Web音遊人(みゅーじん)

トレイシー・ソーンの自伝的エッセイが刊行。エヴリシング・バット・ザ・ガールを読む

トレイシー・ソーンの自伝的エッセイ『アナザー・プラネット 郊外の十代』の邦訳本が2020年6月に刊行された。
エヴリシング・バット・ザ・ガール(EBTG)のヴォーカリストとして知られ、近年ではソロ・アーティストとして活動するトレイシーだが、雑誌や新聞に随筆・エッセイを寄稿するなど、文筆家としても知られている。
『アナザー・プラネット』は『安アパートのディスコクイーン トレイシー・ソーン自伝』に続いて、2冊目の邦訳となる。未訳の1冊を含めると、本国イギリスでは通算3冊目の著書だ。
いずれの本もトレイシーならではの視点から音楽や文化、ライフスタイルが描かれており、彼女の音楽のファンでなくとも楽しむことが出来る。ここで3冊について紹介してみよう。
※タイトルのあとのカッコ内の数字は、本国イギリスでの発表年。

(1)『安アパートのディスコクイーン トレイシー・ソーン自伝』(2014)

ロンドンから電車で約30分の郊外の街、ブルックマンズ・パークに育った十代の少女が、プロ・ミュージシャンの生活へと身を投じて成功を収めるまでを描く自伝。音楽やオシャレ、男の子に惹かれる、どこにでもいる女の子が1970年後半、パンク・ロックに目覚め、ハル大学で公私共にパートナーとなるベン・ワットと結成したEBTGでの活動が語られるが、その折々の音楽シーンにおける出来事も描写されている。ザ・ジャムの解散やザ・スミスの台頭、スペシャルズのテリー・ホールに影響されて刈り上げヘアスタイルにしたり、コートニー・ラヴから「あなたの大ファンなのよ!」と告げられるなどさまざまな逸話が楽しい。
ちなみに和製英語である“ネオアコ”という言葉が一度も出てくることはなく、必要に応じて“ニュー・ジャズ”というタームが用いられているが、アコースティックから1990年代のエレクトロニックへの路線変更が決して作為的でなかったことが語られている。マッシヴ・アタック「プロテクション」へのゲスト参加や「ミッシング」のトッド・テリーによるダンス・リミックス、アルバム『哀しみ色の街』(1996)での大胆なドラムン・ベース導入などについても言及されている。
1998年1月に双子を出産(後に3人目も生まれている)したことでEBTG最後のアルバムとなった『テンペラメンタル』(1998)については、“ほかの誰かのアルバムにゲストヴォーカルとして参加している”気分とけっこう冷淡に突き放したりもするが、二段組み380ページでじっくり読ませてくれる。

『安アパートのディスコクイーン トレイシー・ソーン自伝』(Pヴァイン/2019年5月31日発売/3,650円+税)

(2)『Naked At The Albert Hall – The Inside Story Of Singing(2015/未訳)

トレイシーが“歌うこと”に焦点を当てたコラム&エッセイ集。各章ごとに話題を分けており、自らのヴォーカル・スタイル、ステージ上での緊張、ファンとの関係、アクセントへのこだわり、オートチューンの賛否、彼女自身の不正咬合など、とにかく豊富でまったく飽きさせない。カレン・カーペンターやサンディ・デニー、スコット・ウォーカーに一章を割いていたり、“一番好きなシンガーはダスティ・スプリングフィールド”、“ケイト・ブッシュの「嵐が丘」はヒッピー臭すぎ”などユニークな見解も面白い。さらにスクリッティ・ポリッティのグリーン・ガートサイド、ジ・XXのロミー・マドリー・クロフト、アリソン・モイエとの対談も収録するなど、とにかく興味深いエピソード満載なので、こちらも邦訳を期待したいところだ。

(3)『アナザー・プラネット 郊外の十代』(2019)

『安アパートのディスコクイーン』でも一部描かれた十代のトレイシーの日々が、より掘り下げられている近著。50代となった彼女がブルックマンズ・パークを再訪、当時の日記帳を基にさまざまな考察を加えていく。
1970年代後半、ロンドン郊外での1人の少女の心情がヴィヴィッドに表現されており、イギリスも日本も思春期というのは同じだと再確認させられる。ただ、ラジオやテレビでヒット曲ばかり聴いていた彼女がパンク・ロック、そしてポスト・ロックとコアな音楽を愛聴するようになったり、1979年になるとちょっと背伸びしてサルトル、カミュ、オーウェルなど文学に傾倒する過程も、青春していて眩しいほどだ。
バンド名や映画など、随所で触れられるちょっとしたタイトルの数々も楽しい。1977年当時彼女が見ていたテレビ番組の一部を抜粋すると『六百万ドルの男』『ルーツ』『ストリーツ・オブ・サンフランシスコ』『猿の惑星』『ロックフォードの事件メモ』…と、思わず笑みがこぼれてしまう。

『アナザー・プラネット 郊外の十代』(Pヴァイン/2020年6月3日発売/2,900円+税)

3人の子供たちも大きくなって手がかからなくなり、シンガーとして『RECORD』(2018)を発表するなど、再び活発に動き出したトレイシー。相方のベン・ワットも2020年4月に予定されていた来日公演が新型コロナウイルスの影響で中止になってしまったが、ソロとして元気に活躍中だ。音楽だけでは描ききれなかったその軌跡を、書籍でひもといてみよう。

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:挾間美帆さん「私は音で遊ぶ人のために作品を作っているのかもしれません」

3502views

樫本大進、キリル・ゲルシュタイン

音楽ライターの眼

初共演にして、火花散るようにエキサイティングな一夜/樫本大進&キリル・ゲルシュタイン プレミアム・コンサート

2713views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

3887views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

3282views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

5320views

オトノ仕事人

芸術をとおして社会にイノベーションを起こす/インクルーシブアーツ研究の仕事

3051views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

13056views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3496views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

18256views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

373views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

3718views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

18921views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2302views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

9104views

マリア・エステル・グスマン

音楽ライターの眼

ギター界の女王、マリア・エステル・グスマンが待望のスペイン作品を録音

9938views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

10320views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

8297views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

37895views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

8258views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3154views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

51266views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3496views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6418views