Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#021 コルトレーンが“宇宙観の表現”へと駆け上がるタイミングを“味見”してみよう~ジョン・コルトレーン『ソウル・トレーン』編

当シリーズ21回目で、ようやくジョン・コルトレーンのアルバムの登場です。

1955年に当時のジャズ・シーンで最も注目されていたマイルス・デイヴィスのバンドに大抜擢されたジョン・コルトレーンでしたが、当初はオーソドックスなハード・バップのサックスのスタイルや音色から離れようとするアプローチを試行錯誤していたため、シーンの評価を得ることができませんでした。

そこで、1957年にマイルス・デイヴィス・クインテットを離れ、セロニアス・モンクのバンドに参加。セロニアス・モンクから自分の音楽的アイデアを具現するヒントを授かると、自らが進むべき方向性を見出して邁進するようになります。

同年5月に初リーダー・アルバムを制作。自身のスタイルを確立したことによる自信にあふれたプレイを展開するようになり、翌1958年にはマイルス・デイヴィス・クインテットに復帰。

本作は、ジョン・コルトレーンが名実ともにジャズ史の最前列へ躍り出た、初期“コルトレーン・ジャズ”を代表する作品なのです。


ソウル・トレーン/ジョン・コルトレーン

アルバム概要

本作は、1958年2月にスタジオで収録、LP盤としてリリースされました。

A面2曲、B面3曲の計5曲で、CDも同数・同曲順です。

メンバーは、テナー・サックスのジョン・コルトレーン、ピアノのレッド・ガーランド、ベースのポール・チェンバース、ドラムスのアート・テイラーの4名。

収録曲がすべてカヴァーで構成されているところも特色と言えるでしょう。

“名盤”の理由

ジョン・コルトレーンは同時期に『ブルー・トレイン』というアルバムを制作(1957年)。こちらも初期を代表する人気の高い作品として知られています。

『ブルー・トレイン』については、当シリーズで後々取り上げる予定なので詳しくは触れませんが、3管編成のハード・バップを意識した仕上がりであることが本作との相違ポイントになります。

一方の本作は、ジョン・コルトレーンのワン・ホーンとピアノ・トリオという編成。

つまり、ジョン・コルトレーンが自らのプレイでどんなサウンドを生み出そうとしているのかを、よりはっきり“見えやすく”しようという意図が感じられる企画だと言うことができるでしょう。

また、前作にあたる『ブルー・トレイン』が収録5曲中4曲でオリジナル曲を採用しているのに対して、本作には1曲も入っていません。これも、リスナーの多くが耳にしたことのある曲を扱うことで、自身の斬新なサウンド的アイデアによる“違い”を際立たせたいという意図があったものと思われ、それらがリスナーにわかりやすく伝わった結果が本作を“名盤”の地位に導いたのだと考えられます。

いま聴くべきポイント

ジョン・コルトレーンはこのあと、『ジャイアント・ステップス』を制作(1959年)。

そこでは初期のハード・バップの影響下にあったスタイルを完全に脱して、チャーリー・パーカー由来のめまぐるしいコード・チェンジによって生み出されるビバップの系譜とも、マイルス・デイヴィスが掘り返した中世ヨーロッパの教会音楽に由来するモード(旋法)を用いた系譜とも異なる、独自の“宇宙観”を表現しうるような境地へと駆け上がっていくことになります。

本作は、その中期“コルトレーン・ジャズ”へと駆け上がる直前に制作された、過渡期の作品であると言えるのですが、前述のようにリスナーにわかりやすく企画されたのも過渡期であればこそ、なのではないでしょうか。

また、本作収録の〈ロシアの子守唄〉における、メロディを凌駕するような装飾音を用いて空間を埋め尽くそうとする手法は、すでに『ジャイアント・ステップス』の領域に達していたことを示す証左でもあると言えます。

つまり、中期“コルトレーン・ジャズ”を探っていく際の“デギュスタシオン(=味見)”として活用できる、いや、活用してほしい1枚である、と思わせるところが、65年という時を経た現在の、本作の魅力なのです。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

小野リサさん

今月の音遊人

今月の音遊人:小野リサさん「ブラジルの人たちは、まさに『音で遊ぶ人』だと思います」

12275views

音楽ライターの眼

流れる色彩美、内省的な深まり/ダン・タイ・ソン ピアノ・リサイタル

1691views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

12898views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

3837views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

19092views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

11732views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

22942views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10447views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10979views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

9081views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5312views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29022views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10837views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10979views

音楽ライターの眼

連載6[ジャズ事始め]大正バブルが日本でのジャズの普及を後押しした

3501views

オトノ仕事人

最適な音響システムを提案し、理想的な音空間を創る/音響施工プロジェクト・リーダーの仕事

1776views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

5523views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

32473views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

21888views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

5048views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

276749views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2715views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9613views