Web音遊人(みゅーじん)

元宝塚の男役スターが拓く新境地。初のオンラインライブ開催/七海ひろきインタビュー

宝塚歌劇団の星組で男役スターとして絶大な人気を誇り、2019年3月に退団後は俳優、声優、歌手、ラジオパーソナリティなど多方面に活動の場を広げている七海ひろき。最近では「科白劇 舞台『刀剣乱舞/灯』 改変 いくさ世の徒花の記憶」に出演、当人気舞台シリーズ初の女性キャストとして細川ガラシャ役を演じている。そして、2020年8月12日にはワンマンライブ『One-man LIVE773“KINGDOM”ONLINE-SUMMER-』が、インターネットでの生配信という形で開催決定。同年4月にリリースしたアルバム『KINGDOM』を、配信ならではのステージングで楽しめるライブになるという。

全曲の作詞をみずから担当

七海にとって初のフルアルバムとなった『KINGDOM』は、11曲それぞれを違うキャラクターのイケメンが歌っているかのようなバラエティあふれる一枚。オフィシャルサイトでは「全11曲、擬人化総選挙」なる企画も盛り上がっていた。宝塚であらゆる役を演じてきた七海だけに、役作りをするような感覚で歌ったのだろうか。

「七海ひろき自身としてのメッセージを込めて歌った曲と、ストーリー設定を考えたうえで“役”として歌った曲があります。前作に続き、今作もすべての曲を作詞させていただいたので、“役”として歌った曲にも、根底には私としての考えが入っているとは思います。それを感じてもらいながら楽しんでいただけたら嬉しいです」

本や漫画、アニメなど無類のカルチャー好きとしても知られる七海だけに、詞の中にも瑞々しい感性が光る。

「言葉を綴る作業は好きですね。幼い頃から読書が好きで、言葉の意味を考えたりするのが好きでした。作詞においては、どうしたら気持ちを伝えることができるかを考えるのがとても楽しいです。曲ができてから詞をつけるのですが、伝えたいテーマと言葉のニュアンスがどうしてもうまくかみ合わないときは、納得がいくまで何度も書き直しました。『君の未来日記』や『Trust』といった曲では、はじめから伝えたいメッセージが決まっていたからこそ、言葉のニュアンスにとても迷いました」

詞だけでなく、音楽にも七海の豊かなイマジネーションが反映されている。

「最初に、こういうテーマの曲を作りたいということを伝えて、曲を作っていただきました。たとえばですが、『花に嵐』はミュージカルのように物語性のある曲調で、『Rainy day』は雨の日のラブソング、というように1曲1曲、イメージや想いを制作スタッフさんに伝えていきました。ほかにも、背中を後押しするような応援ソングや、失恋を歌った曲など、前作にはなかったタイプの曲も入っています」

ロック、バラード、エレクトリックなど、さまざまなテイストの曲を見事に歌いこなしているが、七海自身がいちばん好きなジャンルは?

「『KINGDOM』の曲は、本当にどれも好きなんです!自分がカラオケなどで歌う曲は、ロック調で速いテンポの曲が多いですね。魂の叫びのような、心の奥底に響く歌が好きです」

オンラインライブならではの醍醐味

当初5月に予定されていたワンマンツアーは、新型コロナウイルスの影響により延期。現在準備が進められている『One-man LIVE773“KINGDOM”ONLINE-SUMMER-』は、どのようなライブになるのだろう。

「以前、TALK&LIVEを配信で行ったことはあるのですが、ライブを配信するのは初めてなので、皆さんに楽しんでいただけるよう、オンラインならではの演出ができないか、試行錯誤しています。オンラインだと顔の表情などもしっかりと見えるので、リアルライブとは少し違った楽しみ方ができるのではと思います。観てくださる皆さまが、好きな場所で、自由に楽しんでいただけるのもいいですよね」

もともと『KINGDOM』という曲は「王族の血を引く双子の王子」をイメージして作られたとのことだが、ライブにもそのようなストーリー性のあるコンセプトがあるのだろうか?

「今回はサブタイトルに“SUMMER LIVE”とあるように、明るく元気なライブにしたいと考えています。現在延期となっているツアーとは状況が違うため、構成も一から練り直しました。アルバムもそうですが、1曲1曲の感じ方は人それぞれなので、ライブでも『KINGDOM』の世界観やストーリーについて、皆さま思い思いに想像を広げていただけたらと思います」

最近は枠にとらわれず幅広い役に挑戦している七海だが、今後もボーダーを超えて活躍してくれそうだ。

「想像力や表現力で人間だけでなく、動物になったり植物になったり、偶像的なものになったりできるのが演劇だと思うので、役を演じるうえでボーダーはないと感じています。つねに演じる役の生き方や感じ方を考えて演じています。今後もさまざまな役に挑戦していきたいです!」

■インフォメーション
ツアー『One-man LIVE773“KINGDOM”ONLINE-SUMMER-』

日時:2020年8月12日(水)20:00〜21:30(予定)
料金:3,900円(税込)
※チケットの販売は8月13日21:00締め切りです(視聴は同日23:59まで可能)
※ライブ終了後もチケットを購入できますが、生配信ではありません。
詳細はこちら

アルバム『KINGDOM』


発売元:キングレコード
発売日:2020年4月15日
価格:初回限定版 3,500円/通常盤 2,500円(いずれも税抜)
詳細はこちら
オフィシャルサイトはこちら

YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram
オフィシャルLINE

特集

大江千里 さん- 今月の音遊人 

今月の音遊人

今月の音遊人:大江千里さん「バッハのインベンションには、ポップスやジャズに通じる要素もある気がするんです」

11678views

音楽ライターの眼

連載6[ジャズ事始め]大正バブルが日本でのジャズの普及を後押しした

1219views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

23174views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

5903views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

5394views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

3086views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

12790views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3939views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

8428views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

2354views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

3860views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

17371views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

5394views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

17504views

音楽ライターの眼

弦の名手6人が織りなす濃密な音の世界/伊藤亮太郎と名手たちによる弦楽アンサンブルの夕べ Vol.2

2648views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

1854views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

3628views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

4415views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

12636views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3444views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

19149views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3559views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

20806views