Web音遊人(みゅーじん)

追悼:ギターの“緑神”ピーター・グリーンの人生を振り返る

2020年7月25日、ピーター・グリーンが亡くなった。73歳。死因は公表されていない。
1946年にロンドンのイーストエンドに生まれたピーターが注目を集めたのは1966年、ジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズにエリック・クラプトンの後任ギタリストとして加わったときだった。当時ロンドンの地下鉄駅には“CLAPTON IS GOD”という落書きがあったが、ピーターの加入後、その隣に“PETER GREEN IS GREATER THAN GOD”と追加されたという。

ブルースブレイカーズでアルバム『ハード・ロード』(1967)を発表後、ピーターは独立してフリートウッド・マックを結成。哀感に満ちた“泣き”のブルース・ギターで1960年代後半、ブリティッシュ・ブルース・ブームの看板バンドのひとつとなる。

初期フリートウッド・マックは2019年にも未発表音源集『ビフォー・ザ・ビギニング 1968-1970 〜ライヴ&デモ・セッションズ〜』がリリースされるなど(https://jp.yamaha.com/sp/myujin/29880.htmlもご参照下さい)、時代を超えた人気を誇っているが、ピーターは成功のプレッシャーとLSDで精神を病み、1970年にバンドを脱退。ソロ・アルバム『エンド・オブ・ザ・ゲーム』(1970)を発表後、音楽シーンからリタイアしている。

一時は墓地の管理人をしていたというピーターだが、1979年に『虚空のギター In The Skies』でカムバックを果たす。ただ、作品をコンスタントに発表しながらも、彼は第一線に返り咲くことはなく、カラーズ、カトマンズといった短期のプロジェクトを挟みながら1980年代中盤、再びその活動は途絶えてしまった。

もはやピーターの復活はあり得ないと思われたが1996年、奇跡が起こる。ドイツのフランクフルトで毎年行われている楽器フェア“ミュージックメッセ”で出演をキャンセルしたB.B.キングの代打として、ライヴを行うことになったのだ。コージー・パウエルとニール・マーレイをリズム・セクションに迎えた“ピーター・グリーン・スプリンター・グループ”が3月14日に行ったステージは30分と短めのものだったが、それから徐々に調子を上げていき、同年12月のイギリス・ツアーでは毎晩1時間半のショーを披露するようになった。このツアー後、コージーとニールは脱退するが、ピーターは前進を続けた。

ピーターの復活をサポートしたのは、マネージャーのミシェル・レイノルズと、その弟でギタリストのナイジェル・ワトソンだった。2人ともピーターとの付き合いは長く、ミシェルは初期フリートウッド・マックのマネージャー、クリフォード・デイヴィスの元奥方であり、ナイジェルは『エンド・オブ・ザ・ゲーム』とほぼ同時期にピーターと共演シングルを発表、1971年にピーターがフリートウッド・マックに限定復帰(ジェレミー・スペンサーが新興宗教に拉致され、そのまま入信。バンドを突如脱退した)した際にはサポート・メンバーとして同行。その後、東京でクラブのハウス・バンドの一員として活動したこともあった。

そして1999年4月には遂に初来日公演が実現する。単独ライヴに加えてジョー山中、Char、近藤房之助と共演する“ワン・ナイト・スタンド”も行われ、日本のファンが“緑神”のギターに初めて触れる瞬間となった。ピーターは2002年の“ジャパン・ブルース・カーニバル”にも出演している。

それからも積極的にライヴ活動とレコーディングを行ってきたピーターだが、ナイジェルとの関係は悪化していき、2004年に彼を告訴することに。それから法的には和解に達するものの、スプリンター・グループは崩壊する。ミシェルはアメリカに移住し、ナイジェルは音楽から身を退き、2019年2月16日に亡くなった。

ピーターはまたもやシーンから消えるが、2009年から2010年にかけてピーター・グリーン&フレンズ名義でライヴ活動を行っており、イギリスとヨーロッパ、さらに2010年3月にはオーストラリアでもツアーを行っている。だがその後、彼はライヴ活動を停止。エセックス州で隠居生活を楽しみ、スウェーデンで釣りをする姿も目撃された。

2020年2月25日にはロンドンの“パレディアム”でトリビュート・コンサート“ミック・フリートウッド&フレンズ・セレブレイト・ザ・ミュージック・オブ・ピーター・グリーン&ジ・アーリー・イヤーズ・オブ・フリートウッド・マック”が開催された。フリートウッド・マック時代の盟友ミック・フリートウッドが企画したこのライヴにはデヴィッド・ギルモア、ピート・タウンゼント、ビリー・ギボンズ、カーク・ハメット、スティーヴン・タイラーらが出演したが、ピーターの姿はなかった。それから5ヶ月後、彼はこの世界を後にすることになった。


Mick Fleetwood’s Da da ism – These Strange Times

2020年9月、“ミック・フリートウッド・ダ・ダ・イズム”名義でデジタル・シングル「ディーズ・ストレンジ・タイムズ」が発表された。新型コロナウィルス下の“奇妙な時代”を歌ったこの曲だが、初期フリートウッド・マックの「ザ・グリーン・マナリシ」「マン・オブ・ザ・ワールド」などの歌詞を引用し、亡き友ピーターに捧げる追悼歌ともなっている。

生涯を通じて、ピーターのギターは苦悩と悲哀の慟哭を奏でてきた。それから解き放たれた今、彼の魂が安らぎを得たことを祈りたい。

■インフォメーション

フリートウッド・マック『ビフォー・ザ・ビギニング 1968-1970 〜ライヴ&デモ・セッションズ〜』

発売元:ソニーミュージック
発売日:2019年11月13日
価格:4,620円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:ROLLYさん「曲の素晴らしさや洋楽との出会いなど、大切なことはすべてフィンガー5から学びました」

5115views

音楽ライターの眼

1980年へのタイムマシン。レッド・クロスのデビュー40周年を記念してEP『レッド・クロス』新装再発

1123views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

4993views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

11552views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

4607views

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽文化のひとつとしてレコーディングを守りたい/レコーディングエンジニアの仕事(後編)

3737views

ホール自慢を聞きましょう

地域に愛される豊かな音楽体験の場として京葉エリアに誕生した室内楽ホール/浦安音楽ホール

4197views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3076views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

17300views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

6404views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

2943views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16470views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

6580views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7774views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

8635views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

4106views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

4609views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

6548views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

4515views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

3238views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

28625views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

3357views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5752views