Web音遊人(みゅーじん)

追悼:ギターの“緑神”ピーター・グリーンの人生を振り返る

2020年7月25日、ピーター・グリーンが亡くなった。73歳。死因は公表されていない。
1946年にロンドンのイーストエンドに生まれたピーターが注目を集めたのは1966年、ジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズにエリック・クラプトンの後任ギタリストとして加わったときだった。当時ロンドンの地下鉄駅には“CLAPTON IS GOD”という落書きがあったが、ピーターの加入後、その隣に“PETER GREEN IS GREATER THAN GOD”と追加されたという。

ブルースブレイカーズでアルバム『ハード・ロード』(1967)を発表後、ピーターは独立してフリートウッド・マックを結成。哀感に満ちた“泣き”のブルース・ギターで1960年代後半、ブリティッシュ・ブルース・ブームの看板バンドのひとつとなる。

初期フリートウッド・マックは2019年にも未発表音源集『ビフォー・ザ・ビギニング 1968-1970 〜ライヴ&デモ・セッションズ〜』がリリースされるなど(https://jp.yamaha.com/sp/myujin/29880.htmlもご参照下さい)、時代を超えた人気を誇っているが、ピーターは成功のプレッシャーとLSDで精神を病み、1970年にバンドを脱退。ソロ・アルバム『エンド・オブ・ザ・ゲーム』(1970)を発表後、音楽シーンからリタイアしている。

一時は墓地の管理人をしていたというピーターだが、1979年に『虚空のギター In The Skies』でカムバックを果たす。ただ、作品をコンスタントに発表しながらも、彼は第一線に返り咲くことはなく、カラーズ、カトマンズといった短期のプロジェクトを挟みながら1980年代中盤、再びその活動は途絶えてしまった。

もはやピーターの復活はあり得ないと思われたが1996年、奇跡が起こる。ドイツのフランクフルトで毎年行われている楽器フェア“ミュージックメッセ”で出演をキャンセルしたB.B.キングの代打として、ライヴを行うことになったのだ。コージー・パウエルとニール・マーレイをリズム・セクションに迎えた“ピーター・グリーン・スプリンター・グループ”が3月14日に行ったステージは30分と短めのものだったが、それから徐々に調子を上げていき、同年12月のイギリス・ツアーでは毎晩1時間半のショーを披露するようになった。このツアー後、コージーとニールは脱退するが、ピーターは前進を続けた。

ピーターの復活をサポートしたのは、マネージャーのミシェル・レイノルズと、その弟でギタリストのナイジェル・ワトソンだった。2人ともピーターとの付き合いは長く、ミシェルは初期フリートウッド・マックのマネージャー、クリフォード・デイヴィスの元奥方であり、ナイジェルは『エンド・オブ・ザ・ゲーム』とほぼ同時期にピーターと共演シングルを発表、1971年にピーターがフリートウッド・マックに限定復帰(ジェレミー・スペンサーが新興宗教に拉致され、そのまま入信。バンドを突如脱退した)した際にはサポート・メンバーとして同行。その後、東京でクラブのハウス・バンドの一員として活動したこともあった。

そして1999年4月には遂に初来日公演が実現する。単独ライヴに加えてジョー山中、Char、近藤房之助と共演する“ワン・ナイト・スタンド”も行われ、日本のファンが“緑神”のギターに初めて触れる瞬間となった。ピーターは2002年の“ジャパン・ブルース・カーニバル”にも出演している。

それからも積極的にライヴ活動とレコーディングを行ってきたピーターだが、ナイジェルとの関係は悪化していき、2004年に彼を告訴することに。それから法的には和解に達するものの、スプリンター・グループは崩壊する。ミシェルはアメリカに移住し、ナイジェルは音楽から身を退き、2019年2月16日に亡くなった。

ピーターはまたもやシーンから消えるが、2009年から2010年にかけてピーター・グリーン&フレンズ名義でライヴ活動を行っており、イギリスとヨーロッパ、さらに2010年3月にはオーストラリアでもツアーを行っている。だがその後、彼はライヴ活動を停止。エセックス州で隠居生活を楽しみ、スウェーデンで釣りをする姿も目撃された。

2020年2月25日にはロンドンの“パレディアム”でトリビュート・コンサート“ミック・フリートウッド&フレンズ・セレブレイト・ザ・ミュージック・オブ・ピーター・グリーン&ジ・アーリー・イヤーズ・オブ・フリートウッド・マック”が開催された。フリートウッド・マック時代の盟友ミック・フリートウッドが企画したこのライヴにはデヴィッド・ギルモア、ピート・タウンゼント、ビリー・ギボンズ、カーク・ハメット、スティーヴン・タイラーらが出演したが、ピーターの姿はなかった。それから5ヶ月後、彼はこの世界を後にすることになった。


Mick Fleetwood’s Da da ism – These Strange Times

2020年9月、“ミック・フリートウッド・ダ・ダ・イズム”名義でデジタル・シングル「ディーズ・ストレンジ・タイムズ」が発表された。新型コロナウィルス下の“奇妙な時代”を歌ったこの曲だが、初期フリートウッド・マックの「ザ・グリーン・マナリシ」「マン・オブ・ザ・ワールド」などの歌詞を引用し、亡き友ピーターに捧げる追悼歌ともなっている。

生涯を通じて、ピーターのギターは苦悩と悲哀の慟哭を奏でてきた。それから解き放たれた今、彼の魂が安らぎを得たことを祈りたい。

■インフォメーション

フリートウッド・マック『ビフォー・ザ・ビギニング 1968-1970 〜ライヴ&デモ・セッションズ〜』

発売元:ソニーミュージック
発売日:2019年11月13日
価格:4,620円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

5913views

音楽ライターの眼

連載21[ジャズ事始め]空前のジャズ・ブームの陰で“新しい発見”を求める同志が出逢っていた

1123views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

25007views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

84116views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

7995views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

4237views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

15665views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

4072views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

22997views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

6032views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

3370views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24682views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

3072views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

6020views

音楽ライターの眼

オーボエの甘美な響きに、α波で満たされた珠玉のひととき/モーリス・ブルグ80歳記念コンサート

3049views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

12150views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

8316views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

5287views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

9506views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

6614views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

92391views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4938views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

20850views