Web音遊人(みゅーじん)

こんな時代だからこそ届けたい音楽がある。Chageのニューアルバム『Boot up!!』リリース

2020年12月9日にリリースされたChageのニューアルバム『Boot up!!』。直訳すれば「立ち上がれ」。このところ、シリアスな話題ばかりが耳に入ってくるけれど、まずは立ち上がらなければ!
「これまで、どんなに悲しくつらいことがあっても音楽には人を救う力がありましたよね。みんなで集まってひとつになったり、チャリティーをして思いを届けたりすることもできた。でも、コロナ禍にある今回ばかりは集まれない、ライブもできない。もう音楽はダメなのかと感じたときもありました」
そう語るChageは、しかし思った。四の五の言わず、自分は楽曲をつくって歌っていればいいんだ。ライブに参加しているような錯覚に陥るアルバムをつくろう。それで聴き手の口角が上がって、少しでも元気になってくれればいい、と。
『Boot up!!』は、“こんな時代だからこそ届けたい音楽がある”というテーマでレコーディングされた。

瀬尾一三との久しぶりの夢のコラボ

収録曲は、10月に先行配信された『君に逢いたいだけ』を含む全6曲。この曲はチャゲ&飛鳥のデビュー曲『ひとり咲き』のアレンジを手がけた日本屈指の編曲家、瀬尾一三との実に約30年ぶりとなる共作だ。
ふたりは、瀬尾の出版記念イベントで久しぶりに再会。トークショーのなかで瀬尾が「Chageちゃんの曲を久しぶりにアレンジしたいな~」と発言したという。
「その言葉だけ太文字になりました(笑)。僕らが最初にプロの洗礼を受けたのは瀬尾さんだったんです。月日は流れて地球規模で大変なことになっている2020年、瀬尾さんとまたお仕事できることは、僕にとってはご褒美をいただいた感じでした」
チャゲ&飛鳥の初期のころを思い出しながら、アコギ1本でデモテープをつくった。何かメッセージを残したいと模索するなか、“あるべきものがなくて なくてもいいものがある”というサビのフレーズが降りてきた。
「それを瀬尾さんが、“見える化”してくれました。本当に“歌”が見えるんです」
歌入れの日は、チャゲ&飛鳥がデビューした8月25日。スタジオに用意されたのは『ひとり咲き』や『万里の河』など数々の名曲の収録に使われてきたマイク。すべて、瀬尾による粋な計らいだった。
「サプライズにもほどがある。彼女かよ!と思いましたね(笑)。タイムマシンで昔に戻ったような不思議な感覚でした」
新作には、懐かしい思い出とコロナ禍にある2020年の現在、そして未来への希望が詰まっているのだ。

ライブを想定してつくった楽曲

ニューアルバムには、性格がまったく違う6人のChageが宿る。残る5曲のアレンジは、aiko、いきものがかり、秦基博ら数多くのアーティストを手がける、今をときめく音楽プロデューサー・アレンジャーの島田昌典に託した。
島田とは初顔合わせだったが、彼が高校時代に最初に人前で演奏した曲が『ひとり咲き』だったという不思議な縁もある。
「僕というアーティストをどう料理してくれるかが楽しみで、まったく違う5つの食材=パターンを用意して、自由にアレンジしてもらいました。島田マジックが随所に盛り込まれていて、新しいChageの引き出しが開いたように思います」

オープニング・ナンバーは松井五郎が作詞した『それが愛ならOK』。何語とも言えない言葉で歌ったChageの仮歌から本当に伝えたいことを探り、ぼやけて解読不能だった文字をピントがきれいに合った歌詞に仕上げてきた盟友だ。
「ピアノをフィーチャーした島田くんのアレンジと僕の仮歌を渡したら、見事に言葉を紡いでくれて。オープニングにふさわしい楽曲に仕上がりました。今回はすべてライブを想定していて、ライブ会場でのオープニングが見えるようです」
『No.3』は、Chageと島田の共通のルーツでもあるザ・ビートルズのサウンドをモチーフとした、まさにふたりが意気投合してつくった一曲。『Strawberry Fields Forever』で使われた楽器、メロトロンも取り入れるという凝りようで、歌詞はもしジョン・レノンが日本語ペラペラだったら……という想像のもとに書いたそう。
ほかにも『ふたりの愛ランド』のスピンオフである『僕だけのピンナップガール』など、アルバム全曲を通して聴くと世界中のあちこちを旅している気分になる作品になっている。

初回限定盤は大好評のオンラインライブ収録DVD付

初回限定盤は、2020年9月5日に行われたオンラインライブ『Chage Online LIVE 2020「君に逢いたいだけ」』のライブ映像を収録したDVDも付いている。
自身初の単独生配信ライブであり、“はじめまして”の名刺代わりという意味も込めて、チャゲ&飛鳥、MULTI MAX、ソロの楽曲が散りばめられた贅沢なセットリストとなった。『君に逢いたいだけ』の初披露もここで。チャゲ&飛鳥からレコーディングに使ってきたスタジオからの配信という演出も、ファンを大いに喜ばせた。
このオンラインライブのキャッチコピーは“誰もが最前列”、そして“設定に負けるな!好奇心”というユーモアあふれるもの。ともに年齢を重ねてきた長年のファンにとって、ネックとなるのがオンライン設定だとChageは笑う。
「確かにお客さんはいなくて、拍手も歓声も聞こえない。でも、世界中で観られているという意識はありました。面白かったのが、リアルタイムで飛び込んでくるチャット。ライブ会場でも、そこまでお客さんと会話することはできないですからね」
キーボードの力石理江、ギターKBというふたりのプレーヤーの超絶テクニックや音響、音のクオリティの高さ、サウンドのすばらしさも見どころだそう。
「オンラインという手法は、自分にはあっていると思う。またやりたいですね」

人をハッピーな気持ちにしてくれるChageのニューアルバムとDVD。“四の五の言わず”、まずは聴いてみては?

■インフォメーション

『Boot up!!』

発売元:Universal Music
発売日:2020年12月9日
メディア形式:ストリーミング、CD、CD+DVD
詳細はこちら
オフィシャルサイトはこちら

オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram
   

特集

今月の音遊人 大貫妙子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:大貫妙子さん「言葉で説明できないことのなかに本当に素晴らしいものがいっぱいある。それが音楽ですよね」

12383views

音楽ライターの眼

フリートウッド・マックの初期未発表音源集『ビフォー・ザ・ビギニング 1968-1970 〜ライヴ&デモ・セッションズ〜』が発表

3104views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

11669views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

14879views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

9140views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

11016views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

17517views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

1362views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

19821views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

3992views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

6735views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24995views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

8145views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

7747views

音楽ライターの眼

伝説のレーベル“ワックス・トラックス!”その栄枯盛衰を描いた映画『インダストリアル・アクシデント』の海外ブルーレイ発売

982views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

4679views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

3907views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

9325views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

6966views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

4300views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

12993views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5325views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

21156views