれた。

●2004年
ベスト・アクト:コートニー・ラヴ
強風と雨の中、行われたコートニーのステージ。リハビリ施設で治療中、ギリギリでビザが出たという彼女、ガラガラ声でメロディが取れておらず、歌詞を書いたカンペの紙が吹き飛び、何だか判らないことを絶叫する中、混沌の渦の中でショーが終わった。なお2010年にホール名義で“サマー・ソニック”に出たときは普通のライヴをやっていた。

●2005年
ベスト・アクト:ギャング・オブ・フォー
オリジナル編成で復活しての来日。鋭い切れ味のポスト・パンクに背筋が凍るのを感じた。バックステージでインタビューして、『エンターテインメント!』CDジャケットにサインをしてもらったら蛍光ペンのインクがブバッと飛び出し、「ジャクソン・ポロックみたいだ!」と笑うアンディ・ギルに知性を感じた。

●2006年
ベスト・アクト:シザー・シスターズ
ピンク・フロイド「コンフォタブリー・ナム」をディスコ調にカヴァーしていた人たち。この年、開会式に出ていたオーランド・ブルームは出演映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ロード・オブ・ザ・リング』などで微妙で難しい表情を見せていたが、観衆と交じって彼らのステージを鑑賞、やはり微妙で難しい表情を浮かべていた。

後編に続く >

FUJI ROCK FESTIVAL’20オフィシャルサイト

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:挾間美帆さん「私は音で遊ぶ人のために作品を作っているのかもしれません」

2804views

マリア・カラス

音楽ライターの眼

『マリア・カラス 伝説の東京コンサート1974』が映像アップコンバート&最新リマスター音源で登場

3621views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

91877views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

6301views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

11311views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

4169views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

12749views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

3994views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

15737views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

5117views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

3849views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5868views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

7212views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6391views

エース・フレーリー

音楽ライターの眼

2018年9月、エース・フレーリーが来日。キッスの名曲オンパレードとなるか

10667views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

8876views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

4833views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

9900views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

2892views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

4897views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

28044views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2613views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

20711views