Web音遊人(みゅーじん)

連載23[ジャズ事始め]ジャズを“流行りもの”ととらえなかった者たちが選んだアメリカ行きに秘められた理由とは?

繰り返しになるが、日本のジャズ史で“ピーク”と言われているのは1953年(昭和28年)。

ところが、“日本中を沸き立たせた”ほどのムーヴメントはたった5年であっさりと去り、ロカビリー・ブームに取って代わられてしまう。

並立できなかった原因として、日本人の“新しもの好き”や“飽きっぽさ”を挙げることができるかもしれない。

いずれにしても、ジャズを本質的に理解した演奏者が、それを観衆に理解させる努力をしていたのかというと大いに疑問が残り、それゆえの“自滅”だったのではないだろうかと思う。

本稿では、ジャズの本質を理解しようとし、それを理解できる観衆に“本質的なジャズ”を提供しようとした先駆的な存在として、穐吉敏子がいたのではないかという推論を進めてきた。

そして、その志や活動はジャズ・ブームにさえも援護されることなく、不遇のままに過ごさなければならなかった例も挙げた。

穐吉敏子が1956年(昭和31年)に渡米したのも、日本のジャズ・シーンが求める“最新のジャズ”を仕入れるため、期待を背負って送り出されたというわけではなかった。自らの探究心と、ジャズを“流行りもの”としかとらえていない日本の風潮に反発したことが原動力であり、“アメリカ帰りは箔が付く”と言われて帰国後の活動を約束されるような状態とはほど遠いものだった。

アメリカ滞在中に2度も著名なニューポート・ジャズ・フェスティヴァルに出演して喝采を浴び、留学先のバークリー音楽大学を優秀な成績で早期卒業したにもかかわらず、彼女が結成したトシコ=マリアーノ・クァルテットでの凱旋ツアー(1961年=昭和36年)は、日本でムーヴメントを巻き起こすには至らなかった。

その後4年間の日本滞在で日本の反応に失望した彼女は、アメリカへ戻り、以後、“アメリカのジャズ・ミュージシャン”としての活動を続けることになる。

一方の渡辺貞夫は、前述のように渡米した穐吉からコージー・クァルテットを引き継ぎ、ほかにもジョージ川口とビッグ・フォー・プラス・ワンや八城一夫クァルテットに参加するなど、日本のジャズ・シーンでは知られる存在になっていた。

また、テレビ時代を迎えて活況を呈していた音楽業界ではスタジオ録音の仕事も増え、彼ほどの腕があれば収入も安定。本人が希望するようなジャズが演奏できないことを除けば、経済的には心配のない日々を過ごしていたというのが、1960年前後の状況だった。

そんな“寝た子”状態の渡辺貞夫の魂を揺り起こしたのが、凱旋帰国した穐吉敏子だった。

おそらく彼女は、日本で暮らすにはそこそこに収入も安定している渡辺貞夫の状況を見ながら、その心の底で渇望していた“声”を聴くことができたのだと思う。

なぜ、渡辺貞夫がそのような“声”を発していたのではないかと、見たり聞いたりしたわけでもないボクに想像できるのか──。それは、1960年代初頭の日本のジャズ・シーンにおいて“黒船来航”にも例えることができるような、来日ミュージシャンによるムーヴメントが関係しているに違いないと思うから。

次回は、ファンキー・ブームと呼ばれる1960年代に巻き起こった“外圧”の影響について考えてみたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

上野耕平さん

今月の音遊人

今月の音遊人: 上野耕平さん「アクセルを踏み続けることが“音で遊ぶ”へとつながる」

5810views

過激でオシャレ!デスコアのすべてがわかる『デスコアガイドブック』刊行

音楽ライターの眼

過激でオシャレ!デスコアのすべてがわかる『デスコアガイドブック』刊行

4929views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

16096views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

27129views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

2207views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

2984views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

3336views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

7099views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6325views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

7734views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

2715views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19927views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

7631views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14571views

音楽ライターの眼

連載24[ジャズ事始め]1950年代中頃に穐吉敏子を失望させた日本のジャズ・シーンの風潮とはなんだったのか?

2626views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

11416views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

2805views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

8433views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

8195views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

4811views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

27749views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

7099views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5773views